<   2019年 09月 ( 39 )   > この月の画像一覧

「田村文宏展  古瀬戸」3日目

田村文宏展  古瀬戸」の3日目。

灰釉瓶子と灰釉手付水注。どちらも古瀬戸前期の器を本歌とする写しです。

私見になりますが、意外に思うのは古瀬戸に取り組む現代作家が少ないことです。古唐津や古備前など他の窯業地では多くの作家が古典に近づく器を作っているのに比べて、日本の中でも有数のやきもの産地である瀬戸で古瀬戸を手掛ける作り手をあまり多く知りません。古瀬戸よりも美濃桃山陶(志野・黄瀬戸・瀬戸黒・織部)や天目茶碗の作家の方が多いように思います。

これは市場的価値、つまり茶陶の美濃や天目に比べて古瀬戸がその位置づけにないために経済価値が伴いづらいこと。あるいは江戸・明治以降の民陶や量産器で潤った産地としての流れ、あるいは永仁の壺事件以来のトラウマなど。明確な根拠はないものの何故だろうと想像を巡らせてしまいます。

しかし古瀬戸をあらためて知ると、それは施釉陶器の出発点であり、さらに桃山陶の原点でもあり、日本の焼き物の中でも屈指の品格を備えた器であると思います。田村さんは瀬戸の窯業学校で学んだものの居住地は瀬戸市から少し離れた岡崎市です。むしろ中心地で産地の影響を受けないゆえに、古瀬戸の本来の魅力に気づき易かったのかもしれません。今回、田村さんの「古瀬戸」を通してあらためてこの良さを皆様にも感じて頂けることを願っております。

d0087761_1741553.jpg


d0087761_1742331.jpg



田村文宏展  古瀬戸
2019年9月28日(土)~10月6日(日) 
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1978年 愛知県岡崎市生まれ
2000年 東南アジア・インドへ遊学     
2004年 瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005年と06年 ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2010年と12年と14年 カンボジアにて窯造りの手伝い
2019年 現在、愛知県岡崎市で制作

d0087761_22172574.jpgd0087761_22173897.jpg



by sora_hikari | 2019-09-30 18:30 | 田村文宏展2019

「田村文宏展  古瀬戸」2日目

d0087761_1743982.jpg

田村文宏展  古瀬戸」の2日目。

古瀬戸(こせと)は、12世紀後期から15世紀後期まで約300年間生産された瀬戸地方の古陶の呼称です。瀬戸は中世以来の古い窯業地である日本の六古窯(ろっこよう)のひとつですが、その中でもいち早く施釉陶器を生産した先端の窯場でした。当時の中国宋代の陶磁器の影響を受け、古瀬戸前期(12世紀後半~13世紀後半)は高級施釉陶器として生産され、その多くが当時幕府のあった鎌倉へ出荷されました。他産地が日用の甕や壺を主に生産したのに比べ、古瀬戸の前期は四耳壺、瓶子、水注など上級品を生産したことも特徴的です。中期(13世紀後半~14世紀中頃)になると天目茶碗に見られる鉄釉を使った黒褐色の陶器が作られはじめ、器の種類も壺瓶類から碗皿などにも広がりました。後期(14世紀後半~15世紀後半)になると壺瓶類に代わって、碗・皿・鉢などの生活用品が主体となり日本全国を席捲する窯業地に拡大しました。古瀬戸の流通は広く日本全国1500地点の遺跡から見つかっており、北海道から九州でも出土しています。(2014年瀬戸市美術館「古瀬戸の全貌」展図録より抄訳)

今回、田村さんが取り組むのは主に古瀬戸前期に見られる四耳壺や瓶子などの武家に向けた峻厳な姿をしたものです。当時の陶工達が中国陶磁に倣いながらも、日本の材料を用い努力を重ねた日本最初の釉薬を纏った陶磁器です。中国ほど極める技術はないがゆえに、そこに生まれる若干の緩み、不均一な窯変、瀬戸ならではの土味など、800年の時代を経て見せる「古瀬戸」の妖艶さを如何に表せるか。そこに田村さんの古瀬戸づくりの意識が集まっています。


