<   2020年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧

「若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS」ご案内

「若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS」ご案内_d0087761_12474072.jpg

「若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS」の開催に関するお問い合わせを頂いておりますので、あらためてご案内申し上げます。

初日の7月4日(土)は案内状をお持ちの方のみご入店頂けます。追加の配布はありません。ご来場者が多い場合は、10時より整理券の配布を行い、入店人数を制限させて頂く場合がございます。入店の際は、マスクの着用及び手の消毒のご協力をお願い致します。

二日目の7月5日(日)から一般の方にもご入店頂けます。ご来場者が多い場合は、10時より整理券を配布し、1時間に6~8名づつに制限させて頂きます。前日の販売状況によって購入点数の制限を設ける場合がございます。7月4日の夕方に在庫状況はネット上でご案内します。マスクの着用及び手の消毒のご協力をお願い致します。

以上、注釈ばかりとなり申し訳ございません。なるべくスムーズにご覧頂けるように運営を心掛けて参ります。

若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS
2020年7月4日(土)~ 12日(日)会期中無休 
初日7月4日は案内状をお持ちでない方は入店できません。
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 7月4日・5日
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年 富山県富山市生まれ
2000年 近畿大学文芸学部芸術学科陶芸コース卒業
2003年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2015年リモージュ(仏)にて研修
2019年 京都市立芸術大学准教授着任
2020年 現在、兵庫県三田市にて制作

「若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS」ご案内_d0087761_12175317.jpg「若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS」ご案内_d0087761_1218138.jpg

by sora_hikari | 2020-06-30 12:59 | 若杉聖子展2020

「若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS」開催のご案内

「若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS」開催のご案内_d0087761_12175317.jpg

7/4(土)~12(日)に開催する「若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS」のご案内です。

初日の7月4日(土)は近年の人気向上による混雑緩和を図るため、案内状をお持ちの方のみのご入店とさせて頂きます。

兵庫県三田市で制作している若杉聖子さんの作る器は、凛とした白の世界。いくつもの折り重なる稜線が作りだすフォルムは、まるで白い蓮弁のようです。蓮弁は仏の台座や光背にも使われる神秘性のあるモチーフです。本展は、そんな神々しい花のイメージを若杉さんの器の世界と重ねてみました。

まるで3次元CADで設計されたような精緻な形ですが、実際は無垢の石膏に赤鉛筆でラインを引きながら、手作業で原型を削り出していく感覚的な彫刻の世界です。そうして作られた石膏型に泥状の粘土を鋳込み、何度もの地道な作業を経て器は作られます。

今回の展示では、オブジェ、花器から皿・鉢・急須・湯呑・カップ・ボウルなど幅のある作品をご覧いただけます。

尚、今回もご入店の際はマスクの着用及び手の消毒のご協力お願い致します。混雑状況により入店人数を制限する場合があります。あらかじめご了承下さい。店主

プロフィール
1977年 富山県富山市生まれ
2000年 近畿大学文芸学部芸術学科陶芸コース卒業
2003年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2015年リモージュ(仏)にて研修
2019年 京都市立芸術大学准教授着任
2020年 現在、兵庫県三田市にて制作

若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS
2020年7月4日(土)~ 12日(日)会期中無休 
初日7月4日は案内状をお持ちでない方は入店できません。
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 7月4日・5日
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

「若杉聖子展 PORCELIAN LOTUS」開催のご案内_d0087761_1218138.jpg

by sora_hikari | 2020-06-29 18:00 | 若杉聖子展2020

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」ありがとうございました

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」ありがとうございました_d0087761_20423084.jpg

谷口 嘉 硝子展 凪の光」は本日終了しました。会期中ご来店下さいました皆様に心より御礼申し上げます。

梅雨空の続く会期でしたが、しっとりした光が谷口さんの作品を美しく照らす9日間でした。ここ数年の集中豪雨もなく、日本らしい梅雨が戻ってきたように思います。コロナ禍により人間の生産活動が低下することで季節の安定が回復した一面もあるのではないでしょうか。抗えない自然や厄災の前には、ただ身を委ねるしかない存在であることを痛感します。階調の少ない梅雨空の光によって、受動的に形を表す谷口さんのガラスの在り方も、なんらかの啓示があるように思います。

