「祈りのミニアチュール 九谷五人展」開催のお知らせ

「祈りのミニアチュール 九谷五人展」開催のお知らせ_d0087761_23315791.jpg

「祈りのミニアチュール 九谷五人展」開催のお知らせ_d0087761_23320187.jpg

「祈りのミニアチュール 九谷五人展」開催のお知らせ_d0087761_23320435.jpg

「祈りのミニアチュール 九谷五人展」開催のお知らせ_d0087761_23320854.jpg

「祈りのミニアチュール 九谷五人展」開催のお知らせ_d0087761_23321021.jpg

12月4日(土)から12日(日)まで開催する「祈りのミニアチュール 九谷五人展」のお知らせです。

祈りのミニアチュール 九谷五人展
澤谷由子・西野美香・木戸優紀子・早助千晴・架谷庸子
2021年12月4日(土)~12日(日)
*12/4初日の入店は予約制となります。現在15時以降でしたらご予約を承ります。申込方法は11/23の投稿記事をご覧下さい。
11時~18時 最終日は17時迄
作家在廊日 
12/4(澤谷・西野・早助) 
12/11・12(木戸 ※絵付け実演)
ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

ミニアチュールとは、中世ヨーロッパの聖書や祈祷本の緻密な描法の絵画やイスラム圏の装飾的な細密画のことです。その語源は写本の表題を赤く彩色する際に使われた鉛丹(minium:ラテン語)に由来しますが、やがて「最小(minimum:ラテン語)」「小型の(mignon:仏・英語)」という言葉と結びつき小型の細密画を総称するようになりました。その多くは宗教的モチーフに基づいており、細密に描くこと自体が神に近づくための祈りにも似た行為だったように思われます。

今回、石川県金沢市、能美市、かほく市で制作する5名の女性作家に企画展をお願いしました。装飾的な工芸を生み出してきた九谷焼に根差し、またその影響を受けた作風の方たちです。九谷焼は緻密な絵付けや絢爛な彩りの工芸品として知られていますが、近年はより洗練された細描の絵付けを施す若い作家が増え人気を博しています。今展に参加する5名は、上絵付け、染付、イッチンなど技法は異なりますが、いずれも目を凝らす細描を特徴としており、一目でその幻想的な世界に引き込まれることでしょう。

これらの装飾は誰が見ても視覚的に説得力があり、その緻密な世界に心打たれます。今の技術もってすればミクロン単位の絵を転写することは可能な訳ですが、しかしこれが手作業であるという事実によって機械では得られない手の感触や質感があり、表層の視覚を超えた深い感情に揺り動かされるのです。それはきっと細密な絵付けのひと筆ひと筆を描く彼女たちの姿を思い浮かべる時、敬虔な祈りにも似た神聖な儀式と重なるからではないでしょうか。

元来、工芸の歴史は飾ることの発露であった訳で人が限界を超えて神に見初められるための畏敬の行為でもあったのでしょう。今展では澤谷由子氏・西野美香氏・木戸優紀子氏・早助千晴氏・架谷庸子氏それぞれの心を込めた作品と共に、12月のギフトシーズンに合わせて森岡希世子氏が生地を挽いた白磁のデミタスカップに各人が絵付けした特別作品も合わせて展示します。今、九谷に芽生えた祈りのミニアチュールの世界をどうぞこの機会にご堪能頂ければと思います。店主

澤谷由子/YUKO SAWAYA 
秋田県横手市出身
2012年 岩手大学教育学部芸術文化課程造形コース 卒業
2014年 上越教育大学大学院学校教育研究科(美術) 修了
2017年 金沢卯辰山工芸工房 修了
2021年 現在、石川県能美市にて制作
写真:LACE(壁掛け飾り) 径11.2・高さ2.6cm

西野美香/MIKA NISHINO 
石川県羽咋市出身
2006年 金城大学短期大学部 美術学科デザインコース卒業
2014年 石川県立九谷焼技術研修所研究科卒業
2014年 九谷焼卸問屋に入社 絵付けに従事
2021年 現在、石川県能美市で制作
写真:色絵金彩蓋物「寒月」 径12・高さ7cm

