「森岡成好展 南の島土」開催のご案内

d0087761_1247811.jpg

12月7日(土)から15日(日)に開催する「森岡成好展 南の島土」のご案内です。初日は森岡さんを囲んで午後過ぎより泡盛と簡単な料理を用意します。初めての方もどうぞご参加ください。

高野山の麓、和歌山県下天野に暮らす森岡成好さん。従来の展示会では地元周辺で掘った原土による焼き締めが中心でしたが、今回は森岡さんの念願であった沖縄諸島を中心とする南の島土のみを使った焼き物が並びます。若い頃から沖縄には頻繁に通い、2010年には石垣島に築窯したこともありますから第二の制作拠点とも言えるでしょう。

南洋の島々の土は、採取地ごとの地質的な個性が魅力的です。また東南アジアから渡来した南蛮ものに発する「南蛮焼締め」に拘ってきた森岡さんにとってはご自身の原点を探る思いがあるでしょう。森岡さんが若かりし頃は、日本六古窯を始めとする焼き物に取り組むには産地の約束事が多かったそうですが、それに対して南蛮焼締めは、南全般(中国南部、南洋諸島、呂宋、安南、沖縄諸島)と幅が広くその定義が曖昧なため、自分の解釈で取り組める自由さを選んだ側面もあるようです。

以前、森岡さんにとって理想とする作家像を尋ねたところ、返ってきたのは「昔旅したバリ島にいた上半身裸でろくろをひく九十歳のおばあちゃん」との事でした。土ぼこりの舞う生活が染み付いた仕事場。何にもとらわれずに無心で作る姿。大作家名をあげるのではなく、森岡さんらしい答えだと思ったのでした。南の島には、そういう暮らしと一体になった思いも含まれているのです。

しかし実際の製作に於いては、普段使い慣れた土でなく、未知の土も多いですから、焼成テストを重ねてそれぞれの土の特性を掴まなければならず、自ずと難易度も高かったはずです。この文章を書いている時点で、あと一回大窯を焚く準備を進めているそうです。南の島土と一言でいっても、土地ごとに多様な表情が生まれます。70歳を超えても尚、新しく取り組まれる姿勢に頭が下がります。

さて12月の寒い季節ではありますが、青い海に囲まれた南の島土の焼き物はどんな仕上がりになるでしょう。今から楽しみでなりません。どうぞ皆様のご来店をお待ちしております。店主

略歴
1948年 奈良県生まれ
1973年 和歌山県天野に築窯
2010年 石垣島に築窯
2019年 現在、和歌山県かつらぎ町にて制作

森岡成好展 南の島土
The Clay of South Sea Islands
2019年12月7日(土)-15(日)会期中無休
作家在廊日 12月7日(土)・8日(日)
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

d0087761_12553143.jpg



# by sora_hikari | 2019-12-03 12:56 | 森岡成好展2019

「スナ・フジタ展」入店予約のご案内

d0087761_1323881.jpg

12/7(土)から始まる森岡成好展と前後しますが、12/21(土)~24(日)に開催する「スナ・フジタ展」の入店に関するお知らせです。

前回の混雑状況を踏まえ、今回は初日・二日目を完全予約制にさせて頂きます。お客様にはご面倒をおかけしますが、スムーズにご覧頂くためにご理解をお願い致します。店主

■12月21日(土曜)・22日(日曜)の入店は完全予約制となります。各時間帯につき7名様づつ入店できます。お申込みは全てメールによる抽選となります。電話受付はしておりません。

日にち:12月21日(土) ・22日(日)

時間帯:
1)11:00~12:00
2)12:30~13:30
3)14:00~15:00
4)15:30~16:30
5)17:00~18:00

※12月23日(月曜)、24日(火曜)はフリーでご入店頂けます。どのような作品が残っているかは前日にネット上でお知らせします。

■作品の購入は、おひとり様3点までとさせて頂きます。
※3点の内、人気の「蓋もの」は1点のみ。お連れ様の購入はお請けしません。

■購入作品は全て会期終了後のお届けとなります。
全ての作品をご来店の方に見て頂けるように、ご購入品は会期終了後のお届けとさせて頂きます。
※配送費を一律800円頂戴いたします。海外発送不可となります。

■12月21日、22日の入店お申込み方法
表題に「スナフジタ展入店希望」と書き、
1)お名前
2)ご住所
3)返信メールアドレス(必ずパソコンメールを受付けるアドレス)
4)当日の携帯電話の連絡先
5)来られない時間帯や日にちがあれば、あらかじめお申し出ください。特に無ければ両日可とご記載ください。

以上をご記載の上メールにてお申込みください。

宛先:utsuwanote@gmail.com

■その他
※応募は先着順ではなく、抽選となります。
※応募締め切り日 12月9日(月)まで。抽選結果は12月10日~13日の間にメールにてご連絡します。
※応募はおひとり様一回のみ。入店時にご本人確認をさせ頂く場合がございます。当日来店出来ない場合はキャンセルとなります。
※ご応募頂きました方には受理した旨のメールを返信します。もし届かない場合はメールが受理されておりませんので、別アドレスで再送してください。

