「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」3/21(土)より

「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」3/21(土)より_d0087761_14142415.jpg

3月21日(土)から始まる「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」の出品物です。

控えめな薄化粧に漂う仄かな色気ってありますよね。奥ゆかしいからこそ見惚れるというか。

堅手小碗 / 径110・高さ60mm


山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム
2020年3月21日(土)~29日(日) 会期中無休
作家在廊日 3月21日(土)
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」3/21(土)より_d0087761_2241231.jpg「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」3/21(土)より_d0087761_2242328.jpg

山本亮平
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2020年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆき
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2020年 佐賀県有田町にて制作


# by sora_hikari | 2020-03-18 18:00 | 山本亮平・ゆき2020

「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」3/21(土)より

「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」3/21(土)より_d0087761_171431.jpg

3月21日(土)から始まる「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」の出品物です。

染付角瓶 / 幅75・奥行75・高さ165mm

古典を題材にしながら、それを、いや自分自身を消し去っていく作業に見えます。


山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム
2020年3月21日(土)~29日(日) 会期中無休
作家在廊日 3月21日(土)
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」3/21(土)より_d0087761_2241231.jpg「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」3/21(土)より_d0087761_2242328.jpg

山本亮平
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2020年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆき
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2020年 佐賀県有田町にて制作


# by sora_hikari | 2020-03-17 18:00 | 山本亮平・ゆき2020

「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」開催のお知らせ

「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」開催のお知らせ_d0087761_2241231.jpg


3月21日(土)から29日(日)に開催する「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」のご案内です。

美大で油絵を学び、有田窯業大学で陶芸を学ぶ。デビュー当初の白錫釉を纏った柔らかな型打ちのうつわは、生活工芸の流れと共に多くの評価を得たが、やがてその立場を捨て、有田固有の素材から取り組み直し、初源伊万里と呼ばれる作風に移行した。最初の頃は数は採れず、それを受け入れる発表の場も少なかった。しかし地道な積み上げと風合いの良さによって、あらたな賞賛を各方面で獲得している。古典再現にあたって、友人の窯で焼成を繰り返してきたが、もう何年も前から自身の薪窯構想はあり、土地探しから始まり、敷地の伐採と整地、窯床の穴掘り、隔壁の煉瓦造り、土台から窯本体の積み上げまで、昨年末にようやく形が完成した。それは唐津の古典的な割り竹式の土窯で、なにもそこまで苦労せずとも現代的な選択があったと思うが、それを受け入れず、古式に倣ってこれを実現した。

さて、山本亮平の取り組む約400年前の唐津と伊万里の移行期にあるグレーゾーン(仮に初源伊万里と言う)を捉えた焼き物であるが、元は工房近くにある有田焼初期の小物成窯跡の陶片の質感に近づくことから始まった。しかし形は写せても従来使っていた粘土やガス窯では古陶の土味は再現できない。しかしその頃に出会った唐津の作家(梶原靖元氏や矢野直人氏)の指導と影響を受け、あらためて原料探しや土造りを原点から見直し、愚直に素材に向き合うことで、徐々にその距離は縮まっていった。やがてそれは古陶磁ファンにも認められる質感をもたらし、現在の評価を得ている。

しかし山本の求めるものは、それが答えではない。古典の忠実な写しが目的ではなく、当時の自然素材と焼成方法によって得られる風合いが肝心なのだ。まずは古典に倣い、そして自身による抽象化を図る。それは古典を昇華させた焼き物のミニマリズムと言えばいいだろう。誇張した見所を作らず、染付においては消え入らんばかりの儚さである。振幅の狭い中から湧きおこってくる感情は、抒情詩のように内省的で淡い心の揺らぎを映すのだ。古陶磁に近づこうとすると、過去の既成価値の追認に留まることも多く見受けられるが、山本の場合、それを良しとせず、古典的方法に立脚しながらも、抽象絵画を描く意識と同様に現代における新たな表現なのである。それは今展に向けた山本自身の言葉に如実に表れている。

「今回は写しとその先の抽象化をテーマにして、400年前の土の窯を写すところから始めています。写しとは簡単に言えば過去の模倣ですが、自分にとって写しが写しでなくなるところまで、抽象化がおきなければならないと思うようになりました。私にとって唐津や初期の伊万里の真髄は自然との合意の実現であって、土の窯はそれを促す装置のような気がします。表面の模倣ではなくて自然との合意を実現できるか、実際に作って焼いて確かめたいのです。」

