「沢田重治と外池素之展 常滑古今」2日目

沢田重治と外池素之展 常滑古今」の2日目。

本日も暑い中ご来店頂きありがとうございました。

写真は外池素之さんの化粧土の器です。外池さんは多様な木灰を使い、それを掛け合わせた器を多く作りますが、これらは白い泥漿を掛け、灰釉で焼いたシンプルな構成です。ご覧の通り、狙うところは形の揺らぎ、焼きの変化を受け入れた味わいあるうつわだと分かります。同じサイズでもそれぞれに個性があり、特に今展では一品ものを選んで出品しています。

#60白化粧片口鉢 径22.5 高さ6cm 5,500円
#44-1 粉引飯碗 径13.5 高さ6.5cm 2,750円
#66化粧片口碗 径15.5 高さ7cm 4,400円
#44-2 粉引飯碗 径12 高さ6.5cm 2,750円


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」2日目_d0087761_15350467.jpg



「沢田重治と外池素之展 常滑古今」2日目_d0087761_15350765.jpg



「沢田重治と外池素之展 常滑古今」2日目_d0087761_15350972.jpg



「沢田重治と外池素之展 常滑古今」2日目_d0087761_15351289.jpg


沢田重治と外池素之展 常滑古今
Tokoname Past and Present
2022年7月30日(土)~ 8月7日(日) 
営業時間 11:00~18:00 最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

沢田重治(さわだ・しげじ)略歴
1906年(明治39)江戸時代から続く窯元「丸四」の長男として常滑で生まれる。
1920年(大正9) 14歳で常滑高等小学校を卒業後、家業(製陶業)を継ぐ。
当時常滑で主流であった土管や建築陶器よりも江戸時代の伝統を引き継ぐ甕や壺などの大物造り一筋に作陶を続ける。
1969年(昭和44)60歳 長男に家業を譲り、より一層大物造りに専念する。
1979年(昭和54)70歳 伝統工芸士認定される。
1982年(昭和57)73歳 に認定される。
1986年(昭和61)77歳「勲七等青色桐葉章」を授与。
1999年(平成11)92歳 老衰により鬼籍に入る。

外池素之(トノイケモトユキ)略歴
1992年 愛知県大府市 生まれ
2014年 愛知大学 地域政策学部 卒業
2014年 広告代理店勤務
2019年 とこなめ陶の森 陶芸研究所 修了
2022年 常滑を拠点に製作活動


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」2日目_d0087761_00280371.jpg



# by sora_hikari | 2022-07-31 18:00 | 沢田重治・外池素之展

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」スタート


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」スタート_d0087761_17382091.jpg


本日より「沢田重治と外池素之展 常滑古今」はスタートしました。初日よりご来店下さいました皆様に御礼申し上げます。外池さんは明日7月31日も在廊します。会期は8月7日(日)まで休まず営業します。

沢田重治と外池素之展 常滑古今
Tokoname Past and Present
2022年7月30日(土)~ 8月7日(日) 
作家在廊日 7月30日・31日(外池)
営業時間 11:00~18:00 最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

沢田重治(さわだ・しげじ)略歴
1906年(明治39)江戸時代から続く窯元「丸四」の長男として常滑で生まれる。
1920年(大正9) 14歳で常滑高等小学校を卒業後、家業(製陶業)を継ぐ。
当時常滑で主流であった土管や建築陶器よりも江戸時代の伝統を引き継ぐ甕や壺などの大物造り一筋に作陶を続ける。
1969年(昭和44)60歳 長男に家業を譲り、より一層大物造りに専念する。
1979年(昭和54)70歳 伝統工芸士認定される。
1982年(昭和57)73歳 に認定される。
1986年(昭和61)77歳「勲七等青色桐葉章」を授与。
1999年(平成11)92歳 老衰により鬼籍に入る。

外池素之(トノイケモトユキ)略歴
1992年 愛知県大府市 生まれ
2014年 愛知大学 地域政策学部 卒業
2014年 広告代理店勤務
2019年 とこなめ陶の森 陶芸研究所 修了
2022年 常滑を拠点に製作活動


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」スタート_d0087761_00280371.jpg



# by sora_hikari | 2022-07-30 18:00 | 沢田重治・外池素之展

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_14235388.jpg

7月30日(土)から始まる「沢田重治と外池素之展 常滑古今」の準備が整いました。沢田重治さんの壷35点(大壷6点+中壷29点)、外池素之さんの食器138点(皿、鉢、片口、碗、酒器、他)が並びます。

沢田さんは常滑市指定無形文化財保持者であったことや、高名な方が壺を所有されていたという実績もありますが、輝かしく見えるご経歴に反して、壷はさほど売れず、しかし一途に「よりこ造り」の伝統を守るために大きな壺を作り続けたという職人肌の実直さと、中世の壷に目を向けた浪漫を「今」に届けたいとの思いで、この企画に至りました。それゆえに沢田さんの壷の価格帯は所有して頂けることを考慮して設定してあります。

また外池さんは生粋の常滑育ちの沢田さんとは出自は異なりますが、ここ常滑のこれから担う純粋な気持ちをもった作り手です。価格は殊の外良心的な設定ですが、ひとつひとつに深い思いが籠っており、今展に向けた意気込みを感じさせてくれます。

さて、二人の常滑古今が交錯する面白い展示になりました。初日・二日目は外池さんが在廊します。暑い季節の開催となりますが、一期一会の企画展をご覧頂ければ幸いです。

尚、引き続き感染症予防のためにマスクの着用、手指の消毒の協力をお願いいたします。

沢田重治と外池素之展 常滑古今
Tokoname Past and Present
2022年7月30日(土)~ 8月7日(日) 
作家在廊日 7月30日・31日(外池)
営業時間 11:00~18:00 最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

