「光藤佐展 自天降福千萬年」 ありがとうございました

d0087761_17582750.jpg

光藤 佐 展 自天降福千萬年」は本日終了しました。会期中ご来店頂きました皆様へ御礼申し上げます。

光藤さんは1989年(27歳)で独立してから、器店とのお取引も多く経済的に安定した作陶を続けていました。当時は、個展などの活動よりも、お店からの注文製作を主体にして一人製陶所のように日々忙しくしていました。作れば売れる、そんな時代を経験しています。

その流れに転機が訪れたのが、リーマンショック(2008年)の頃です。取引先からの注文が減り始め、徐々に仕事に陰りが見えてきました。それは世間の経済状況の変化、お店や顧客の世代交代など、器業界の地図が激変し始めた頃に重なります。その頃、注文仕事が減ってできた時間を使って、薪窯の割合を増やしていきます。不況時にあらためて自分の器を立て直す努力をしました。器に深みを与えることで、新たなギャラリーを回り、個展活動に軸足をシフトさせていきました。今展でも立証されたように、再び新たな客層に需要が広がっています。

自分の敷居をあげることで時代に対応できない場合もあります。良い状況が続いていると、その変化に気づかないこともあります。器は上手くとも伝え方がずれ始めると負の連鎖に陥る危険性があります。大切なのは、自分自身で心を開いて近づいていくことだと思います。そこで新たな接点を見出せると思うのです。今やインスタグラムを使いこなすおじさん作家に生まれ変わりました。

そんな光藤さんが変化する時期に立ち会えたのはギャラリーとしての喜びでした。これからも世代を超えて熟達した器の良さを伝えていければと思います。この度、お持ち帰り頂きました器が皆様の食卓や暮らしの風景を豊かにしてくれますように。ありがとうございました。

d0087761_17584160.jpg



これからの営業案内

うつわノート本店(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)
7/2(月)~7/6(金) 搬出・設営休み
7/7(土)~7/15(日) 太田修嗣 展
7/16(月)~7/20(金) 搬出・設営休み
7/21(土)~7/29(日) 清水志郎 展
川越店の営業カレンダーはこちら

うつわノート八丁堀店(東京都中央区八丁堀2-3-3 4F)
http://utsuwa-note.com/hatchobori
営業日:月~土曜 13時~19時
定休日:日曜日
常設品の器を展示しております。


# by sora_hikari | 2018-07-01 18:37 | 光藤佐展2018

「光藤佐展 自天降福千萬年」 8日目

光藤 佐 展 自天降福千萬年」の8日目。会期は明日7月1日(日)まで。最終日は時間を繰り上げて17時で終了させて頂きます。

写真は兵庫県朝来市の光藤さんの工房の様子です。天空の城で知られる竹田城もほど近い自然に恵まれた静かなところです。

小さい頃に茶を学び、20代には料亭のお庭窯で作陶の傍ら料理を覚え、今の地に落ち着いてからは書や短歌を嗜む文化人でもあります。書の筆運びはろくろの呼吸に通じ、短歌の語句から膨らむ情景は、うつわの景色にも重なります。陶芸に触れたのは早熟の15歳。それから40年にもなりますが、技術とともにその背景となる感性を磨いてきたことが、今の器を形成しているのです。

1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2018年 現在、兵庫県朝来市にて制作する

d0087761_1547513.jpg


d0087761_15475897.jpg


d0087761_1548588.jpg


d0087761_15481195.jpg


d0087761_15481713.jpg


d0087761_15482540.jpg


d0087761_154837100.jpg



光藤 佐 展 自天降福千萬年(じてんこうふくせんまんねん)
2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 
地図

d0087761_15334689.jpgd0087761_1534062.jpg


# by sora_hikari | 2018-06-30 17:17 | 光藤佐展2018

「光藤佐展 自天降福千萬年」 7日目-2

光藤 佐 展 自天降福千萬年」(~7/1迄)の7日目-2。

遊びをせむとや生まれけむ、戯れせむとや生まれけむ、遊ぶ子供の声聞けば、我が身さへこそゆるがるれ

d0087761_12192890.jpg


d0087761_12193641.jpg



光藤 佐 展 自天降福千萬年(じてんこうふくせんまんねん)
2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

d0087761_15334689.jpgd0087761_1534062.jpg


光藤佐プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2018年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


# by sora_hikari | 2018-06-29 23:58 | 光藤佐展2018

「光藤佐展 自天降福千萬年」 7日目-1

光藤 佐 展 自天降福千萬年」(~7/1迄)の7日目-1。

瑠璃釉の器。失透させた深みのある藍色です。古代ローマのガラスを意識しています。

d0087761_913591.jpg


d0087761_914283.jpg


d0087761_914925.jpg


d0087761_9157100.jpg


d0087761_92460.jpg


d0087761_921079.jpg


d0087761_921727.jpg


d0087761_922547.jpg



光藤 佐 展 自天降福千萬年(じてんこうふくせんまんねん)
2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

d0087761_15334689.jpgd0087761_1534062.jpg


光藤佐プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2018年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


# by sora_hikari | 2018-06-29 09:03 | 光藤佐展2018

「光藤佐展 自天降福千萬年」 6日目-2

光藤 佐 展 自天降福千萬年」(~7/1迄)の6日目-2。

元々、光藤さんの白磁や黒釉の端整な器に魅かれてきましたが、昨今は加飾した器に仕事が広がっています。横に広がる楽しさもありますが、愚直に奥行を求める器も、また良いものです。

d0087761_17292065.jpg


d0087761_17292981.jpg


d0087761_17293645.jpg


d0087761_17294366.jpg


d0087761_17295263.jpg


d0087761_173026.jpg


d0087761_173098.jpg


d0087761_17302147.jpg


d0087761_17302899.jpg


d0087761_17304160.jpg


d0087761_17304823.jpg


d0087761_17305626.jpg


d0087761_2025052.jpg


d0087761_2025764.jpg


d0087761_20251486.jpg



光藤 佐 展 自天降福千萬年(じてんこうふくせんまんねん)
2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

d0087761_15334689.jpgd0087761_1534062.jpg


光藤佐プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2018年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


# by sora_hikari | 2018-06-28 20:27 | 光藤佐展2018