「小野哲平展  衝動と暴力性」6日目

小野哲平展  衝動と暴力性」の6日目。

作者の手の勢いがそのまま最終形に成り得る絵画や彫刻と違って、焼き物の場合は焼成というプロセスを経るゆえに一拍の距離が生まれます。

にも関わらず、今展の作品の生々しさはどこにあるのか。肉のような粘土の塊りを刺す、えぐるという行為、そして突き刺さった金属。その先端はこちらに迫り、あるいは天に向かい、人と協調することを拒否しているように見えます。

この金属は窯の中で同時に焼かれ、熱で変形し、胴体と結合することで、焼き物作品としての姿を大きく変容させています。この線形の異素材との融合が作者の衝動的プロセスを殺さず、直接的意思を伝える役割を果たしているのです。

d0087761_23273748.jpg


d0087761_1224255.jpg


d0087761_2327442.jpg


d0087761_23275222.jpg


d0087761_1225187.jpg


d0087761_23281431.jpg


d0087761_23592762.jpg



小野哲平展  衝動と暴力性
2019年4月20日(土)-28日(日) 11時~18時 
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図


小野哲平プロフィール
1958年 愛媛県松山市に生まれる
1978年 岡山県備前にて修業
1980年 沖縄県知花にて修業
1982年 常滑にて鯉江良二氏に弟子入り
1985年 愛知県常滑市にて独立
1998年 高知県谷相に移住
2019年 現在、同地にて作陶

d0087761_13155969.jpgd0087761_13161512.jpg


# by sora_hikari | 2019-04-25 11:20 | 小野哲平展2019

「小野哲平展  衝動と暴力性」5日目

d0087761_1945255.jpg

小野哲平展  衝動と暴力性」を開催中です。

4月22日の「小野哲平×村上隆トークショウ」が終わってから、村上隆さんからコメント欄にお言葉を頂きましたので再掲致します。示唆深い内容がありより多くの方に読んで頂きたく、編集せずそのままコピペします(ご許可済み)

以下、村上さん

松本さん、小野さん、僕の突発的な発案にお付き合いしてくださりありがとうございました。18時半から、21時過ぎまで、3時間程の長丁場、緊張感途切れる事なく開催できたと思います。

「ココ数年来の小野さんとの確執」とか、前振りで煽るだけ煽った松本さんの前口上。そう言う括り、つまり小野対村上的プロレス話をしたかった訳ではありません。

今回の小野さんの個展の様な抽象的なメッセージを発信するなら、作家だけでなく、ギャラリーも、そしてファン=買う人間たちも、その展覧会をどのように受け止めれるか、と言う覚悟と行動が必要でしょ?その事を先ず言いたかった。

生活工芸を散々楽しんできた皆さんが、次のステージに向かおうとしているアーティストを水先案内人にして、未来の風景をみたいなら、共に身を切って進むべきでは無いか?と言う啓発的な話をしたかったのでした。

陶芸ファン、もしくはこの辺りのジャンルの芸術ファンの意識の低さ、常に受容するだけ、文句言うだけの身構えしか無いなら、ココ20年間、アンチ権威主義を貫いてきた生活工芸系陶芸のこの先は一瞬で消えてしまう、と言う危機感の共有ができたらと思いました。

相変わらず小野哲平さんは、微笑ましい「それ違うあれ違う」話法で皆を楽しませて居ました。

松本さんは兎に角優しく、来てくれた聴取への思いやりに満ちた言葉を終始投げかけられて居ました。

僕はそんなホッコリ空気をキャイ〜ッと切り裂いて奇声をあげてビックリさせただけかもしれませんが、松本さんに聞くと、昨日は月曜日にも関わらずたくさんのお客様が来られ、セールスも好調であったとの事。イベント開催、提案して良かったな、と思えました。

小野さん、台湾関連の件ではご迷惑をお掛けしましたが、今回のトークとかで、何となくお詫びと恩返し、出来たかなぁ、と思いました。

兎に角、座学を疎んじ、感じるまま、自由に受け止めればそれでいい、的なる鑑賞方法の限界、底を打った感のある日本の芸術鑑賞のレベルは、間違いなく世界の下方部をさまよい始めて居ます。そこへの啓発の輪が広がる事を願っております。

以上、村上さん

補足:
トークショウは4月22日に行われ、70名の方にご参加頂きました。仙台、金沢、愛知、大阪、NYから来られた方もあり、大変意識の高い会になりました。皆様へあらためて御礼申し上げます。(店主 松本)


小野哲平展  衝動と暴力性
2019年4月20日(土)-28日(日) 11時~18時 
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図