以上

# by sora_hikari | 2019-12-02 10:52 | スナフジタ展2019

「タナカシゲオ展 明日香の里から」ありがとうございました

d0087761_11583374.jpg

タナカシゲオ展 明日香の里から」は本日終了しました。

写真は棚田の中にぽつんとある窯場に向かうタナカシゲオさんの後ろ姿。「思えば遠くへ来たもんだ」。紆余曲折を経てこの地に根を下ろし、今ここにいる。何故かそんな思いが湧いてくるのでした。

しみじみと味わい深い展示会だったと思います。ご来店下さいました皆様に心より御礼申し上げます。お持ち帰り下さいましたタナカさんの器が、末永くお暮しの共になりますことを願っております。


これからの営業案内

うつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)
12/02(月)~12/06(金) 搬出・設営休み
12/07(土)~12/15(日) 森岡成好展
12/16(月)~12/20(金) 搬出・設営休み
12/21(土)~12/24(火) スナ・フジタ展
12/25(水)~01/10(金) 年末年始休

営業カレンダー

# by sora_hikari | 2019-12-01 18:19 | タナカシゲオ展

「タナカシゲオ展 明日香の里から」8日目-2

タナカシゲオ展 明日香の里から」はあと1日。明日12月1日17時で終了しますが、まだまだ見応え十分です。

写真はタナカさんの暮らす奈良県明日香村のご自宅と窯場の様子です。150坪の敷地に母屋、蔵などが建ち、そこを住居・工房・展示室に分けて使っています。建物は築280年と言いますから江戸中期頃、徳川8代将軍吉宗の時代です。村の歴史はもっと古く飛鳥時代の史跡が残る奥明日香の集落にある一軒です。

元々は京都生まれですから、この地は自ら選んで2007年に移住した土地です。陶芸を志す起点には李朝や桃山の骨董があったそうですから、暮らし方そのものを遡行して当時の器に近づく思いが根底にあるのでしょう。本来、古い器が作られた時点では、その時代なりの合理性があり無理がなかったはずです。それを再現する為に恣意的に演出する方法もあれば、そこに立ち返って作為を除こうとする方法もあるでしょう。タナカさんの器に魅力を感じるには、外形だけでなく、この点に共感できるかが肝ではないでしょうか。

いまだ炊事場は竈(かまど)が現役です。ご飯を炊く火の番はタナカさんがやることが多いそうです。竈焚きをするわりに、ごはんの焦げがあまり好きでないらしく、そのために薪ではなく藁(わら)を燃やして丁寧に炊くそうです。そうすると薪の直火に比べ、藁(わら)の火は、ゆらゆらと鍋の底を巻き込むように回り、とてもふっくらした美味しいごはんが炊けるそうです。ごくり。焼き物造りとは直接関係しないにしても、日頃の生活の関わり方が仕事とも繋がっているのだろうと、妙に説得力を感じたのでした。

d0087761_14562446.jpg


d0087761_14563131.jpg


d0087761_14563883.jpg


d0087761_14564590.jpg


d0087761_14565217.jpg


d0087761_14565793.jpg


d0087761_1457432.jpg


d0087761_14571076.jpg


タナカシゲオ展 明日香の里から
2019年11月23日(土)~12月1日(日)
営業時間 11時―18時
最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

略歴
1963年 京都 生まれ
2003年 京都 川口美術にて初個展
2007年 奈良県明日香村の古民家に移住
2011年 穴窯を築窯
2016年 倒炎式薪窯を築窯
2019年 現在、奈良県明日香村にて製作

d0087761_18255563.jpgd0087761_1826632.jpg


# by sora_hikari | 2019-11-30 18:24 | タナカシゲオ展

「タナカシゲオ展 明日香の里から」8日目

タナカシゲオ展 明日香の里から」の8日目。気持ちの良いスタートです。

土の中に入っていた天然の呉須で描いた青花秋草文花入。孔雀石を施した白磁茜象嵌扁壺。そして白磁立壺と土器経筒。手練れの仕事が伝わる品々です。

d0087761_10535265.jpg


d0087761_10535872.jpg


d0087761_1054498.jpg


d0087761_10541098.jpg


タナカシゲオ展 明日香の里から
2019年11月23日(土)~12月1日(日)
営業時間 11時―18時
最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

略歴
1963年 京都 生まれ
2003年 京都 川口美術にて初個展
2007年 奈良県明日香村の古民家に移住
2011年 穴窯を築窯
2016年 倒炎式薪窯を築窯
2019年 現在、奈良県明日香村にて製作

d0087761_18255563.jpgd0087761_1826632.jpg


# by sora_hikari | 2019-11-30 11:02 | タナカシゲオ展