<   2020年 07月 ( 59 )   > この月の画像一覧

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より

明日8月1日(土)から始まる「牧由加里 刳りもの展 木魂」の準備が整いました。刳りもの総数152点。見応えのある内容です。牧さんにとって清々しく初の個展となります。初日・二日目は在廊しますので、どうぞこの貴重な機会にご覧頂ければ幸いです。

尚、新型コロナ感染防止のために店内の換気を行いつつ、混雑状況により入店人数を制限する場合がございます。ご入店の際はマスクの着用及び手の消毒のご協力お願い致します。


牧由加里 刳りもの展 木魂(こだま)
2020年8月1日(土)~9日(日) 会期中無休
作家在廊日 8月1日・2日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
プロフィール
1981年 岡山県岡山市生まれ
2002年 甲南女子大学卒業
2002年 建築関係の仕事に従事
2013年 仕事をしながら休日に木工を始める
2014年 岡山県北部高等技術訓練校木工科に入校
2015年 木工家森口信一氏(京都)に師事
2017年 独立
2020年 現在、岡山県岡山市にて製作

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1263642.jpg「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1264663.jpg


by sora_hikari | 2020-07-31 16:49 | 牧由加里展

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より

8月1日(土)から始まる「牧由加里 刳りもの展 木魂」の出品物が届き、本日より陳列作業を行っております。初々しくも存在感のある作品をご覧頂けます。どうぞご期待下さい。

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_18212491.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_18213220.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_18213999.jpg



牧由加里 刳りもの展 木魂(こだま)
2020年8月1日(土)~9日(日) 会期中無休
作家在廊日 8月1日・2日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
プロフィール
1981年 岡山県岡山市生まれ
2002年 甲南女子大学卒業
2002年 建築関係の仕事に従事
2013年 仕事をしながら休日に木工を始める
2014年 岡山県北部高等技術訓練校木工科に入校
2015年 木工家森口信一氏(京都)に師事
2017年 独立
2020年 現在、岡山県岡山市にて製作

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1263642.jpg「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1264663.jpg


by sora_hikari | 2020-07-30 18:21 | 牧由加里展

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より

8月1日(土)から始まる「牧由加里 刳りもの展 木魂」の出品物です。

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_0122180.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_0122991.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_0123772.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_0124741.jpg



牧由加里 刳りもの展 木魂(こだま)
2020年8月1日(土)~9日(日) 会期中無休
作家在廊日 8月1日・2日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
プロフィール
1981年 岡山県岡山市生まれ
2002年 甲南女子大学卒業
2002年 建築関係の仕事に従事
2013年 仕事をしながら休日に木工を始める
2014年 岡山県北部高等技術訓練校木工科に入校
2015年 木工家森口信一氏(京都)に師事
2017年 独立
2020年 現在、岡山県岡山市にて製作

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1263642.jpg「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1264663.jpg


by sora_hikari | 2020-07-30 10:00 | 牧由加里展

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より

8月1日(土)から始まる「牧由加里 刳りもの展 木魂」の出品物です。

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_065023.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_065832.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_07822.jpg



牧由加里 刳りもの展 木魂(こだま)
2020年8月1日(土)~9日(日) 会期中無休
作家在廊日 8月1日・2日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
プロフィール
1981年 岡山県岡山市生まれ
2002年 甲南女子大学卒業
2002年 建築関係の仕事に従事
2013年 仕事をしながら休日に木工を始める
2014年 岡山県北部高等技術訓練校木工科に入校
2015年 木工家森口信一氏(京都)に師事
2017年 独立
2020年 現在、岡山県岡山市にて製作

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1263642.jpg「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1264663.jpg


by sora_hikari | 2020-07-29 21:04 | 牧由加里展

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より

8月1日(土)から始まる「牧由加里 刳りもの展 木魂」の出品物です。

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_043040.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_044080.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_044862.jpg



