「うつわノート展」スタート

「うつわノート展」スタート_d0087761_12051104.jpg

「うつわノート展」スタート_d0087761_12051407.jpg

「うつわノート展」スタート_d0087761_12051783.jpg

「うつわノート展」スタート_d0087761_12052027.jpg

「うつわノート展」スタート_d0087761_12052274.jpg

「うつわノート展」スタート_d0087761_12052565.jpg


本日より「うつわノート展」が始まりました。初日よりご来店下さいました皆様に御礼申し上げます。今回は花も庭から採った純正うつわノート産(笑)です。会期は4月13日(土)まで休まず営業します。尚、今回はオンライン販売の予定はございません。どうぞギャラリーで実際に手に取ってご覧ください。

【うつわノート展】
2024年4月6日(土)~13日(土)
11時~18時まで 最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
電話 049-298-8715
メール utsuwanote@gmail.com

# by sora_hikari | 2024-04-06 18:00 | うつわノート展2024

「うつわノート展」4月6日(土)より

「うつわノート展」4月6日(土)より_d0087761_12214337.jpg

「うつわノート展」4月6日(土)より_d0087761_12214687.jpg

「うつわノート展」4月6日(土)より_d0087761_12214940.jpg

「うつわノート展」4月6日(土)より_d0087761_12215276.jpg

「うつわノート展」4月6日(土)より_d0087761_12215587.jpg

「うつわノート展」4月6日(土)より_d0087761_12215858.jpg

「うつわノート展」4月6日(土)より_d0087761_12220232.jpg

「うつわノート展」4月6日(土)より_d0087761_12220416.jpg

「うつわノート展」4月6日(土)より_d0087761_12220604.jpg


明日4月6日(土)から13日(土)まで開催する「うつわノート展」の準備が整いました。

新規仕入れのもの、企画展の出品物、従来の展示会の出品物、個人コレクションなど総数250点程を横断的にご覧頂ける機会となります。川越の桜も見ごろを迎えております。どうぞお出掛けください。

【うつわノート展】
2024年4月6日(土)~13日(土)
11時~18時まで 最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
電話 049-298-8715
メール utsuwanote@gmail.com
地図

# by sora_hikari | 2024-04-05 18:00 | うつわノート展2024

「うつわノート展」のご案内

「うつわノート展」のご案内_d0087761_17111273.jpg

「うつわノート展」のご案内_d0087761_17111558.jpg

「うつわノート展」のご案内_d0087761_17111758.jpg

「うつわノート展」のご案内_d0087761_17111964.jpg

「うつわノート展」のご案内_d0087761_17112256.jpg

「うつわノート展」のご案内_d0087761_17112477.jpg

「うつわノート展」のご案内_d0087761_17112729.jpg

「うつわノート展」のご案内_d0087761_17112921.jpg

「うつわノート展」のご案内_d0087761_17113127.jpg
「うつわノート展」のご案内_d0087761_17292379.jpg


4月6日(土)~13日(土)に開催する「うつわノート展」のご案内です。

先日まで東京 神楽坂で開催しておりました企画展に続きまして、埼玉県川越市の本店にて内容を拡大して「うつわノート展」を開催します。神楽坂で展示した約100点に加え、総数250点程を販売します。従来の展示会の出品物、今回の神楽坂の出品物、新規仕入れのもの、個人コレクションなど横断的に弊店の取り扱い品をご覧頂ける機会となります。桜もようやく開花し、近くの喜多院でも桜まつりが開催されております。どうぞ新年度に相応しいこの季節に川越にお出掛けください。

【うつわノート展】
2024年4月6日(土)~13日(土)
11時~18時まで 最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
電話 049-298-8715
メール utsuwanote@gmail.com
地図

# by sora_hikari | 2024-04-04 17:34 | うつわノート展2024

工芸青花 うつわノート企画展 終了しました

工芸青花 うつわノート企画展 終了しました_d0087761_00003425.jpg


工芸青花の企画展は本日終了しました。お運び頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。尚、これに引き続き、若干内容を加えて川越店の方でも「うつわノート展」を4月6日(土)から13日(土)まで開催することにしました。詳細はあらためてご案内します。

川越でギャラリーを2011年にオープンしてから丸13年となりますが、外で特別にテーマを設けた企画展は何度かやってきましたが、意外と「うつわノート展」を開催したことがなく、今回はここ半年間の川越の展示会を凝縮し、また一部新しい作家さんにご参加頂きながら、全容とまではいきませんが普段の延長のような形で弊店の断面図をご覧頂きました。

あらためて俯瞰してみると、いわゆる日常使いの「うつわ」という内容ではなく、「焼き物」あるいは「陶芸」ギャラリーであるなと思います。普段使いの柔和なうつわよりも、象徴性の強い作品的と言いましょうか。しかし、これらもまた「うつわなるもの」であると考えています。

