小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ

23日のお休みは小沼さんと吉岡さんの個展にお伺いしました。

小沼智靖さんの個展
小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0132117.jpg小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_013436.jpg
小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0135947.jpg小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0142337.jpg
小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0143777.jpg小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0144883.jpg

埼玉県吹上で漆器の制作をされている小沼さんの個展が恵比寿の知器さんで開催されていました。木目を大胆に活かし、擦れたように仕上げた漆塗りが木地のもつ自然さを失わないように表現されており、味わいのある漆器が並んでいました。

小沼智靖 漆の仕事
11/17~23
知器(恵比寿)

吉岡萬理さんの個展
小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0153536.jpg小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0155929.jpg
小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0161264.jpg小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0162753.jpg
小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0164035.jpg小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0165672.jpg
小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_018373.jpg小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ_d0087761_0184628.jpg

奈良県で作陶されている吉岡萬理さんの個展を見に、鎌倉のうつわ祥見さんに行って来ました。吉岡さんの作る器は、黒化粧や刷毛目による土の味わいを出したものと、マジョリカ陶器やトルコタイルのような色彩豊かに彩色された上絵の器と両極端なものを並行して作っておられます。一見みると同じ作家さんのもの?というようにも思いますが、それが不思議と同じ空間にあっても違和感なく共存しています。陶芸家とともにアメリカンフットボールの監督もされているという吉岡さんですが、お話をさせていただいてとても気さくで男気のありそうな印象を受けました。

吉岡萬理展
11/23~12/2
うつわ祥見(鎌倉)

# by sora_hikari | 2006-11-24 00:35 | 見て歩き

須田二郎さんの木のボウル

須田二郎さんの木のボウル_d0087761_23134622.jpg

須田二郎さんの木のボウル_d0087761_23154468.jpg
須田二郎さんの木のボウル_d0087761_23142553.jpg
東京千駄ヶ谷 SHIZENさんにて 2006年11月

先日、SHIZENさんで行われた須田二郎さんの個展の際の木のボウルです。材質は、あさだという木です。楕円形に削られた器にオイル仕上げされた木目が綺麗に浮かびあがっています。たっぷりオイルを塗られた木なので、油ものを盛り付けても大丈夫らしいです。須田さんは森林保護のお仕事にも関わられておられ、そんな関係から障害木や間伐材などの木を活かすために木の器づくりを始められたそうです。個展当日は、木工旋盤を持ち込まれ、ワークショップを開かれていましたが、赤いつなぎを来てF1のメカニックのごとくプロの手付きで寡黙に作業されるお姿が、なんともかっこよく見えました。上の写真にある独楽は、須田さんが、するするとあっという間に削って作って下さったものです。

# by sora_hikari | 2006-11-22 23:11 | 須田二郎さん

「手しごとを結ぶ庭」と「美しいもの」

クラフトに関連する本を読みました。

手しごとを結ぶ庭
稲垣 早苗 (著)  アノニマスタジオ (2006/10)


こちらは先日、千葉県市川市で行われた「工房からの風」というクラフトマーケットを企画・運営された稲垣早苗さんの著書です。「工房からの風」の実現に至る経緯が書かれています。クラフトマーケットは楽しいお祭りという見学者としての視点しか持っていなかったのですが、これを読むとどれだけ深い思いで工芸に接して来られ、作家さんのことやモノへの慈しみを持ちながらイベントが実現に至ったのかが伝わってきて、味わいながら読みました。三谷龍二さんの寄せられたエッセイも良かったです。


美しいもの
赤木 明登 (著)  新潮社 (2006/10/19)


こちらは輪島で漆器の塗師をされている赤木明登さんのエッセイ集です。赤木さんと親交のある14人の作り手、音楽家、経済学者などの感じる美しい暮らしや考えを読み易い文章と綺麗な写真で綴っています。元々編集者であった赤木さんですが、魅力のある方々を優しい視点で見つめながら、それぞれの方の生活にある美しいものを描き出そうとされているようです。

# by sora_hikari | 2006-11-21 22:58 |

粉引き中鉢と飯碗(自作)

粉引き中鉢
粉引き中鉢と飯碗(自作)_d0087761_23485223.jpg
粉引き中鉢と飯碗(自作)_d0087761_2349512.jpg
粉引き中鉢と飯碗(自作)_d0087761_23491461.jpg
粉引き中鉢と飯碗(自作)_d0087761_23492772.jpg
粗赤土(T25)  白化粧(N123)  透明釉(長石/土灰) 還元焼成 2006年10月

粉引き飯椀
粉引き中鉢と飯碗(自作)_d0087761_23563591.jpg
粉引き中鉢と飯碗(自作)_d0087761_23564852.jpg
粉引き中鉢と飯碗(自作)_d0087761_2357088.jpg
粗赤土(T25) 白化粧(N123) 蛙目マット(長石/土灰/蛙目/骨灰) 還元焼成 2006年10月

久しぶりに陶芸教室で焼き上がってきた器です。毎回同じような感じの粉引きを作っていますが、なかなか思い通りには行きません。味わいのある器を作るというのは、難しいものです。

# by sora_hikari | 2006-11-20 00:04 | 自作のもの

小野寺あきさんのオブジェ

小野寺あきさんのオブジェ_d0087761_1383435.jpg
小野寺あきさんのオブジェ_d0087761_139428.jpg
東京恵比寿 知器さんにて 2006年10月

10月に恵比寿の知器さんで行われた小野寺あきさんの個展で手にしたオブジェです。小野寺さんの作品は、素焼きの段階でペーパーをかけて磨き、艶だしをした大理石のような表面をしたオブジェが中心です。植物のようだったり、魂のかけらのようだったり、有機的で幻想的な形状をしたオブジェが素敵です。また薄ピンク色や人肌色をした色合いもとても暖かく感じます。ここに掲載した写真はその代表例ではありませんが、この形も海から流れ着いた流木のようでもあり、珊瑚のようでもあり、モニュメントでもあるような、小さいながらも存在感のある作品です。

小野寺さんの作品

# by sora_hikari | 2006-11-19 01:53 | 小野寺あきさん