牧由加里 刳りもの展 木魂(こだま)
2020年8月1日(土)~9日(日) 会期中無休
作家在廊日 8月1日・2日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
プロフィール
1981年 岡山県岡山市生まれ
2002年 甲南女子大学卒業
2002年 建築関係の仕事に従事
2013年 仕事をしながら休日に木工を始める
2014年 岡山県北部高等技術訓練校木工科に入校
2015年 木工家森口信一氏(京都)に師事
2017年 独立
2020年 現在、岡山県岡山市にて製作

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1263642.jpg「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1264663.jpg


by sora_hikari | 2020-07-29 18:00 | 牧由加里展

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より

8月1日(土)から始まる「牧由加里 刳りもの展 木魂」の出品物です。

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_022024.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_02305.jpg


「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_023859.jpg



牧由加里 刳りもの展 木魂(こだま)
2020年8月1日(土)~9日(日) 会期中無休
作家在廊日 8月1日・2日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
プロフィール
1981年 岡山県岡山市生まれ
2002年 甲南女子大学卒業
2002年 建築関係の仕事に従事
2013年 仕事をしながら休日に木工を始める
2014年 岡山県北部高等技術訓練校木工科に入校
2015年 木工家森口信一氏(京都)に師事
2017年 独立
2020年 現在、岡山県岡山市にて製作

「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1263642.jpg「牧由加里 刳りもの展」8/1(土)より_d0087761_1264663.jpg


by sora_hikari | 2020-07-28 18:00 | 牧由加里展

「牧由加里 刳りもの展」のご案内

「牧由加里 刳りもの展」のご案内_d0087761_1263642.jpg


8月1日(土)から9日(日)に開催する「牧由加里 刳りもの展 木魂」のご案内です。

岡山県の木工家・牧由加里さん。学生時代は全国選抜に出場する程ソフトテニスに打ち込み、大学では国文学を専攻、卒業後に建築会社を経てデザイン事務所に勤めました。ここで内装設計や施工を通じて次第に自分の考えたものを自らの手で作りたいと思うようになりました。その後、本格的に木工を学ぶために訓練校に入って基礎を身に付け、さらに我谷盆を現代に蘇らせた第一人者である京都の森口信一さんのもとで修業を積みました。独立は3年前の2017年、グループ展や野外展の活動を経て今回いよいよ初個展を迎えます。今の時代にしては遅咲きですが、社会経験を踏んだ上で自覚的に選んだ職ですから、ご本人の強い意思を作品を通して感じて頂けることと思います。

牧さんの作品は工芸と彫刻の間にあります。手による微妙な曲線に拘りながら、ノミやカンナで木を刳っていきます。器の内側から形を整えていく旋盤と違って、刳りものは木の塊から自分のイメージに向かって外側から削り出していく作業です。それは仏師が無垢の木に埋まった仏の姿を見出すような意識に近いかもしれません。樹木に宿る精霊である木魂(こだま)をどう立体化するか。それは作者の目と手によって成されます。器から用途を抜き取り抽象化した木の塊と、その塊の内側を刳り出した殻状のうつわ。表面には砥の粉を混ぜた質感のある漆や拭き漆を施しています。実用よりも造形性を優先させた作品でありながら、どこかしら安心感を覚えるのは、原始的な土器のフォルムに通ずる既視感があるからかもしれません。

今回は木の塊(オブジェ)、木の殻(うつわ)、木の板(皿)など、牧さんの手によって刳り出された木魂が並びます。ギャラリーとして作家の初個展を迎えることは、大変な喜びであると同時に、大きな責任も伴います。暑い季節の開催となりますが、多くの皆様にご覧頂き、賛同をいただけることを願うばかりです。 店主

プロフィール
1981年 岡山県岡山市生まれ
2002年 甲南女子大学卒業
2002年 建築関係の仕事に従事
2013年 仕事をしながら休日に木工を始める
2014年 岡山県北部高等技術訓練校木工科に入校
2015年 木工家森口信一氏(京都)に師事
2017年 独立
2020年 現在、岡山県岡山市にて製作


