「光藤佐展 自天降福千萬年」 6日目-1

光藤 佐 展 自天降福千萬年」(~7/1迄)の6日目-1。

光藤さんの青磁象嵌の梅瓶と角杯、志野茶碗、黒織部茶碗。これらも以前より取り組んでいます。こちらも以前より取り組んでいる器です。李朝、高麗、唐津、美濃などの様式を用いながら、それをどう昇華するかがテーマなのでしょう。

d0087761_1072857.jpg


d0087761_1073864.jpg


d0087761_1074839.jpg


d0087761_120885.jpg


d0087761_1201698.jpg


d0087761_1202348.jpg



光藤 佐 展 自天降福千萬年(じてんこうふくせんまんねん)
2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

d0087761_15334689.jpgd0087761_1534062.jpg


光藤佐プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2018年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


# by sora_hikari | 2018-06-28 10:09 | 光藤佐展2018

「光藤佐展 自天降福千萬年」 5日目-2

光藤 佐 展 自天降福千萬年」(~7/1迄)の5日目-2。

光藤さんの絵唐津です。セオリーに沿った唐津もあれば、そのエッセンスを抽出した唐津もあるでしょう。産地から離れているゆえに出来る自由さがあります。従来から取り組んでいる仕事ですが、今展ではより赤みを帯びた焼きあがりが目を引きます。

d0087761_20312937.jpg


d0087761_20313839.jpg


d0087761_20314540.jpg


d0087761_20315216.jpg


d0087761_20315946.jpg


d0087761_203252.jpg


d0087761_20321357.jpg


d0087761_20322057.jpg


d0087761_20322793.jpg


d0087761_2032347.jpg


d0087761_20324148.jpg



光藤 佐 展 自天降福千萬年(じてんこうふくせんまんねん)
2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

d0087761_15334689.jpgd0087761_1534062.jpg


光藤佐プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2018年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


# by sora_hikari | 2018-06-27 20:37 | 光藤佐展2018

「光藤佐展 自天降福千萬年」 5日目-1

光藤 佐 展 自天降福千萬年」(~7/1迄)の5日目-1。

掻き落しの皿、線彫り象嵌の扁壺。つたなく、しかし大胆に。李朝を本歌とする図案ですが、むしろマティスの切り絵を彷彿とさせます。

d0087761_23172256.jpg


d0087761_23173098.jpg


d0087761_23173913.jpg


d0087761_23174773.jpg


d0087761_23175681.jpg


d0087761_2318599.jpg


d0087761_23181463.jpg



光藤 佐 展 自天降福千萬年(じてんこうふくせんまんねん)
2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

d0087761_15334689.jpgd0087761_1534062.jpg


光藤佐プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2018年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


# by sora_hikari | 2018-06-27 08:48 | 光藤佐展2018

「光藤佐展 自天降福千萬年」 4日目

光藤 佐 展 自天降福千萬年」(~7/1迄)の4日目。

光藤さんの赤絵の器。躍動的な運筆で漢詩や季節の文字が書かれています。定番の細い字に加えて、太い字がマイブームとか。激し過ぎても、ゆっくり過ぎても、なかなか良い字になりません。書の呼吸とろくろの呼吸には通じるところがあります。字体に限らず、この絶妙な呼吸の巧さが光藤さんの器を支えています。

d0087761_16233447.jpg


d0087761_1623427.jpg


d0087761_16234984.jpg


d0087761_16235678.jpg


d0087761_1624468.jpg


d0087761_16241356.jpg


d0087761_16242055.jpg


d0087761_16242715.jpg



光藤 佐 展 自天降福千萬年(じてんこうふくせんまんねん)
2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

d0087761_15334689.jpgd0087761_1534062.jpg


光藤佐プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2018年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


# by sora_hikari | 2018-06-26 17:34 | 光藤佐展2018

「光藤佐展 自天降福千萬年」 3日目

光藤 佐 展 自天降福千萬年」(~7/1迄)の3日目。

光藤さんの基軸はどこかと問われれば、それは朝鮮モノ(李朝、高麗)という答になりますが、その忠実な再現が目的でなく、どう咀嚼して自身の器に活かしたが肝心です。これは他の作行きにも通じることです。

d0087761_1711886.jpg


d0087761_17111486.jpg


d0087761_17112194.jpg


d0087761_1711276.jpg


d0087761_17113523.jpg


d0087761_1711421.jpg


d0087761_17121463.jpg


d0087761_17122257.jpg


d0087761_17122935.jpg


d0087761_17141225.jpg



光藤 佐 展 自天降福千萬年(じてんこうふくせんまんねん)
2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

d0087761_15334689.jpgd0087761_1534062.jpg


光藤佐プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2018年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


# by sora_hikari | 2018-06-25 17:45 | 光藤佐展2018