木戸優紀子/YUKIKO KIDO
石川県金沢市出身
2001年 創作家 能川富美子氏に師事
2005年 金城大学短期大学部美術学科日本画専攻卒業
2005年 「妙泉陶房」山本長左氏に師事 
2021年 現在、石川県金沢市にて制作
写真:白粒染付優細描大皿「花鳥」 径30・高さ5.7cm

早助千晴/CHIHARU HAYASUKE 
兵庫県西宮市出身
2013年 同志社大学神学部神学科卒業
2018年 京都伝統工芸大学校陶芸科卒業
2018年 九谷焼 中村陶志人氏に師事
2021年 現在、石川県能美市にて制作
写真:玉盃 月の舟 径12・高さ7cm

架谷庸子/YOUKO HASATANI 
石川県かほく市出身
2007年 石川県立九谷焼技術研修所卒業
2007年 福島武山氏に師事
2018年 伝統工芸士認定
2021年 現在、石川県かほく市にて制作
写真:赤絵やま小紋ぐいのみ 径7・高さ4cm

「祈りのミニアチュール 九谷五人展」開催のお知らせ_d0087761_23321349.jpg


# by sora_hikari | 2021-11-29 09:00 | 九谷5人展

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました

大平新五展 古今一如」は本日終了しました。会期中ご来店くださいました方、オンラインストアを通してお選び頂きました方、皆様に心よりお礼申し上げます。秋晴れにも恵まれ、庭木の紅葉と共に大平新五さんの古今一如の世界をお伝えして参りました。お愉しみ頂けたようであれば幸いです。オンラインストアの方は本日(11/28)の23時まで受け付けておりますので気になるものがあれば、どうぞご利用ください。

10月から11月にかけてタナカシゲオさん、石黒剛一郎さん、そして今回の大平新五さんの展示会を通して、それぞれの視点で古典に取り組むお仕事をご紹介してきました。先人達の眼で培われてきた古典の美を現代にどのように継承していくのか、そのアプローチは作り手ごとに様々です。暮らしそのものから作った当時の意識に近づけようとする作家、クラフトと美術工芸の領域を融合させようとする作家、あるいは骨董も現代のものも区別なく、その風合いを一貫させようとする作家。古典への目の向け方は、その再現に留まることなく常に現代の価値観に置き換えられて更新されています。これこそ伝統の静脈瘤に再び血流を循環させる秘訣のように思います。今の時代のように一時の流行に準じた劣化コピーとは異なり、その原点を踏まえたうえでそれをどう再生しようとするかは、遠回りのようでいて実は文化の血脈相承するために大切なことのように思います。

さて次回からは「飾り・文様」をテーマにいくつかの展示会を構成していきます。どうぞご注目くださいますようにお願い致します。

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16015695.jpg

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16020075.jpg

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16020377.jpg

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16020644.jpg

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16020929.jpg

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16021239.jpg

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16021583.jpg

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16021828.jpg

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16022064.jpg

「大平新五展 古今一如」ありがとうございました_d0087761_16022497.jpg


# by sora_hikari | 2021-11-28 17:00 | 大平新五展

「大平新五展 古今一如」8日目

大平新五展 古今一如」の8日目。

会期は残すところあと1日となりました。明日11/28 17時で終了させて頂きます。


写真は滋賀県信楽町の大平新五さんの仕事場です。町中にあるお客様をお迎えするスペースと山の中腹にある作業場が分かれています。接客スペースは綺麗に整えられ、大平さんが集めた骨董品が並んでいます。また作業場の方には製作机・棚や穴窯があり、倉庫には古材や窯業材料が置かれています。


若い頃に料理の修行をした経験があり、陶芸も共通する要素があるそうです。主に手びねりで成形していますが、作業に取り掛かる前にまずきちんと周りを整理整頓することから始まります。それは厨房からお客様に料理を渡すデシャップ台の仕事に近いと言います。調理された料理を綺麗に盛り付け、配膳する。心を整えて臨む儀式のような作業。この精神的に管理された過程を経て大平作品は生み出されているのです。


