STARNET

◆STARNET ―ARK―(カフェ、ストア、ギャラリー)
STARNET_d0087761_744979.jpgSTARNET_d0087761_7442682.jpg

◆STARNET ―ZONE―(ギャラリー)
STARNET_d0087761_7445766.jpgSTARNET_d0087761_7451759.jpg

◆STARNET ―RECODE―(ギャラリー、(鍼灸院、薬草茶屋*9月より))

STARNET_d0087761_7455688.jpgSTARNET_d0087761_7462792.jpg

益子にあるSTARNETに行ってきました。ここは馬場浩史さんが主宰するギャラリーやカフェです。馬場さんは元は服飾の世界で活躍されていて、次第に大量消費の現在に疑問を持ち、もっと地域に根差したベーシックな暮らしを見つめなおそうと考え、益子に移り住みスターネットでそれを体現化されているそうです。今回、ZONEでは、木工作家の高山英樹さんの展示。古材を使った家具が魅力的でした。また、新しく開館したばかりのRECODEでは、津田貴司さんの"湿度計"という音のインスタレーションが行われていました。これは、たった一粒の水の音を電子的に加工して、いろいろな自然の音に聞こえる音に変換し、その音を重ね合わせて流す音の展示です。それらの音は、はじまりも終わりもなく流れ、外から聞こえてくる自然の音と重なり、混じり合い、音の空間がどこまでも広がっていく不思議な体験でした。このRECODEギャラリーは200年以上も経った民家の部材を活かして作られているそうですが、そんな時間を刻んだ室内と音の展示が静かに融合して時を経つのを忘れさせてくれます。9月には鍼灸院や薬草茶屋もオープンするそうですが、これも対処療法的な現在の医療に対してのアンチテーゼでもあるように思え、もっと人の自然な治癒力を活かした医療を見つめようとするお考えに根差した試みなのかもしれないと思いました。



ひかりのはこ スターネットの四季
渡辺 尚子 (著)
アノニマスタジオ (2006/04)

# by sora_hikari | 2007-07-16 08:03 | 見て歩き

笠間窯業指導所でのろくろ講座

◆茨城県工業技術センター 窯業指導所
笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_16124724.jpg笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_16174534.jpg
笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_1618563.jpg笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_16131629.jpg

◆額賀さんのろくろ講座の様子
笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_16135764.jpg笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_16161772.jpg
笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_16165916.jpg笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_16143863.jpg

◆額賀さんの工房
笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_16151043.jpg笠間窯業指導所でのろくろ講座_d0087761_16152239.jpg

先日、笠間の芸術の丘にある笠間の窯業指導所内で行われた、額賀章夫さんのろくろ講座を見学させていただきました。これは窯業指導所の生徒さんのために、額賀さんが特別講師として教える公開講座です。普段は器屋さんで完成された額賀さんのうつわをみるだけなので、こういう機会に実際に制作する過程をみせていただくのは貴重な体験でした。額賀さんのろくろは、定評があり、見た目より軽く使い易いしかっりとしたものです。笠間に来て窯元での修行時代には、8000個もの同じうつわを一人で作ったこともあるとのことで、そういう下地があるからこそ、安定したうつわが作れるのだなと思いました。9年前に笠間では初めての伝統工芸士にも任命され、技を身につけたお仕事が認められているようです。今後は後進の育成にも力を貸していきたいとのお考えもあるようです。額賀さんは、器作家として著名でありながらも、真摯にうつわづくりに取り組み、決して偉ぶらず謙虚に、職人としての姿勢を貫かれていらっしゃいます。公開講座の後、ご自宅の工房も見せていただくことができました。自然に囲まれた伸び伸びとしたところで、きっとこんな環境としかっりしたお心があるからこそ、額賀さんのあの器の世界が作り出されるのだろうと感じ入りました。

# by sora_hikari | 2007-07-15 16:43 | 額賀章夫さん

石田辰郎さんの飯碗とそば猪口

石田辰郎さんの飯碗とそば猪口_d0087761_10512282.jpg
石田辰郎さんの飯碗とそば猪口_d0087761_10512910.jpg
石田辰郎さんの飯碗とそば猪口_d0087761_10573670.jpg
石田辰郎さんの飯碗とそば猪口_d0087761_10574473.jpg

石田辰郎さんの飯碗とそば猪口_d0087761_1058061.jpg
石田辰郎さんの飯碗とそば猪口_d0087761_1058788.jpg
田園調布 いちょう 2007年6月

先日、田園調布のいちょうさんで開催された石田辰郎さんの個展の際のものです。今は福岡県で作陶されていますが、唐津で陶芸家のもとで修行をされていたことがあるようです。この器は、鉄釉なのでしょうか。ベースは黒く見えますが、深い紫色になったところの焼色が美しいです。またそば猪口は、見込みに掛かった化粧土がグレーと緋色が融合し、綺麗な文様を見ることができます。このような黒い器以外にも粉引や白磁も手がけられており、古色を感じるうつわがお得意のようです。会場ではご本人にお会いできませんでしたが、作風から受ける印象よりも、まだお若く、これからの器づくりが楽しみだなと思いました。

# by sora_hikari | 2007-07-09 09:44 | 石田辰郎さん

錆びた下ろし金

錆びた下ろし金_d0087761_113529.jpg
麻布十番 ホーボー 2007年6月

古い錆びた下ろし金。機能しなくなった鉄の板、不思議な存在感があります。

# by sora_hikari | 2007-07-08 09:58 | 古いもの

千葉雄一さんのオブジェ

千葉雄一さんのオブジェ_d0087761_23451024.jpg
青山 デュヌラルテ 2007年6月

先日、青山にあるパン屋&ギャラリーのデュヌラルテさんで行われた千葉雄一さんの個展の際のものです。種のような形をした陶の6個組のセットです。その日の気分で並べ方を替えると楽しくなりそうです。千葉さんはパステルのようなタッチで彩色された陶のオブジェを作られている方です。今回の展示では植物をモチーフに果実のような形、種のような形のものが並んでおり、土から生まれた生命の実りを感じる作品を見ることができました。造形的にも色彩的にも楽しく、絵本を見るような物語が見えてくる独特の世界観があります。

# by sora_hikari | 2007-07-03 23:47 | 千葉雄一さん