2005年頃から「うつわ」を見始めましたが、ちょうど暮らしに寄り添う「うつわ」がの全盛期を迎えたころであり、うつわ店やギャラリーのみならず、全国にクラフトフェアが広がり始めた頃に重なり、身近な暮らしの中で使う「うつわ」の謙虚な美しさに感銘を受けるとともに、その価値観と作り手の考えを知りたいとのめりこんでいった記憶があります。

その頃を「生活工芸」の時代と呼ぶことがありますが、その捉え方は様々な解釈があるものの、実体験として確かに大きな出来事であったと思います。それまで特殊な領域にあった「工芸」が一般に開放され、その立ち位置が変わったと思います。それは奇しくも美術の世界で100年前に興った「印象派」のごとく、工芸界のサロンを出て、教条的知識や技巧優先ではなく、暮らしに寄り添ううつわが劇的に変革を起こし、その後の解釈と価値観を変えてしまったと思っています。

それは本来は身近で等身大な存在の中に美しさがあり、日常の中で美と同居してきた日本的な美術観に立ち返るとともに、様々なものが市井の人の手の中に戻り、心が豊かな時代になったと思います。同様に農業、料理、珈琲、服飾、 音楽など他の多くの分野でも同様な変化が起こった時期でした。大げさかもしれませんが、それは閉塞する経済の中で日本がどう精神を豊かにしていくかという未来を示していたように思います。

しかしやがて時を経てそれは定型的なものになり、形骸化を招いた気がしています。形は似ていても当時感銘を受けた精神性が希薄になったように感じました。だからこそ表層をなぞったものでなく、当時と姿は変われどその根底にあるものに目を向けたいと思っています。踏襲された価値の反復でなく、まだ誰も気づかぬ本質を見出したい。あたらしい才能に出会ってみたいと思っています。

結果的にオルタナティブな立ち位置になりがちですが、今おこりつつ新たなものに目を向けることが必要だと思っています。SNSを通じて作る人が直接発信できる時代ですから、ギャラリーの役割は僅かな力でしかないかもしれませんが、「うつわなるもの」の水平に見える未来を信じて、万人に受け入れられるギャラリーになるよりも、ものの普遍性に気付いてもらえる偏屈な思いのまま、時に苦しみ、あがき、不器用ながら、抗えないこの思いを信じてこれからも続けていこうと思っております。

この度、この企画展を主催し考える機会を下さいました芸青花の菅野 編集長並びに佐藤様、平岡様に感謝申し上げます。

うつわノート
松本武明

◆展覧会
「うつわ」の今と未来
内容:うつわノートによる展示会
会期:2024年3月29日(金)−4月2日(火)
会場:工芸青花 東京都新宿区横寺町31 一水寮(神楽坂)
https://www.kogei-seika.jp/gallery/20240301.html

# by sora_hikari | 2024-04-02 22:34 | 工芸青花 企画展

工芸青花 うつわノート企画展

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17295962.jpg

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17300235.jpg

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17300477.jpg

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17300860.jpg

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17301269.jpg

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17301419.jpg

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17301635.jpg

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17301823.jpg

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17302177.jpg

工芸青花 うつわノート企画展_d0087761_17302341.jpg

東京 神楽坂にある工芸青花でうつわノート企画展を4月2日(火)まで開催しております。お時間がございましたら、どうぞ神楽坂までお越しください。

初日の講座に寄せた文章です

ここ数年ですが、周りの人(お店、作家、お客さん)に聞くと、うつわを取り巻く環境が「変わった」という話をよく聞きます。同様に自分自身も、大きな変化を感じていて、ついつい愚痴っぽく語ることが多いのですが、むしろ時代と照らし合わせて、この状況をどう読むかが大切だと思っています。例えば20世紀末の「生活工芸」の開花を、19世紀末に興った「印象派」に準えて考えるならば、それは一時代の絵画様式という以上に、その後の美術の概念を大きく変えた転換点であったと言えます。つまり「生活工芸」を起爆剤にして、今起こっていることは、工芸にさらなる変化を起こし得る、と考えると、否定だけではなく、未来像が見えてくるはずです。コロナ禍明けの変化をどう受け止め、これからどうなるかを予測することは、みんなの関心事でもあるでしょう。ギャラリーという役割が希薄化するなか、どれほど意味ある会になるか分かりませんが、時代認識を踏まえて、伝える立場から見てきたことをお話できればと思っております。

◆展覧会
「うつわ」の今と未来
内容:うつわノートによる展示会
会期:2024年3月29日(金)−4月2日(火)
時間:13時−20時
会場:工芸青花 東京都新宿区横寺町31 一水寮(神楽坂)
https://www.kogei-seika.jp/gallery/20240301.html

◆出展作家(順不同)
森岡成好
森口信一
山本雅彦
稲吉オサム
大平新五
大桃沙織
中田光
日高伸治
四海大
阪本健
外池素之
金本美香
川端まさみ
市川恵大
一之


# by sora_hikari | 2024-03-31 17:43 | 工芸青花 企画展