「豊増一雄展 哀愁の青瓷 6日目

豊増一雄展 哀愁の青瓷」の6日目。

今回は青瓷や白瓷の器を中心に紹介していますが、やはり豊増さんのお仕事の基本にあるのは薪窯で焼かれた染付です。素焼きをせずに釉薬を生掛けしたとろりと柔らかな染付は、まだ磁器生産が完成しきっていない江戸初期のいわゆる「初期伊万里」という作風に通じています。濁りや掠れを受け入れた余白のある藍色の絵柄が閑寂の思いを誘います。

豊増さんのこの器づくりの根幹にあるのは、京都時代の訓練校での修練、そして江戸後期から続く八世・高橋道八の窯元での修行です。さらにこの軽妙かつ風雅な絵筆の秘密は中国杭州市にある中国絵画と書道の名門・中国美術学院の留学経験にあります。在学中は国画系の工筆花鳥画を学んだという骨格のある技術に裏付けられています。

雅趣に富む豊増さんの染付。その勘所は描き過ぎずに感じさせることにあるでしょう。

「豊増一雄展 哀愁の青瓷 6日目_d0087761_18213386.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷 6日目_d0087761_18213398.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷 6日目_d0087761_18213377.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷 6日目_d0087761_18213458.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷 6日目_d0087761_18213438.jpg

【豊増一雄展オンラインストア】6/13まで開催中です。

豊増一雄展 哀愁の青瓷

202165日(土)~13日(日) 

営業時間 11時~18時 

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


プロフィール

1963年 中国上海市生まれ

1990年 京都府立陶工訓練校 修了

1990年 八世高橋道八に師事

1993年 佐賀県有田町に戻り作陶

1994年 同地にて陶房七〇八を開窯

2021年 現在、佐賀県有田町にて作陶


「豊増一雄展 哀愁の青瓷 6日目_d0087761_18061110.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷 6日目_d0087761_18061189.jpg




# by sora_hikari | 2021-06-10 18:35 | 豊増一雄展2021

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」5日目-2

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」5日目-2_d0087761_18370151.jpg

豊増一雄展 哀愁の青瓷」の5日目-2。 

豊増一雄展のオンライン販売を開始しました。本日6/9から6/13 23時までご利用頂けます。またオンラインに掲載していない作品もございますので、引き続き店頭の展示もご覧ください。

写真は白瓷耄耋紋猪口。耄耋(もうてつ)は長寿を表す中国の言葉。難しい漢字ですが、耄(もう)は七十、耋(てつ)は八十を表し、また発音が猫=耄(もう)、蝶=耋(てつ)と同じことから、猫と蝶を描いた中国絵画は長寿の吉祥のモチーフです。この白瓷の猪口にも猫と蝶の陽刻紋が描かれています。

豊増一雄展 哀愁の青瓷

202165日(土)~13日(日) 

営業時間 11時~18時 

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


プロフィール

1963年 中国上海市生まれ

1990年 京都府立陶工訓練校 修了

1990年 八世高橋道八に師事

1993年 佐賀県有田町に戻り作陶

1994年 同地にて陶房七〇八を開窯

2021年 現在、佐賀県有田町にて作陶


「豊増一雄展 哀愁の青瓷」5日目-2_d0087761_18061110.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」5日目-2_d0087761_18061189.jpg




# by sora_hikari | 2021-06-09 20:00 | 豊増一雄展2021

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」5日目

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」5日目_d0087761_10370079.jpg

豊増一雄展 哀愁の青瓷」の5日目。 

豊増一雄展のオンライン販売のプレビューを公開しました。本日6/9 20時よりご利用頂けます。お時間がございましたらどうぞご覧ください。
写真は紫砂青瓷小服茶盌。唐津で見つけた紫砂土を使った青瓷。磁器土とは異なり、赤みを帯びた胎土が温かみを感じさせます。

豊増一雄展 哀愁の青瓷

202165日(土)~13日(日) 

営業時間 11時~18時 

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


プロフィール

1963年 中国上海市生まれ

1990年 京都府立陶工訓練校 修了

1990年 八世高橋道八に師事

1993年 佐賀県有田町に戻り作陶

1994年 同地にて陶房七〇八を開窯

2021年 現在、佐賀県有田町にて作陶


「豊増一雄展 哀愁の青瓷」5日目_d0087761_18061110.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」5日目_d0087761_18061189.jpg




# by sora_hikari | 2021-06-09 10:45 | 豊増一雄展2021

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」4日目

豊増一雄展 哀愁の青瓷」の4日目。 

青瓷刻花紋の鶴首。わずかに首が傾斜し、描かれた文様はくすんで判別できません。見えるようで見えない。見えないけれど感じる絵柄。なんとも感傷的な豊増的青瓷エレジー。もう一方は仏教美術的蓮弁紋の鶴首。霞がかった青瓷の陰影が情緒深く。

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」4日目_d0087761_22395201.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」4日目_d0087761_22131679.jpg

豊増一雄展 哀愁の青瓷

202165日(土)~13日(日) 

営業時間 11時~18時 

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


プロフィール

1963年 中国上海市生まれ

1990年 京都府立陶工訓練校 修了

1990年 八世高橋道八に師事

1993年 佐賀県有田町に戻り作陶

1994年 同地にて陶房七〇八を開窯

2021年 現在、佐賀県有田町にて作陶


「豊増一雄展 哀愁の青瓷」4日目_d0087761_18061110.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」4日目_d0087761_18061189.jpg




# by sora_hikari | 2021-06-08 22:48 | 豊増一雄展2021

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」3日目

豊増一雄展 哀愁の青瓷」の3日目。

定窯白磁のような酸化焔による柔らかな牙白色に刻花蓮弁紋の七寸鉢です。実際の定窯は薄造りゆえに焼成時の反りを避けるために伏せ焼きしていましたが、豊増さんのこれは薪窯の熱を受けて口縁が大きく歪んでいます。峻厳な仕上がりを求めたであろう北宋の宮廷にこの鉢を献上したならば、斬首も覚悟せねばならなかったかもしれませんが、一方での日本の焼き物の不完全性を受け入れる美意識にあっては、作者の意図が抜けた無為自然な姿として認められるでしょう。敢えて白磁に生掛けし、匣鉢に入れずに薪窯で焼く。この鉢の揺らぎは豊増さんの狙うところなのです。

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」3日目_d0087761_19092615.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」3日目_d0087761_19092659.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」3日目_d0087761_19092780.jpg

豊増一雄展 哀愁の青瓷

202165日(土)~13日(日) 

営業時間 11時~18時 

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


プロフィール

1963年 中国上海市生まれ

1990年 京都府立陶工訓練校 修了

1990年 八世高橋道八に師事

1993年 佐賀県有田町に戻り作陶

1994年 同地にて陶房七〇八を開窯

2021年 現在、佐賀県有田町にて作陶


「豊増一雄展 哀愁の青瓷」3日目_d0087761_18061110.jpg

「豊増一雄展 哀愁の青瓷」3日目_d0087761_18061189.jpg





# by sora_hikari | 2021-06-07 19:14 | 豊増一雄展2021