「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-4

東 亨 展 ペルーへの手紙」の7日目-4。

緑青の小品。武具の残欠のような片、極小の壷、古代装身具の環。小さなサイズの作品が大型作品と併せて並ぶことで、会場全体が引き締まります。

会期は残すところあと2日。1/19(日曜)の17時で終了します。明日の天気が心配ですが、作品はまだ十分ご覧いただけますので、どうぞこの週末にお出掛けください。

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-4_d0087761_22512253.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-4_d0087761_2251296.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-4_d0087761_22513787.jpg


東 亨 展 ペルーへの手紙
2020年1月11日(土)~19日(日)
営業時間 11時~18時 
最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1988年   三重県生まれ
2011年   大阪芸術大学金属工芸コース修了
2011~14年 同大学にて助手
2015年~  社会福祉法人に勤務
2020年   現在、大阪府堺市在住

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-4_d0087761_1194225.jpg「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-4_d0087761_1195662.jpg


# by sora_hikari | 2020-01-17 20:21 | 東亨2020

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-3

東 亨 展 ペルーへの手紙」の7日目-3。

松葉や水引のような緑青の束。金属の線を束ねる、結ぶという作業で止めている点が面白いと思います。清らかな日本的な美的意識と言いますか、やり過ぎずにまとめている仕事です。

廃材を使った「てっかり」、古代ペール遺物を具象化した「carta」に加えて、これらのワイヤーワークを見ると、東さんの金属に対する多様な造形感覚を知らされます。これも線状の金属の特性にアフォードされた作品と言えるでしょう。

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-3_d0087761_22485519.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-3_d0087761_2249248.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-3_d0087761_2249980.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-3_d0087761_22491741.jpg


東 亨 展 ペルーへの手紙
2020年1月11日(土)~19日(日)
営業時間 11時~18時 
最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1988年   三重県生まれ
2011年   大阪芸術大学金属工芸コース修了
2011~14年 同大学にて助手
2015年~  社会福祉法人に勤務
2020年   現在、大阪府堺市在住

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-3_d0087761_1194225.jpg「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-3_d0087761_1195662.jpg


# by sora_hikari | 2020-01-17 17:21 | 東亨2020

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-2

東 亨 展 ペルーへの手紙」の7日目-2。

乱雑に編まれ、湾曲した緑青のかご。細い銅線で編まれたスカスカの蕪の形。消え入りそうな儚さ。何も入らず、しかし何かを包んでいる。在るようで無い、無いようで在る。空即是色。観念的な問い掛けも面白いです。

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-2_d0087761_1483729.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-2_d0087761_1484570.jpg


東 亨 展 ペルーへの手紙
2020年1月11日(土)~19日(日)
営業時間 11時~18時 
最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1988年   三重県生まれ
2011年   大阪芸術大学金属工芸コース修了
2011~14年 同大学にて助手
2015年~  社会福祉法人に勤務
2020年   現在、大阪府堺市在住

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-2_d0087761_1194225.jpg「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目-2_d0087761_1195662.jpg


# by sora_hikari | 2020-01-17 14:36 | 東亨2020

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目

東 亨 展 ペルーへの手紙」の7日目が始まりました。

本日はワイヤーワークを4回に分けてご紹介します。

緑青の輪で構成された作品。空間を包み込んだ彫刻とでも言えばいいでしょうか。それぞれの輪がずれながら繋がる位相が美しいです。

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目_d0087761_2245647.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目_d0087761_22451336.jpg


東 亨 展 ペルーへの手紙
2020年1月11日(土)~19日(日)
営業時間 11時~18時 
最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1988年   三重県生まれ
2011年   大阪芸術大学金属工芸コース修了
2011~14年 同大学にて助手
2015年~  社会福祉法人に勤務
2020年   現在、大阪府堺市在住

「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目_d0087761_1194225.jpg「東 亨 展 ペルーへの手紙」7日目_d0087761_1195662.jpg


# by sora_hikari | 2020-01-17 11:38 | 東亨2020

「東 亨 展 ペルーへの手紙」6日目-3

東 亨 展 ペルーへの手紙」の6日目が終了しました。

「てっかり」第三弾。

東さんの前回の個展(2018)のタイトルは「金属のアフォーダンス」でした。自ら計画的に意図した形を作るのではなくて、金属という素材から導かれるように造形するという東さんなりのアプローチを表現しました。

ひと頃デザイン業界で流行った「アフォーダンス」とは、「人と物との関係性」を逆側から捉えて、モノが人に行為を促すように、より自然なユーザーインタフェースをデザインする言葉として引用されることが多くありました。

東さんの場合は、素材そのものから触発されるという意味が強くあります。例えば、陶芸家が原土を山から掘ってきて、その材料に触発されて造形し、焼成する行為に近いと言います。多くの金属造形は、既製の素材(金属板など)を使って意図したものに加工していきますが、東さんは廃材を見つける(出会う)ことから始まり、その素材に触発されることで、形造っていくというプロセスを踏みます。最初に意図した形がないこと、作家側が決めた形ではないことが、つまり「金属のアフォーダンス」という言葉になったのでした。

さて、今回紹介する作品。これは古い廃材ではなく、ごく最近、役割の終わった(会社でいらなくなって廃棄されそうだった)ものを材料にしています。元は知的な道具、、、。1枚目の写真左下をよく見るとヒントになる「リンゴマーク」に気づくはずです。普段は手に入らない高級食材を調理するごとく、嬉々として素材にアフォード(与えられる)された感じが伝わってきます。まさか第二の人生がこうなるとは思っていなかったでしょう。

「東 亨 展 ペルーへの手紙」6日目-3_d0087761_16572495.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」6日目-3_d0087761_16573444.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」6日目-3_d0087761_16574236.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」6日目-3_d0087761_16575222.jpg


「東 亨 展 ペルーへの手紙」6日目-3_d0087761_1658146.jpg


東 亨 展 ペルーへの手紙
2020年1月11日(土)~19日(日)
営業時間 11時~18時 
最終日は17時まで
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1988年   三重県生まれ
2011年   大阪芸術大学金属工芸コース修了
2011~14年 同大学にて助手
2015年~  社会福祉法人に勤務
2020年   現在、大阪府堺市在住

「東 亨 展 ペルーへの手紙」6日目-3_d0087761_1194225.jpg「東 亨 展 ペルーへの手紙」6日目-3_d0087761_1195662.jpg


# by sora_hikari | 2020-01-16 18:30 | 東亨2020