田村文宏展  古瀬戸
2019年9月28日(土)~10月6日(日) 
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1978年 愛知県岡崎市生まれ
2000年 東南アジア・インドへ遊学     
2004年 瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005年と06年 ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2010年と12年と14年 カンボジアにて窯造りの手伝い
2019年 現在、愛知県岡崎市で制作

d0087761_22172574.jpgd0087761_22173897.jpg



by sora_hikari | 2019-09-29 18:34 | 田村文宏展2019

「田村文宏展  古瀬戸」始まりました

d0087761_16492898.jpg

田村文宏展  古瀬戸」は本日よりスタートしました。初日よりご来店下さいました皆様に御礼申し上げます。会期は10月6日(日曜)まで休まず営業致します。田村さんが「古瀬戸」だけにテーマを絞った初めての展覧会です。どうぞこの新たな出発点をご覧ください。


田村文宏展  古瀬戸
2019年9月28日(土)~10月6日(日) 
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1978年 愛知県岡崎市生まれ
2000年 東南アジア・インドへ遊学     
2004年 瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005年と06年 ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2010年と12年と14年 カンボジアにて窯造りの手伝い
2019年 現在、愛知県岡崎市で制作

d0087761_22172574.jpgd0087761_22173897.jpg



by sora_hikari | 2019-09-28 18:24 | 田村文宏展2019

「田村文宏展  古瀬戸」明日9/28(土)より

d0087761_18135364.jpg

明日9月28日(土)11時から始まる「田村文宏展  古瀬戸」の準備が整いました。古瀬戸をテーマにした瓶子・花瓶・狛犬等の他、皿・鉢などの食器類も充実しております。初日は田村さんが在廊しますので、どうぞこの機会にご来店下さい。

出品物一覧

灰釉魚波文瓶子
灰釉印花文瓶子
灰釉花文瓶子
灰釉魚文瓶子
灰釉瓶子
鉄釉瓶子
鉄釉巴文瓶子
鉄釉花文瓶子
灰釉花瓶
鉄釉花瓶
鉄釉印花文掛花入
鉄釉花文広口壷
灰釉印花文広口壷
水瓶
長頸瓶
灰釉長頸瓶
蓋付壷
耳壷

灰釉狛犬(阿吽)
鉄釉狛犬(阿吽)
灰釉狛犬(阿)

鉄釉豆皿
焼しめ豆皿
灰釉卸皿
鉄釉皿
灰釉輪花皿
灰釉印花文皿
鉄釉輪花皿
焼しめ皿
灰釉皿
灰釉輪花皿
焼しめ角皿
焼しめ皿
鉄釉平皿
鉄釉雲文皿
灰釉平皿
焼しめ大皿
灰釉三足盤
鉄釉三足盤
焼しめ台皿
輪花入子

鉄釉四方鉢
灰釉輪花鉢
灰釉筒向付
灰釉片口
灰釉鉢
白磁印花文鉢
鉄釉丸鉢
鉄釉櫛目鉢
灰釉輪花鉢
灰釉魚文輪花鉢
鉄釉輪花三足鉢
片口鉢
灰釉三足鉢

灰釉碗
鉄釉碗

白磁蓮弁湯呑み
焼しめ湯呑み

灰釉徳利

灰釉花文手付水注
鉄釉草花文手付水注

鉄釉印花文燭台
灰釉印花文燭台

灰釉合子
鉄釉合子
灰釉魚文盤
灰釉印花文三足香炉
鉄釉三足香炉
鉄釉印花文三足香炉
灰釉水滴
鉄釉水滴
鳥型水滴



田村文宏展  古瀬戸
2019年9月28日(土)~10月6日(日) 
営業時間11時~18時 
作家在廊日 9月28日(土)
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1978年 愛知県岡崎市生まれ
2000年 東南アジア・インドへ遊学     
2004年 瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005年と06年 ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2010年と12年と14年 カンボジアにて窯造りの手伝い
2019年 現在、愛知県岡崎市で制作

d0087761_22172574.jpgd0087761_22173897.jpg



by sora_hikari | 2019-09-27 18:29 | 田村文宏展2019

「田村文宏展  古瀬戸」9/28(土)より

9月28日(土)から始まる「田村文宏展  古瀬戸」の出品物のご案内です。

d0087761_202374.jpg
 灰釉瓶子 高さ32・胴径23cm

d0087761_20231687.jpg
 灰釉印花文三足香炉 高さ9・径12cm


田村文宏展  古瀬戸
2019年9月28日(土)~10月6日(日) 
営業時間11時~18時 
作家在廊日 9月28日(土)
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1978年 愛知県岡崎市生まれ
2000年 東南アジア・インドへ遊学     
2004年 瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005年と06年 ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2010年と12年と14年 カンボジアにて窯造りの手伝い
2019年 現在、愛知県岡崎市で制作