お持ち帰り頂きました谷口さんのガラス器が皆様のお暮しを安寧をもたらすことを祈っております。この度はありがとうございました。

by sora_hikari | 2020-06-28 21:09 | 谷口嘉展2020

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目

谷口 嘉 硝子展 凪の光」の8日目。会期は明日までとなりました。最終日は谷口さんが再度在廊しますので、こ機会にどうぞご来店下さい。

写真は神奈川県川崎市生田にある谷口さんの作業場。ガラスは調布の工房で吹き、後加工をこちらで行っています。

谷口さんは多摩美術大学でガラスを学び、ガラス工房勤務や大学の助手を経て、ガラスによるインスタレーションを中心に活動してきました。ガラスに触れて17年が経つものの、「うつわ」だけの個展を行ったのが2016年ですから、うつわ作家としてのキャリアはまだ長い訳ではありません。

インスタレーション(写真参照)であれ、うつわであれ、谷口さんの作るガラスの特徴は、繊細であること。雨のように成形されたガラスの集合体や、透かした光を見せる作品など、その性質を捉えた在り方は、今の食器づくりの底流になっています。ご本人曰く、「ガラスが割れることは本来なら負の要素であるが、むしろその脆さ故にガラスは美しい」の通り、ガラスの脆弱かつ透明な特性を活かすことを信条としています。

また「うつわ」周辺の事情(流行、人物、お店等)に染まっていないことも、今の特徴のあるガラスの表現をもたらしているでしょう。あくまで自分の「ガラス」の延長線上に「うつわ」を置く。比較対象を求めない姿勢を後押ししているように思います。ネットを通じて事情を知り過ぎると、どうしても流行に感化されがちですが、それとは隔絶した独自の視点が新鮮なのです。

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_114964.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_1149137.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_1149197.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_1149263.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_11493332.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_11493975.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_11494610.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_11495151.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_1150158.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_1150966.jpg



谷口 嘉 硝子展 凪の光 Calm of light
2020年6月20日(土)~ 28日(日) 
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

谷口 嘉 (たにぐち・よしみ)略歴
1978年 神奈川県生まれ
2001年 多摩美術大学デザイン科ガラスコース卒業
2001年 あづみ野ガラス工房勤務(〜06)
2006年 多摩美術大学工芸学科ガラス研究室助手(〜12)
2005年~グループ展、個展にて活動
2020年 現在、神奈川県川崎市にて制作

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_9375190.jpg「谷口 嘉 硝子展 凪の光」8日目_d0087761_938183.jpg

by sora_hikari | 2020-06-27 18:32 | 谷口嘉展2020

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目-2

谷口 嘉 硝子展 凪の光」の7日目-2。

片口3種とサーバー。

多角形が垂直に伸びた片口。理化学機器のような冷静さと、揺らぎの懐かしさが同居しています。

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目-2_d0087761_15365311.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目-2_d0087761_153712.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目-2_d0087761_1537892.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目-2_d0087761_15371486.jpg



谷口 嘉 硝子展 凪の光 Calm of light
2020年6月20日(土)~ 28日(日) 
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 6月20日
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

谷口 嘉 (たにぐち・よしみ)略歴
1978年 神奈川県生まれ
2001年 多摩美術大学デザイン科ガラスコース卒業
2001年 あづみ野ガラス工房勤務(〜06)
2006年 多摩美術大学工芸学科ガラス研究室助手(〜12)
2005年~グループ展、個展にて活動
2020年 現在、神奈川県川崎市にて制作

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目-2_d0087761_9375190.jpg「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目-2_d0087761_938183.jpg

by sora_hikari | 2020-06-26 18:00 | 谷口嘉展2020

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目

谷口 嘉 硝子展 凪の光」の7日目。

酒杯三種。

薄い造りにシャープなフォルム。鋭角にカットされた口縁の金彩が伴って、きりっとした印象です。白木のカウンターの清潔な日本料理店で飲む日本酒が似合いそうです。緩慢な日常を切り替える一献に如何でしょうか。

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目_d0087761_22582944.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目_d0087761_2258365.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目_d0087761_22584354.jpg



谷口 嘉 硝子展 凪の光 Calm of light
2020年6月20日(土)~ 28日(日) 
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 6月20日
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

谷口 嘉 (たにぐち・よしみ)略歴
1978年 神奈川県生まれ
2001年 多摩美術大学デザイン科ガラスコース卒業
2001年 あづみ野ガラス工房勤務(〜06)
2006年 多摩美術大学工芸学科ガラス研究室助手(〜12)
2005年~グループ展、個展にて活動
2020年 現在、神奈川県川崎市にて制作