【大平新五展 ONLINE STORE】

「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18022074.jpg


「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18022451.jpg


「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18022741.jpg


「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18022990.jpg


「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18023347.jpg


「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18023672.jpg


「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18023920.jpg


「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18024294.jpg


「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18024461.jpg


「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_18024767.jpg


大平新五展 古今一如

Shingo Ohira Ancient and Modern

20211120日(土)~28日(日)

営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)

ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6(地図


プロフィール

1973年 滋賀県信楽町に生まれる

1997年 窯業材料の仕事を行う

2000年 穴窯・登窯作りを請け負う

2000年 骨董蒐集を始める

2014年 京都にて初個展

2021年 現在、滋賀県信楽町にて活動中

「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_00003164.jpg

「大平新五展 古今一如」8日目_d0087761_00010380.jpg




# by sora_hikari | 2021-11-27 18:27 | 大平新五展

「大平新五展 古今一如」7日目

大平新五展 古今一如」の7日目。

壷に芒(ススキ)をいれるといかにも晩秋らしく物悲しい気持ちになります。本来ならネガティブなはずの感傷的な思いに、むしろ閑寂の趣に美しさを感じるというのは日本独特の感覚のように思います。外形的に絢爛豪華な美しさと違って、内面的な寂しさに浸る感覚は、視覚的には表しづらい抽象の世界です。そこを感じるか、感じないか、耳をすますように感覚を研ぎ澄ませば聞こえてくるでしょう。これが大平新五さんの骨董や自作に通じているニュアンスです。経験的に作家ものから骨董に関心を寄せる方は多くいますが、逆に骨董が好きな方が現代の作家ものに関心を寄せる割合は少ないように思います。しかし大平さんのように古今のものを区別せず、また物の肩書に頼らず、お互いに通じ合う風合いを求めてひとつの世界を描こうとする「作家もの」にも時には垣根を払って目を向けるのも豊かなことだと思うのです。


会期は残すところあと2日となりました。秋深まる川越にどうぞお越しください。

【大平新五展 ONLINE STORE】

「大平新五展 古今一如」7日目_d0087761_16243485.jpg

「大平新五展 古今一如」7日目_d0087761_16243756.jpg


大平新五展 古今一如

Shingo Ohira Ancient and Modern

20211120日(土)~28日(日)

営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)

ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6(地図


プロフィール

1973年 滋賀県信楽町に生まれる

1997年 窯業材料の仕事を行う

2000年 穴窯・登窯作りを請け負う

2000年 骨董蒐集を始める

2014年 京都にて初個展

2021年 現在、滋賀県信楽町にて活動中

「大平新五展 古今一如」7日目_d0087761_00003164.jpg

「大平新五展 古今一如」7日目_d0087761_00010380.jpg




# by sora_hikari | 2021-11-26 16:48 | 大平新五展

「大平新五展 古今一如」6日目

大平新五展 古今一如」の6日目。

古い窯道具「陶枕(トチン)」を見立てた花入れ。そして瀬戸仏花器と亜字形華瓶。小ぶりで野の草花がよく似合います。オンラインストアでご紹介しています。

写真順:
95)陶枕見立て花入(古道具)Φ9 H15cm
91)瀬戸仏花器(骨董)Φ7 H14.5cm
98)亜字形華瓶(骨董)Φ5.5 H11.5cm

【大平新五展 ONLINE STORE】

「大平新五展 古今一如」6日目_d0087761_17103338.jpg

「大平新五展 古今一如」6日目_d0087761_17103789.jpg

「大平新五展 古今一如」6日目_d0087761_17104093.jpg


大平新五展 古今一如

Shingo Ohira Ancient and Modern

20211120日(土)~28日(日)

営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)

ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6(地図


プロフィール

1973年 滋賀県信楽町に生まれる

1997年 窯業材料の仕事を行う

2000年 穴窯・登窯作りを請け負う

2000年 骨董蒐集を始める

2014年 京都にて初個展

2021年 現在、滋賀県信楽町にて活動中

「大平新五展 古今一如」6日目_d0087761_00003164.jpg

「大平新五展 古今一如」6日目_d0087761_00010380.jpg




# by sora_hikari | 2021-11-25 17:32 | 大平新五展