今回も亮平氏がろくろを主に、奥様ゆき氏が絵筆をとっている。新しい薪窯は、字名をとって竈ノ元窯(かまどのもとかま) と命名した。さあ長い道のりを経て、ようやく初窯で自分達のうつわを焼く段階になった。今展ではその成果が見れられる予定である(しかし保証は無い)。3月21日が楽しみなのだ。店主

山本亮平
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2020年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆき
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2020年 佐賀県有田町にて制作


山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム
2020年3月21日(土)~29日(日) 会期中無休
作家在廊日 3月21日(土)
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

「山本亮平・ゆき展 古典のミニマリズム」開催のお知らせ_d0087761_2242328.jpg



# by sora_hikari | 2020-03-16 18:00 | 山本亮平・ゆき2020

「中田光 急須展 遇茶喫茶」ありがとうございました

「中田光 急須展 遇茶喫茶」ありがとうございました_d0087761_214428.jpg

中田光 急須展 遇茶喫茶」は本日無事終了しました。このような時機にも関わらずご来店下さいました皆様に御礼申し上げます。

今回急須のみに絞ったのは中田さんのご意思でした。高麗、李朝、安南の骨董に通じる外形的要素を纏いながら、その根底にある仏教美術や説話の概念世界を表したいとの思いがありました。茶を喫することは、喉を潤し味わいを楽しむ生理的な欲求を満たすと共に、茶を介して精神を律する作用があるように思います。その両者を繋ぐのが急須の役目でもあるでしょう。その意味で仏教具と共通する要素があるかもしれません。

今展でお持ち帰り頂きました中田光さんの急須が皆様のお暮しと共に末永くご愛用頂けますことを心より願っております。


これからの営業案内
うつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)
3/16(月)~3/20(金) 搬出・設営休
3/21(土)~3/29(日) 山本亮平・ゆき展
3/30(月)~4/3(金) 搬出・設営休
4/4(土)~4/12(日) 壷田和宏・壷田亜矢展

営業カレンダー

# by sora_hikari | 2020-03-15 21:02 | 中田光展

「中田光 急須展 遇茶喫茶」8日目

中田光 急須展 遇茶喫茶」は残すところあと1日になりました。明日3/15(日曜)17時までとなります。最終日は搬出を兼ねて14時過ぎに中田さんが在廊されます。まだお選び頂ける急須は十分ございますので、どうぞこの機会にご来店ください。

写真は群馬県桐生市にある中田さんの工房の様子です。利根川水系の桐生川のそばの古民家を仕事場にしています。桐生市は古くから桐生織で知られる絹織物の産地です。

中田さんは生まれも育ちも神奈川県。群馬県は特に縁のない土地だったそうですが、窯業地を敢えて避け、ここ桐生市で2013年から制作を行っています。急須づくりは、絹織りものと同様に、こつこつと作業を積み重ねていく作業です。外部に影響されず自分自身の急須を深めていくには良い環境なのでしょう。

「中田光 急須展 遇茶喫茶」8日目_d0087761_13103346.jpg


「中田光 急須展 遇茶喫茶」8日目_d0087761_13104155.jpg


「中田光 急須展 遇茶喫茶」8日目_d0087761_13104840.jpg


「中田光 急須展 遇茶喫茶」8日目_d0087761_13105548.jpg


「中田光 急須展 遇茶喫茶」8日目_d0087761_1311135.jpg


「中田光 急須展 遇茶喫茶」8日目_d0087761_13111095.jpg



中田光 急須展 遇茶喫茶
2020年3月7日(土)~ 15日(日)
営業時間 11時~18時 
最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1983年 神奈川県生れ
2006年 武蔵野美術大学 デザイン情報学科卒
2008年 武蔵野美術大学大学院 陶磁専攻修了
2013年 群馬県桐生市に築窯
2020年 現在同地で製作

「中田光 急須展 遇茶喫茶」8日目_d0087761_22335087.jpg「中田光 急須展 遇茶喫茶」8日目_d0087761_2234043.jpg



# by sora_hikari | 2020-03-14 18:00 | 中田光展