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目_d0087761_9375190.jpg「谷口 嘉 硝子展 凪の光」7日目_d0087761_938183.jpg

by sora_hikari | 2020-06-26 14:27 | 谷口嘉展2020

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-3

谷口 嘉 硝子展 凪の光」の6日目-3。

型吹きによる薄造りの楕円と丸い鉢。

本来料理が主役であって、脇役に徹するのが器の本分であるとするなら、この谷口さんのガラス鉢は一定の成功を収めているでしょう。限りなく存在を消すという究極の食器の姿。何かがそこに加わることで自己が成立するというパラドックス。色即是空、空即是色。万物の真理に辿り着くガラス鉢。

ちょっと大袈裟になりました。

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-3_d0087761_15371336.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-3_d0087761_1516251.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-3_d0087761_1516316.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-3_d0087761_15163745.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-3_d0087761_1516439.jpg



谷口 嘉 硝子展 凪の光 Calm of light
2020年6月20日(土)~ 28日(日) 
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 6月20日
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

谷口 嘉 (たにぐち・よしみ)略歴
1978年 神奈川県生まれ
2001年 多摩美術大学デザイン科ガラスコース卒業
2001年 あづみ野ガラス工房勤務(〜06)
2006年 多摩美術大学工芸学科ガラス研究室助手(〜12)
2005年~グループ展、個展にて活動
2020年 現在、神奈川県川崎市にて制作

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-3_d0087761_9375190.jpg「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-3_d0087761_938183.jpg

by sora_hikari | 2020-06-25 18:00 | 谷口嘉展2020

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-2

谷口 嘉 硝子展 凪の光」の6日目-2。

育った町は潮の流れ速い海峡のそばでしたから、潮の流れが変わる凪のときには、潮待ちをする船を良く見ました。潮待ち、風待ち。人生も同様にその時を静かに過ごし、流れがくるのを待つことはあるでしょう。

無機質な四角いガラス鉢は、ただそこに止まっていて、出番を待つ船の姿にも見えます。

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-2_d0087761_12574790.jpg



谷口 嘉 硝子展 凪の光 Calm of light
2020年6月20日(土)~ 28日(日) 
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 6月20日
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

谷口 嘉 (たにぐち・よしみ)略歴
1978年 神奈川県生まれ
2001年 多摩美術大学デザイン科ガラスコース卒業
2001年 あづみ野ガラス工房勤務(〜06)
2006年 多摩美術大学工芸学科ガラス研究室助手(〜12)
2005年~グループ展、個展にて活動
2020年 現在、神奈川県川崎市にて制作

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-2_d0087761_9375190.jpg「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目-2_d0087761_938183.jpg

by sora_hikari | 2020-06-25 13:04 | 谷口嘉展2020

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目

谷口 嘉 硝子展 凪の光」の6日目。

八角・十一角。型吹きならではの多角形の鉢。

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目_d0087761_22521889.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目_d0087761_2252259.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目_d0087761_22523223.jpg



谷口 嘉 硝子展 凪の光 Calm of light
2020年6月20日(土)~ 28日(日) 
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 6月20日
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

谷口 嘉 (たにぐち・よしみ)略歴
1978年 神奈川県生まれ
2001年 多摩美術大学デザイン科ガラスコース卒業
2001年 あづみ野ガラス工房勤務(〜06)
2006年 多摩美術大学工芸学科ガラス研究室助手(〜12)
2005年~グループ展、個展にて活動
2020年 現在、神奈川県川崎市にて制作

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目_d0087761_9375190.jpg「谷口 嘉 硝子展 凪の光」6日目_d0087761_938183.jpg

by sora_hikari | 2020-06-25 09:00 | 谷口嘉展2020

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」5日目-3

谷口 嘉 硝子展 凪の光」の5日目-3。

グラス4種。型吹きの薄い造りです。繊細ゆえか、飲む際の所作も美しくなるように思います。

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」5日目-3_d0087761_18291226.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」5日目-3_d0087761_18291930.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」5日目-3_d0087761_1829299.jpg


「谷口 嘉 硝子展 凪の光」5日目-3_d0087761_18293572.jpg



谷口 嘉 硝子展 凪の光 Calm of light
2020年6月20日(土)~ 28日(日) 
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 6月20日
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6

谷口 嘉 (たにぐち・よしみ)略歴
1978年 神奈川県生まれ
2001年 多摩美術大学デザイン科ガラスコース卒業
2001年 あづみ野ガラス工房勤務(〜06)
2006年 多摩美術大学工芸学科ガラス研究室助手(〜12)
2005年~グループ展、個展にて活動
2020年 現在、神奈川県川崎市にて制作

「谷口 嘉 硝子展 凪の光」5日目-3_d0087761_9375190.jpg「谷口 嘉 硝子展 凪の光」5日目-3_d0087761_938183.jpg

by sora_hikari | 2020-06-24 18:32 | 谷口嘉展2020