古いデミタスカップ

d0087761_0333044.jpg
青山 UNTIDY 2007年3月

少し染み込んだ汚れが程よい時間の流れを感じます。シンプルでチープな軽やかさも素敵です。

# by sora_hikari | 2007-04-02 00:39 | 古いもの

川越へ

d0087761_0431317.jpgd0087761_043259.jpg
d0087761_0433817.jpgd0087761_3111416.jpg
d0087761_0435866.jpgd0087761_04482.jpg

蔵造りの建物が残る川越へ行ってきました。小江戸と言われるように古い町並みが歴史を感じさせ美しいです。都内からもさほど遠くないのでこれからの暖かくなる季節に散策するのに良い観光地かもしれません。メイン通りの裏にある商店街の印章屋さんの店の棚に何故か小山乃文彦さんの器が並んでいるのを見つけました。ご店主にお聞きするとご家族のお知り合いなのだそうです。印鑑と器は不思議な取り合わせですが、川越のこの町には和食器も良く似合っています。

# by sora_hikari | 2007-04-01 01:02 | 見て歩き

田谷直子さん、竹本ゆき子さんの小皿

d0087761_23332377.jpg
d0087761_233427.jpg
d0087761_23334616.jpg
d0087761_23335458.jpg
東京東中野 空音 2007年3月

先日、東中野の空音さんで開催された際の田谷直子さんと竹本ゆき子さんの小皿です。釉色は違いますが、どちらも土味のある温かみのあるお皿で気に入っています。神奈川県の津久井町、藤野町で作陶されています。(黄色が田谷さん、緑色が竹本さんのお皿)

# by sora_hikari | 2007-03-31 23:55 | 田谷直子さん

石田誠さんの酒盃と小皿

d0087761_13485327.jpg
d0087761_13492100.jpg
d0087761_13491041.jpg
d0087761_13491914.jpg
立川 H.Works 2007年3月

先日、H.Worksさんの個展の際のものです。この白い器は、石田さんがここ数年作られている紅毛手(こうもうで)という器なのだそうです。白い釉薬(錫釉?)をかけ低下度で焼成して作らているようで、オランダのデルフトのような作り方です。白い色はとろりとした乳白色で、碍子の質感と似たところがあります。南蛮焼き締め、白磁、鉄砂、そしてこの紅毛手。少しづつお作りなる器の幅が広がっているように思いますが、作品を見ていると古い時代の器に触発されつつご自身の表現を求めているのだろうなと感じます。

# by sora_hikari | 2007-03-30 14:02 | 石田誠さん

矢尾板克則さんの瓶

d0087761_17454996.jpg
d0087761_17455964.jpg
d0087761_1746931.jpg
南青山 うつわ楓 2007年3月

先日うつわ楓さんでの個展の際のものです。色化粧をラフに掛けた上から掻き落として描いたペインティングが抽象画のようで面白いです。お店の展示ではいろんな色合いの瓶が並んでいましたが、ツートーンの色味の少ないものを選びました。

# by sora_hikari | 2007-03-29 17:53 | 矢尾板克則さん