「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より

9月24日(土)から始まる「松本郁美展  西方見聞録 」の出品物のご紹介です。

灰釉色絵茶壷。胴径71・高さ87・100cc。

ざっくりした土味の茶壷に描かれた異国人の騎馬像。ペルシャかモンゴルの戦士、あるいは行商人。馬よりも山羊のように見え、人とのバランスが可愛いです。色絵ですが、粗めのリネンに刺繍したような印象です。中国茶や上級煎茶向きサイズで温かみのある後ろ手急須です。

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_14291233.jpg

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_14291562.jpg

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_14291838.jpg

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_14292105.jpg


松本郁美展  西方見聞録  
2022年9月24日(土)~10月2日(日) 会期中無休
作家在廊日 9月24日・25日
営業時間 11:00~18:00  最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6
utsuwanote@gmail.com

略歴
1978年 静岡県生まれ
2001年 成安造形大学環境デザイン科卒業
2009年 京都府立陶工高等技術専門校卒業
2012年 京都市産業技術研究所釉薬実務修了
2017年 景徳鎮陶瓷大学にてレジデンス
2018年 滋賀県甲賀市に築窯
2022年 現在同地にて制作

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_10543371.jpg「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_10543969.jpg



# by sora_hikari | 2022-09-20 18:00 | 松本郁美展

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より

9月24日(土)から始まる「松本郁美展  西方見聞録 」の出品物のご紹介です。

ペルシャ人物文灰釉掻き落し六角茶壷。胴径88・高さ110・200cc。

異国情緒のある後ろ手のポットです。灰釉ベースの柔らかな生成り色。六面それぞれに、飾り枠の中にペルシャ風の人物が描かれおり、ひとつづつ物語を見るようです。中国よりも古くから焼き物の発祥地である中東をテーマに取り組むうつわ作家さんは意外に少ないように思いますが、松本さんが描く世界は日本から中国、そして中東へと繋がる文化の流れを感じます。日本のお茶もいいですが、ペルシャ気分を味わうために、デーツを添えてハーブティーも良さそうなポットです。


「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_17263020.jpg

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_17263231.jpg

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_17263489.jpg

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_17263756.jpg

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_17263947.jpg

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_17264170.jpg

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_17264350.jpg

松本郁美展  西方見聞録  
2022年9月24日(土)~10月2日(日) 会期中無休
作家在廊日 9月24日・25日
営業時間 11:00~18:00  最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6
utsuwanote@gmail.com

略歴
1978年 静岡県生まれ
2001年 成安造形大学環境デザイン科卒業
2009年 京都府立陶工高等技術専門校卒業
2012年 京都市産業技術研究所釉薬実務修了
2017年 景徳鎮陶瓷大学にてレジデンス
2018年 滋賀県甲賀市に築窯
2022年 現在同地にて制作

「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_10543371.jpg「松本郁美展  西方見聞録 」9/24(土)より_d0087761_10543969.jpg



# by sora_hikari | 2022-09-19 17:53 | 松本郁美展

「松本郁美展  西方見聞録 」開催のお知らせ

「松本郁美展  西方見聞録 」開催のお知らせ_d0087761_10543371.jpg


「松本郁美展  西方見聞録 」開催のお知らせ_d0087761_10543969.jpg


9月24日(土)から10月2日(日)まで開催する「松本郁美展  西方見聞録 」のお知らせです。

胸に手を当て遠くを見つめ馬に跨る女性。何を思い、どこへ向かおうとしているのでしょう。唐代の美女と思しき顔立ちの騎馬陶俑。詩情溢れる異国の風景が浮かびます。滋賀県甲賀市の松本郁美さんによるものです。

中国の古い陶磁器、それも掻き落とした鉄絵で知られる宋代の磁州窯に憧れると聞きました。同時代の峻厳とした定窯に比べて、民窯らしい柔らかな磁州窯は、なるほど松本さんの作風に繋がるのだと納得します。見ての通り中国を始めとする異国情緒のある絵柄に、柔らかな白が特徴的です。しかし忠実に中国の古典を追うのではなく、中国からペルシャまでのオリエンタリズム、阿蘭陀のデルフトや南仏の民陶、東洋趣味のシノワズリも織り交ぜ、松本さんが現代の暮らしに合わせて昇華させた独自の世界です。