牧由加里 刳りもの展 木魂(こだま)
2020年8月1日(土)~9日(日) 会期中無休
作家在廊日 8月1日・2日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

「牧由加里 刳りもの展」のご案内_d0087761_1264663.jpg


by sora_hikari | 2020-07-27 18:00 | 牧由加里展

「渡辺林平・渡邊心平展」ありがとうございました。

「渡辺林平・渡邊心平展」ありがとうございました。_d0087761_16314284.jpg

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」は本日終了しました。長雨の続く中、またコロナ禍が心配される中、ご来店下さいました皆様に厚く御礼申し上げます。

現代の作家が古典に取り組むことに意味があるのか。高度な再現に達したとしても、本歌を超えることはできない、という考え方然り。古典を知ることは、型を知ることである。型を破るなら、まず古典を知れ、という考え方も然り。古典など知らなくとも独自の表現が出来る現在ですが、しかし時代の手のひらの上にいることもまた事実です。

今は、産地にいて定説となった古典様式をあらためて原理から捉え直す動きもあれば、産地に捉われず古典をデザインとして引用することもあります。多様な表現がある時代ですから、焼き物の歴史と分断されていても、何ら支障はないのが現実ですが、しかしその源流を認識することには一定の意味があると思っています。

今回のお二人は、備前や伊万里といった歴史を意識し易い産地の作家です。参照できる歴史や技法があることは恵まれていると言えるでしょう。それを踏まえた上で、その価値観をそのまま踏襲するのか、あるいは脱却するのか、二者択一だけでなく、その中間に多様な解釈が出来ます。それを個々の作家がどう選択しているかを垣間見るのは興味深いことです。

古典とされるバッハの「ゴルトベルク変奏曲」を、グレングールドの再解釈で新たな表現が生まれるように、その人の奏で方によってどう古典が更新されるのか。それを目の当たりに出来るのは、今を生きる我々の贅沢だと思うのです。

この度お持ち帰り頂きましたお二人の器が、古典と現在の食卓を繋ぐタイムマシーンになりますように願っております。この度はありがとうございます。これからもお二人の活動にご注目ください。

「渡辺林平・渡邊心平展」ありがとうございました。_d0087761_1631501.jpg

写真は、初日在廊の渡辺林平さん

by sora_hikari | 2020-07-26 17:58 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」8日目

「渡辺林平・渡邊心平展」8日目_d0087761_12205066.jpg

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の8日目。

渡辺林平さんの焼締め大壺です。今展の中で一番の大物。今回は二人展ですから、場に相応しくないのではないかと、ご本人は送るか送らないか迷っておられました。

しかし歌舞伎に例えた「立役」の側ですから、大いに見得をきって欲しいと思います。ぐっと目を見開いてにらみを効かす。そのクライマックスがあるからこそ観客側の「大向こう」が思わず声で出る訳です。「渡辺屋~!」「焼き物屋~!」「備前屋~!」。あと一日ですが、ぜひ皆様も店内で一声お願いします。


渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」8日目_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」8日目_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-25 12:39 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-6

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-6_d0087761_181538.jpg

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の7日目-6。

渡邊心平さんの白瓷壷。初期伊万里にもこの壺の様な形があり、当時のものは水差しか花器に使われたようです。この小壺は李朝の雰囲気が色濃く出ており、初期伊万里では染付されている物が多く見られます。心平さんの酒器や壺は泉山を単味で使っています。泉山土は耐火度が低く、低温でもよく焼け玉化しやすく、その割に焼成による形の変形は少ないそうです。高さ15センチ程と小ぶりですが、薄い青の釉の流れが美しい一品です。


渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-6_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-6_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-24 19:00 | 渡辺林平・渡邊心平展