小野哲平プロフィール
1958年 愛媛県松山市に生まれる
1978年 岡山県備前にて修業
1980年 沖縄県知花にて修業
1982年 常滑にて鯉江良二氏に弟子入り
1985年 愛知県常滑市にて独立
1998年 高知県谷相に移住
2019年 現在、同地にて作陶

d0087761_13155969.jpgd0087761_13161512.jpg


# by sora_hikari | 2019-04-24 19:45 | 小野哲平展2019

「小野哲平展  衝動と暴力性」4日目

d0087761_1710594.jpg

小野哲平展  衝動と暴力性」の4日目。

哲平さんの若い頃(常滑時代1980年代)のうつわを見ると、動的な身体性を強く感じます。ろくろの動き、激しいワイヤーブラシ、大胆な鉄化粧。それはうつわの殻から飛び出て、衝動的な痕跡がそのまま表出しています。2000年代(高知時代)のうつわにも同様の力は垣間見えますが、全般的には抑制的で衝動がうつわの形に内包されるように変化しているように見えます。それは静けさの中に意識を埋め込むことで、むしろ芯の強さを内面に感じさせる精神的な達成でもあったのではないでしょうか。また当時の時代を俯瞰して見れば、うつわとしてあるべき抑制的な美しさが求められる風潮もあったように思います。今展のように、あらためて衝動をむき出しにする造形に臨むことは、つまり自分自身の内面を再確認する行為でもあるのでしょう。敢えてうつわという形状をとらず、身体的な衝動をさらけ出す。それは確立した自己イメージを否定し、批評や批判も引き起こす可能性もある訳で、とても勇気のいることだと思うのです。


小野哲平展  衝動と暴力性
2019年4月20日(土)-28日(日) 11時~18時 
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図


小野哲平プロフィール
1958年 愛媛県松山市に生まれる
1978年 岡山県備前にて修業
1980年 沖縄県知花にて修業
1982年 常滑にて鯉江良二氏に弟子入り
1985年 愛知県常滑市にて独立
1998年 高知県谷相に移住
2019年 現在、同地にて作陶

d0087761_13155969.jpgd0087761_13161512.jpg


# by sora_hikari | 2019-04-23 17:33 | 小野哲平展2019

「小野哲平展  衝動と暴力性」3日目

小野哲平展  衝動と暴力性」の3日目。

本日は「小野哲平×村上隆 トークショウ」にご参加頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。不便な場所かつ平日のお忙しい時間帯にお運び頂きましたことに感謝致します。

小野哲平さんの今展の造形に対する思い、村上隆さんの生活陶芸におけるご自身の経緯及び変遷をお話頂くことが出来ました。当初は、哲平さんのアート分野に係る作品と、それに対する村上さんの厳しい指摘(バトル)を想定しておりましたが、実際にはそこで見えてくる日本のアートへ対する無自覚な構造に話の核があったように思います。それは作者に作らせながら、結果責任を負わない伝える側の態度も大いに問われておりました。真摯に受け止めて今後具体的にどう出来るのか、考えていきたいと思います。

哲平さん、村上さん、真剣なお話をありがとうございました。

d0087761_4363378.jpg


d0087761_4364172.jpg



小野哲平展  衝動と暴力性
2019年4月20日(土)-28日(日) 11時~18時 
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図


小野哲平プロフィール
1958年 愛媛県松山市に生まれる
1978年 岡山県備前にて修業
1980年 沖縄県知花にて修業
1982年 常滑にて鯉江良二氏に弟子入り
1985年 愛知県常滑市にて独立
1998年 高知県谷相に移住
2019年 現在、同地にて作陶

d0087761_13155969.jpgd0087761_13161512.jpg


# by sora_hikari | 2019-04-23 04:35 | 小野哲平展2019

「小野哲平展  衝動と暴力性」2日目

d0087761_17505937.jpg

小野哲平展  衝動と暴力性」の2日目。

まさにAnarchy(アナーキー)。えぐられた皿。


小野哲平展  衝動と暴力性
2019年4月20日(土)-28日(日) 11時~18時 
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

4月22日(月)「小野哲平×村上隆トークショウ受付中申込みは締め切りました


小野哲平プロフィール
1958年 愛媛県松山市に生まれる
1978年 岡山県備前にて修業
1980年 沖縄県知花にて修業
1982年 常滑にて鯉江良二氏に弟子入り
1985年 愛知県常滑市にて独立
1998年 高知県谷相に移住
2019年 現在、同地にて作陶

d0087761_13155969.jpgd0087761_13161512.jpg


# by sora_hikari | 2019-04-21 17:52 | 小野哲平展2019