伊藤環さんの個展へ

d0087761_0214345.jpgd0087761_0215936.jpg
d0087761_0222438.jpgd0087761_0224025.jpg
d0087761_0225355.jpgd0087761_023475.jpg
d0087761_0232219.jpgd0087761_0233521.jpg


神楽坂のラ・ロンダジルさんで開催されている伊藤環さんの個展を見てきました。クラフトフェアで拝見したことはあるのですが、個展という形式では初めて見るまとまった作品展です。展示は、銀彩、枯淡釉、白磁、青磁釉(ホーロー調)のものなど、お得意とする魅力的な素材の器が勢揃いでした。どの釉薬の器も個性があるのですが、お聞きするとどれも同じ窯で焼成されているのだそうです。きっと技術的な工夫もされていると思うのですが、何より形や素材に対するセンスがあるからこそ、表情は変わっても一定の風合いをどの器にも出せるのだろうなと思います。今回は気持ちよくお仕事できたようで、大きめの鉢や壺も展示されており、見ごたえのある個展でした。

「伊藤環の器」展
2月10日(土)~17日(土)
12:00~19:00(※最終日は18時まで)
ラ・ロンダジル(神楽坂)

# by sora_hikari | 2007-02-11 00:44 | 伊藤環さん

高仲健一さんの酒盃

d0087761_2333694.jpg
d0087761_2334323.jpg
d0087761_2335026.jpg
東京西麻布 桃居さんにて 2007年1月

先日、桃居さんで行われた高仲健一さんの個展の際の酒盃です。李朝や中国の古い陶磁器に啓発されてお作りなる器は、どれも華美でなく落ち着いた佇まいのものばかりです。この酒盃は李朝の白磁のような感じで、柔らかく自然な形がとても優しく見えます。薪窯で焼かれているそうですが、この酒盃の中にかかった灰の粒が、李朝の民窯で焼かれた生活雑器のようで、飾らない素朴な味わいを感じさせます。古い器の写しという技術的な面だけでなく、その中にある儒教的な精神も生活の中で体現されているようで、お心とお作りなるものが一緒になって形に表れているのだろうと思います。

# by sora_hikari | 2007-02-10 02:43 | 高仲健一さん

三角錘のオブジェ

d0087761_3355635.jpg
d0087761_3361075.jpg
東京元麻布 さる山 2006年1月

鉄で出来た三角錘です。錆びいて歪んでいて不思議な存在感をもっています。垂直に伸びる形に緊張感があります。部屋の壁を背景に置くと空間の余白が綺麗に見えます。何だろうと思って聞いたら、アフリカの古いステッキの先なんだそうです。見方や置き方次第でモノの存在は違ったものになるようです。

# by sora_hikari | 2007-02-09 03:49 | 古いもの

テーブルウェアフェスティバルへ

東京ドームで開催されているテーブルウェアフェスティバルに行ってきました。
テーブルウェア・フェスティバル2007
2007年2月3日~2月12日 10時~19時
東京ドーム 入場料(前売1700円/当日2000円)

■会場の様子
東京ドームのアリーナに展示ブースが並びます。d0087761_21443735.jpgd0087761_21444769.jpg

■有名人のテーブルコーディネイト
プロのコーディネーター、タレント、料理研究家など13コーナー
d0087761_2145268.jpgd0087761_21452092.jpg
d0087761_21463829.jpgd0087761_21464829.jpg
d0087761_23363911.jpgd0087761_23364681.jpg

■一般公募によるテーブルコーディネイト
コンペによる一般の方のコーディネイト(約70ブース)
d0087761_21474239.jpgd0087761_214869.jpg
d0087761_21482064.jpgd0087761_2148329.jpg
d0087761_23371319.jpgd0087761_23372195.jpg

■一般公募による食器の展示
コンペによる器作家の作品(陶磁器、硝子、漆器、金属など約70~80人ぐらい?)
d0087761_21494095.jpgd0087761_21495390.jpg
d0087761_21501531.jpgd0087761_21502389.jpg
d0087761_22244221.jpgd0087761_22244956.jpg
d0087761_2342681.jpgd0087761_23421662.jpg

■産地からの展示
全国各地の窯業地からの展示品
d0087761_2151281.jpgd0087761_21511463.jpg
d0087761_21512425.jpgd0087761_21513375.jpg

■産地品の展示販売
全国各地からの窯元やお店の出店(約170店)
d0087761_21523473.jpgd0087761_21524445.jpg
d0087761_23424934.jpgd0087761_23425540.jpg

■大手食器メーカーの展示
ロイヤルコペンハーゲン、ノリタケ、大倉陶園など
d0087761_21531567.jpgd0087761_21555488.jpg
d0087761_2156654.jpgd0087761_21561773.jpg

東京ドームで開催中のテーブルウェアフェスティバルに行ってきました。入場料が必要ながらも30万人も集客する、いわば東京版陶器市(?)とはどんなものなのか一度見てみたいと思っていました。おおまかに言えば、デパートの工芸品売り場と窯業地の陶器店が一同に会したような雰囲気とでも言えば良いでしょうか。煌びやかな洋食器、産地の和食器、窯元店による展示販売、プロ・アマによるテーブルコーディネイト。普段は作家もののうつわ屋さんで器を見ていることが多いので、まるで別世界に迷い込んだ異邦人のようでした。しかしむしろこちらが日本の器産業のメインストリームなのかなと感心したり、会場に来られている方々が魅せられている対象はなんだろうと想像したり、普段とは違った視点で器と接する事ができ、とても新鮮な体験でした。会場では、テーブルコーディネートや食器のコンペの作品が展示されたコーナーがあり、それぞれ美しく演出された食卓や、個性を競った器作品なども興味深く見ることが出来ました。食卓の演出のなかの一部としての器、おもてなしの道具としての器など、器の向こうにある暮らし方は、いろいろな方向性があるものだなと感じる日でした。

# by sora_hikari | 2007-02-07 22:08 | 見て歩き

古い白磁の徳利

d0087761_2034841.jpg
d0087761_20365624.jpg
d0087761_2037835.jpg
d0087761_2037157.jpg
東京青山 UNTIDYさんにて 2007年1月

白磁の古い徳利です。九州の方で作られたものだそうです。白磁といってもグレーがかっていて所々に鉄粉のある堅い感じのする仕上がりです。普段の生活雑器として使われていたものでしょうか。大きく主張することのない普通の姿が、つつましくて何気なく、美しいなと思います。

# by sora_hikari | 2007-02-06 20:50 | 古いもの