古いマスタード瓶

d0087761_16542474.jpg
d0087761_1655769.jpg
d0087761_17411050.jpg
d0087761_16543564.jpg
東京青山 Untidy 2007年3月

19世紀のフランスのマスタード入れだそうです。白い釉薬がとろりとかかったマットな色合いは、デルフトの白と同じ感じです。文字が書いてある面もいいのですが、今は無地に見える裏側の白い面を向けて飾っています。

# by sora_hikari | 2007-03-13 17:01 | 古いもの

小野哲平さん、早川ユミさんの展覧会へ

鎌倉の3箇所で同時開催されている小野哲平さん、早川ユミさんの展覧会へ行ってきました。小野哲平さんの器や壷と、奥様の早川ユミさんの手作りの服やバッグが展示されています。

小野哲平 早川ユミ展 KAMAKURA
2007年3月10日(土)~3月17日(土)

◆「土から生まれるもの。 小野哲平展」
  うつわ祥見さん/鎌倉市津西2-5-10  11:00~17:00

 哲平さんの力強くてしかっりとした素敵な器がたくさん並んでいます。

d0087761_175126.jpgd0087761_1754139.jpg
d0087761_1761820.jpgd0087761_1763698.jpg


◆「布から生まれるもの。 早川ユミ展」
 ギャラリー招山さん/鎌倉市鎌倉山2-22-23  11:00~17:00

 早川ユミさんの手作りの服とバッグが並んでいます。
 鎌倉山の上にあるギャラリーから見える風景も綺麗です。

d0087761_1785885.jpgd0087761_1791839.jpg
d0087761_1793346.jpgd0087761_179474.jpg


◆「花と活きるもの。 小野哲平の壷展」
  苔丸さん/鎌倉市鎌倉山2-15-9  11:00~18:00

  哲平さんの壷に活けられた草花が並んでいます。
  何年も前からそこに存在していたような雰囲気です。

d0087761_1772473.jpgd0087761_177388.jpg
d0087761_1775761.jpgd0087761_1781343.jpg


小野哲平さんのお仕事や暮らしを収めたドキュメンタリーのDVD Bookが発売されるのを記念して東京の青山ブックセンターで上映会があるそうです。

d0087761_17362188.jpg
DVDブック うつわびと小野哲平  
刊行記念特別編「土から生まれるもの。」上映会
・2007年3月16日(金) 19:00~20:30(18:30開場)
・青山ブックセンター 本店A空間  
・電話予約の上 500円当日精算
・予約・問い合わせ 青山ブックセンター 03-5485-5511

※dvd book「うつわびと 小野哲平」のサイトはこちら

# by sora_hikari | 2007-03-12 17:43 | 小野哲平さん

炭化刷毛目鉢

◆炭化6寸平鉢

d0087761_16271441.jpg
d0087761_16272780.jpg
d0087761_16274177.jpg
d0087761_16275322.jpg
赤土(T58) 白化粧(N123)  イラボ釉 冷却還元

◆炭化5寸鉢

d0087761_162893.jpg
d0087761_16281732.jpg
d0087761_16282573.jpg
d0087761_16283814.jpg
赤土(T58) 白化粧(N123)  イラボ釉 冷却還元

炭化焼成(冷却還元)した刷毛目の中鉢です。口縁の化粧が厚過ぎたようで、ところどころ欠けてしまいましたが、焼き上がりの色は今後も使ってみたいなと思える組合わせです。次回からは、もっと丁寧な形づくりと化粧の載せ方をして揃いのものを作ってみようと思います。先回自分で調合した釉薬が今ひとつ良くなかったので、今回のものは教室にあるものを使ってみましたが、やはり安定していて使いやすいです。

# by sora_hikari | 2007-03-09 16:38 | 自作のもの

若杉聖子さんの花型小鉢

d0087761_1554094.jpg
d0087761_15511326.jpg
d0087761_15512684.jpg
東京千駄ヶ谷 SHIZENさんにて 2006年3月

先日SHIZENさんでの若杉聖子さんの個展の際のものです。径が5センチぐらいのかわいらしいサイズの小鉢です。繊細な花の形とマットな白さがとても綺麗です。料理だけでなくアクセサリーなんかを置いておくのもかわいいかもしれません。

SHIZENさんのブログ

# by sora_hikari | 2007-03-08 16:02 | 若杉聖子さん

坂田和實さんの本

◆ひとりよがりのものさし

d0087761_1658479.jpg

少し前のものですが、目白にある古道具坂田さんのご店主である坂田和實さんが、1999年~2003年に渡って芸術新潮に連載されたコラムを集めた本です。肩書きの多い骨董品とは違い、いわばガラクタのようなものでありながら、その中にある美しさや日常の中にある物事を読み易く深い視点で語っておられます。物を選ぶ際に、つい知識や理屈に頼りがちですが、そんなものは脱ぎ捨てて、自分なりの視点で選ぶ本質について感じさせてくれます。そんな坂田さんの現代の見立て、選択眼、考えに影響された作家さんも多いようです。

ひとりよがりのものさし
坂田和實 (著)
新潮社 (2003/11発刊)
こちらの書評がおススメです

◆素と形

d0087761_16585880.jpg

こちらも少し前のものですが、2004年に長野県の松本市美術館で行われた企画展の図録です。坂田和實さん、建築家の中村好文さん、グラフィックデザイナーの山口信博さんがセレクトした日常的な物の中から何気ない美しいものを選んだものを記録した本です。タイトルの「素と形」が表すように、主張のないシンプルな物の中にある美しさへの眼を教えてくれるように思います。

素と形
松本市美術館 (編集), NPO法人松本クラフト推進協会 (編集)
ラトルズ (2004/04発刊)

※こちらでは当時の展示会の案内が見れます
※こちらでは当時の展示の映像が見れます

# by sora_hikari | 2007-03-07 17:40 |