「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より

1月15日(土)から始まる「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」に出品する福島誠さんの碗です。



「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_03132319.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_03132508.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_03132890.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_03133173.jpg




福島誠・四海大 二人展 益子の息吹

2022115日(土)~23日(日)

11時~18時 最終日は17時迄

作家在廊日 115日・16

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


福島誠/Makoto Fukushima

1978年 茨城県境町生まれ

2001年 職人を経て益子で陶芸を学ぶ

2011年 作家活動を始める

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


四海大/Dai Shikai

1992年 福岡県北九州市生まれ

2013年 自動車メーカー勤務

2017年 栃木県窯業技術支援センター入所

2022年 現在、栃木県益子町にて制作

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_12453547.jpg


# by sora_hikari | 2022-01-08 18:00 | 福島誠・四海大二人展

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より

1月15日(土)から始まる「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」に出品する四海大さんの碗と片口です。


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_02471712.jpg


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_02472019.jpg


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_02472203.jpg


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_02472510.jpg


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_02472883.jpg


福島誠・四海大 二人展 益子の息吹

2022115日(土)~23日(日)

11時~18時 最終日は17時迄

作家在廊日 115日・16

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


福島誠/Makoto Fukushima

1978年 茨城県境町生まれ

2001年 職人を経て益子で陶芸を学ぶ

2011年 作家活動を始める

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


四海大/Dai Shikai

1992年 福岡県北九州市生まれ

2013年 自動車メーカー勤務

2017年 栃木県窯業技術支援センター入所

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」1/15(土)より_d0087761_12453547.jpg

# by sora_hikari | 2022-01-07 18:00 | 福島誠・四海大二人展

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」開催のお知らせ

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」開催のお知らせ_d0087761_12452776.jpg


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」開催のお知らせ_d0087761_12453139.jpg


1月15日(土)から23日(日)に開催する「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」のご案内です。


福島誠・四海大 二人展 益子の息吹

2022115日(土)~23日(日)

11時~18時 最終日は17時迄

作家在廊日 115日・16

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


益子焼の歴史を辿れば江戸末期に水甕や壺などの日用品が始まりだと言われますが、昭和に入ってからは濱田庄司や島岡達三による民藝の流れに結び付きます。いまでも益子焼と言えば、この民芸調でぽってりとした作風を思い浮かべますが、個人的な経験で言うなら関東の経済圏に最も近い窯業地であるがゆえに、時代時代に合わせてそのスタイルを変化させてきた中心的な様式のない焼き物産地だと認識しています。


事実、毎年開催される益子の陶器市ではたくさんの窯元や陶器店、そして個人の作家がテントを連ね、そこに並ぶ陶器は百花繚乱で一定の様式で括ることはできません。500人もの陶芸家がいると言われる産地ですから、それぞれの作家が独自のスタイルをお披露目すれば、そもそもひと括りで益子焼を語るのは無理があるでしょう。


しかし全体的な傾向として茶陶や美術工芸よりも、時代に合わせた生活向きのクラフト調(抽象的な言い方ですが)のうつわが中心であるように思います。良く言えば時代の要請に準じて変化する柔軟性のある産地と言えますが、一方で流行に流されて揺らぐ益子焼はどこを見どころにすればいいのか常々翻弄されてきました。


しかしここ数年でしょうか。益子で原土に拘り、薪窯焼成による「焼き物」を志す新たな作り手が醸成されてきているように思います。弊店との関わりで言えば、鶴野啓司さんや芳賀龍一さんなどの益子焼の市場に縛られることなく、また従来の桃山陶の流れとも一線を画す作家たちです。さらに今はその裾野が広がり、陶器市の需要とはまた違った活動に取り組む新たな「益子の焼き物」の風を感じるのです。それらは六古窯の産地の発生源とは異なる平成後期から令和にかけて顕著になってきた新たな焼き物の解釈です。


今展ではその内の二人にスポットを当ててみたいと思います。荒々しい化粧土の器が特徴的な福島誠さん、薪窯で幅広く器を作る四海大さん。まだ発表の場が少なく今回初めて目にする方も多いと思います。これもまた時代に翻弄された益子の動向なのか、いやこれからの益子を作り上げていくのか。2022年の年初にあたり、まだ未知数ながら、この二人を通して益子焼の新たな息吹をお届けしたいと思います。どうぞご高覧ください。店主


福島誠/Makoto Fukushima

1978年 茨城県境町生まれ

2001年 職人を経て益子で陶芸を学ぶ

2011年 作家活動を始める

2022年 現在、栃木県益子町にて制作

四海大/Dai Shikai

1992年 福岡県北九州市生まれ

2013年 自動車メーカー勤務

2017年 栃木県窯業技術支援センター入所

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」開催のお知らせ_d0087761_12453547.jpg


# by sora_hikari | 2022-01-06 12:58 | 福島誠・四海大二人展

2022年 謹賀新年

2022年 謹賀新年_d0087761_17484724.jpg

謹賀新年
本年もどうぞ宜しくお願い致します。2022年前半の展覧会スケジュールを公開しました。
http://utsuwa-note.com/info.html#calender


# by sora_hikari | 2022-01-01 17:50 | おしらせ

2021年の瀬

2021年の瀬_d0087761_22265371.jpg

2021年の瀬_d0087761_22265527.jpg

2021年の瀬_d0087761_22265874.jpg

2021年の瀬_d0087761_22270298.jpg

2021年もまもなく終わり。近くの喜多院も初詣準備で慌ただしくなっています。

# by sora_hikari | 2021-12-30 22:28 | おしらせ