沢田重治(さわだ・しげじ)略歴
1906年(明治39)江戸時代から続く窯元「丸四」の長男として常滑で生まれる。
1920年(大正9) 14歳で常滑高等小学校を卒業後、家業(製陶業)を継ぐ。
当時常滑で主流であった土管や建築陶器よりも江戸時代の伝統を引き継ぐ甕や壺などの大物造り一筋に作陶を続ける。
1969年(昭和44)60歳 長男に家業を譲り、より一層大物造りに専念する。
1979年(昭和54)70歳 伝統工芸士認定される。
1982年(昭和57)73歳 に認定される。
1986年(昭和61)77歳「勲七等青色桐葉章」を授与。
1999年(平成11)92歳 老衰により鬼籍に入る。

外池素之(トノイケモトユキ)略歴
1992年 愛知県大府市 生まれ
2014年 愛知大学 地域政策学部 卒業
2014年 広告代理店勤務
2019年 とこなめ陶の森 陶芸研究所 修了
2022年 常滑を拠点に製作活動


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_00280371.jpg



# by sora_hikari | 2022-07-29 18:00 | 沢田重治・外池素之展

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より

7月30日(土)から始まる「沢田重治と外池素之展 常滑古今」に出品する外池素之さんの器をご紹介します。

写真順
掛分水盤 径23.5・高さ6.5cm
青黄鉢 径22・高さ6.5cm
白黄片口鉢 径19・高さ7cm
掛け分け段皿 径25・高さ8cm
結晶鉢 径19・高さ6cm
黄化粧平鉢 径19・高さ5.5cm
雑木灰小皿 径10・高さ2cm

化粧指掻き碗 13・高さ5cm

雑木灰小片口 径9.5・高さ6cm


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_16571150.jpg



「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_16591167.jpg




「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_23532904.jpg



「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_23533495.jpg



「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_23533740.jpg



「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_17011593.jpg




「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_23533961.jpg


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_23534202.jpg


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_23534602.jpg


沢田重治と外池素之展 常滑古今
Tokoname Past and Present
2022年7月30日(土)~ 8月7日(日) 
作家在廊日 7月30日・31日(外池)
営業時間 11:00~18:00 最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

沢田重治(さわだ・しげじ)略歴
1906年(明治39)江戸時代から続く窯元「丸四」の長男として常滑で生まれる。
1920年(大正9) 14歳で常滑高等小学校を卒業後、家業(製陶業)を継ぐ。
当時常滑で主流であった土管や建築陶器よりも江戸時代の伝統を引き継ぐ甕や壺などの大物造り一筋に作陶を続ける。
1969年(昭和44)60歳 長男に家業を譲り、より一層大物造りに専念する。
1979年(昭和54)70歳 伝統工芸士認定される。
1982年(昭和57)73歳 常滑市指定無形文化財保持者に認定される。
1986年(昭和61)77歳「勲七等青色桐葉章」を授与。
1999年(平成11)92歳 老衰により鬼籍に入る。

外池素之(トノイケモトユキ)略歴
1992年 愛知県大府市 生まれ
2014年 愛知大学 地域政策学部 卒業
2014年 広告代理店勤務
2019年 とこなめ陶の森 陶芸研究所 修了
2022年 常滑を拠点に製作活動


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_00280371.jpg



# by sora_hikari | 2022-07-28 18:00 | 沢田重治・外池素之展

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より

7月30日(土)から始まる「沢田重治と外池素之展 常滑古今」に出品する沢田重治さんの壷をご紹介します。

写真順
自然釉大甕  高さ55 ・胴径50cm
自然釉大甕  高さ46 ・胴径46cm
瓢形壷  高39 ・胴径29cm 
炭化壷 高26・胴径27cm
蕪形壷/高30・径26cm
三筋壷 高28・胴径22cm
釉流れ壷 高27・胴径22cm
筒形壷 高31.5・胴径16cm
刻文壷 /高29 ・径25cm 

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_19441018.jpg


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_19441425.jpg

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_19441748.jpg


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_19442047.jpg

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_19442401.jpg

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_19442707.jpg

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_19443038.jpg

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_19443325.jpg

「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_19443631.jpg


沢田重治と外池素之展 常滑古今
Tokoname Past and Present
2022年7月30日(土)~ 8月7日(日) 
作家在廊日 7月30日・31日(外池)
営業時間 11:00~18:00 最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

沢田重治(さわだ・しげじ)略歴
1906年(明治39)江戸時代から続く窯元「丸四」の長男として常滑で生まれる。
1920年(大正9) 14歳で常滑高等小学校を卒業後、家業(製陶業)を継ぐ。
当時常滑で主流であった土管や建築陶器よりも江戸時代の伝統を引き継ぐ甕や壺などの大物造り一筋に作陶を続ける。
1969年(昭和44)60歳 長男に家業を譲り、より一層大物造りに専念する。
1979年(昭和54)70歳 伝統工芸士認定される。
1982年(昭和57)73歳 常滑市指定無形文化財保持者に認定される。
1986年(昭和61)77歳「勲七等青色桐葉章」を授与。
1999年(平成11)92歳 老衰により鬼籍に入る。

外池素之(トノイケモトユキ)略歴
1992年 愛知県大府市 生まれ
2014年 愛知大学 地域政策学部 卒業
2014年 広告代理店勤務
2019年 とこなめ陶の森 陶芸研究所 修了
2022年 常滑を拠点に製作活動


「沢田重治と外池素之展 常滑古今」7/30より_d0087761_00280371.jpg



# by sora_hikari | 2022-07-27 18:00 | 沢田重治・外池素之展