日頃「かわいい」と作品を評されることも多い中、弊店ではやや渋めの作風に絞ってご覧頂こうと思います。日本から中国、ペルシャ、欧州へとシルクロードを辿るように西方に向かって時代と様式が混在する今、馬上の彼女は、これからをみつめる松本さんの自刻像にも思えてくるのです。店主

松本郁美展  西方見聞録  
2022年9月24日(土)~10月2日(日) 会期中無休
作家在廊日 9月24日・25日
営業時間 11:00~18:00  最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6
utsuwanote@gmail.com

略歴
1978年 静岡県生まれ
2001年 成安造形大学環境デザイン科卒業
2009年 京都府立陶工高等技術専門校卒業
2012年 京都市産業技術研究所釉薬実務修了
2017年 景徳鎮陶瓷大学にてレジデンス
2018年 滋賀県甲賀市に築窯
2022年 現在同地にて制作

写真
(表面)
加彩騎馬女陶俑 幅18・奥行6.5・高さ22cm
(宛名面)
ペルシャ人物文鳥首水注 高さ26・胴径14cm
人文掻落六角茶壷 高さ11・胴径8cm
掻落六角茶壷 高さ11・胴径8cm
灰釉色絵茶壷 高さ8・胴径7.5cm


# by sora_hikari | 2022-09-17 18:00 | 松本郁美展

「董全斌展 変化-茶的天意」開催のお知らせ

緊急連絡です。
ドン展の会期を2023年2月18日(土)~26日(日)に延期します。
それに伴いお茶会を一旦キャンセルし、あらためて来年2月に同様のお茶会を開催する予定です。(お茶人のご都合により内容が変わる場合があります。

理由は、関係者がコロナにより濃厚接触者になってしまったためです。開催できないかギリギリまで迷いましたが、飲食を伴う展示会であり、ご来店の皆様やお茶人を巻き込む訳にはいかないため、ここは断腸の思いで会期を来年に延期しようと思います。

来年2月の予定が決まりましたら、あらためてご連絡いたします。ご期待下さいました皆様、この度は不測の事態となり、心よりお詫び申し上げます。

うつわノート店主 松本武明
「董全斌展 変化-茶的天意」開催のお知らせ_d0087761_03100330.jpg

「董全斌展 変化-茶的天意」開催のお知らせ_d0087761_03101044.jpg
画像の拡大


董全斌展 変化-茶的天意  
The Exhibition of Dong Quanbin
2022年9月10日(土)~18日(日)来年2月に延期になりました。
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

董全斌 経歴
1979年生まれ。 中国河北省張家口市宣化県。
河北師範大学美術デザイン学科卒業。卒業後、北京にデザインカルチャーコミュニケーション会社を設立。
10年後、景徳鎮にて陶芸を始める。現在、景徳鎮にて制作活動。


# by sora_hikari | 2022-08-22 18:00 | 董全斌展

2022年9月-12月 展示会予定

2022年9月-12月 展示会予定_d0087761_15204694.jpg

2022年9月-12月の展示会スケジュールを公開しました。今後変更になる場合もございますので、各展示会直前のアナウンスをご確認ください。
営業カレンダー
http://utsuwa-note.com/info.html#calender

9月10日(土)-9月18日(日) 董全斌展 Dong Quanbin(急須、茶杯、素描)
9月24日(土)-10月2日(日) 松本郁美展(陶磁)
10月8日(土)-10月16日(日) 吉田佳道展(竹工)
10月22日(土)-10月30日(日) 若林幸恵展(漆工)
11月5日(土)-11月13日(日) 田淵太郎展(磁)
11月19日(土)-11月27日(日) 森口信一(木工)+五人(小原ゆかり(金工)、柿野茜(硝子)、日渓美佐江(金工)、橋爪香代(陶磁)、藤田毅(陶磁))
12月3日(土)-12月11日(日) 森岡成好展(陶磁)
12月17日(土)-12月25日(日) 伊藤雅風展(急須)

※外部企画
北京・四時season 「茶碗」(仮称)
11月19日(土)-11月25日(金)
安永頼山(唐津)、大前悟(淡路島)、内村慎太郎(福岡)、大平新五(信楽)、古谷宣幸(信楽)、石黒剛一郎(多治見)、橋本知成(信楽)、若杉聖子(三田)、小原ゆかり(大阪)

# by sora_hikari | 2022-08-16 15:54 | おしらせ