d0087761_22172574.jpgd0087761_22173897.jpg



by sora_hikari | 2019-09-26 20:24 | 田村文宏展2019

「田村文宏展  古瀬戸」9/28(土)より

9月28日(土)から始まる「田村文宏展  古瀬戸」の出品物です。

d0087761_19522469.jpg
 灰釉魚波文瓶子
 高さ34・胴径26cm

d0087761_19523283.jpg
 灰釉狛犬 (阿) 
 高さ26・幅12・奥行14cm


田村文宏展  古瀬戸
2019年9月28日(土)~10月6日(日) 
営業時間11時~18時 
作家在廊日 9月28日(土)
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1978年 愛知県岡崎市生まれ
2000年 東南アジア・インドへ遊学     
2004年 瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005年と06年 ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2010年と12年と14年 カンボジアにて窯造りの手伝い
2019年 現在、愛知県岡崎市で制作

d0087761_22172574.jpgd0087761_22173897.jpg



by sora_hikari | 2019-09-24 19:53 | 田村文宏展2019

「田村文宏展  古瀬戸」開催のご案内

d0087761_22172574.jpg


9月28日(土)から10月6日(日)まで開催する「田村文宏展  古瀬戸」のご案内です。

愛知県岡崎市の田村文宏さん。2011年、2013年、2015年以来久しぶりの個展です。過去三回の展示会では東南アジアの古陶瓷をテーマに開催してきましたが、今回は「古瀬戸(こせと)」を主に据えた新たな取り組みをご覧頂けます。

日本六古窯の中でも瀬戸は施釉陶器をいち早く生産した伝統ある窯業地です。愛知県猿投窯の延長上にあり、中国南宋から伝わった技術によって施釉陶器を作り、鎌倉時代から室町末期まで、中世の焼き物をリードする中核の地でした。外形的な特徴的なのは、緑色を帯びた灰釉と茶褐色の鉄釉を施し、四耳壷・瓶子・片口・小皿にはじまり、香炉・水注のほか仏器も作られました。器面には、印花文や画花文などの装飾がみられます。民具中心の窯業地に比べ、古瀬戸は武士階級を中心とした上流社会に庇護され、特権的な立ち位置にあった事が、当時の器種を生み出しました。

田村さんがこれに取り組むのは、生まれ育った地域に近いこと、瀬戸の窯業学校出身であること、東南アジアの焼き物との類似性(灰釉・鉄釉、中国陶磁の影響)、さらには近隣の古窯跡の調査や瀬戸の原料の使用など、陶芸家として独立当初から「古瀬戸」は必然であり、まさに今回、満を持しての発表となる訳です。当時の武家社会と繋がる峻厳とした様式美、歴史を経て「せともの」として認識するに至った食器の奥行の深さなど、今展を通して目にして頂ければと願っております。店主

プロフィール
1978年 愛知県岡崎市生まれ
2000年 東南アジア・インドへ遊学     
2004年 瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005年と06年 ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2010年と12年と14年 カンボジアにて窯造りの手伝い
2019年 現在、愛知県岡崎市で制作


田村文宏展  古瀬戸
2019年9月28日(土)~10月6日(日) 
営業時間11時~18時 
作家在廊日 9月28日(土)
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

d0087761_22173897.jpg



by sora_hikari | 2019-09-23 10:00 | 田村文宏展2019

「田淵太郎展 生死一如」ありがとうございました

d0087761_13174792.jpg

田淵太郎展 生死一如」は本日終了しました。今回で田淵さんの展示会も4回を重ね、着実にお客様の信頼を得ていることを実感する9日間でした。ご来店下さいました皆様に厚く御礼申し上げます。造形美を求める現代陶芸の流れの中にあって、暮らしの器にもリーチする田淵さんの立ち位置は、両者のマーケットを繋ぐ意義あることだと思います。どうぞ今後の活動にもご注目下さい。お持ち帰り頂きました田淵さんの作品が皆様のお暮しを豊かにすることを願っております。この度はありがとうございました。


これからの営業案内

うつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)
09/23(月)~09/27(金) 搬出・設営休み
09/28(月)~10/06(金) 田村文宏展
10/07(月)~10/11(金) 搬出・設営休み
10/12(月)~10/20(金) 服部竜也展

営業カレンダー

by sora_hikari | 2019-09-22 18:07 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」8日目

田淵太郎展 生死一如

ファイヤー!

d0087761_11374217.jpg


d0087761_11375121.jpg


会期は明日9月22日(日曜)17時で燃え尽きます。


田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 *最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-21 18:24 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」7日目-2

田淵太郎展 生死一如」の7日目-2。会期は残り2日となりました。最終日の9/22は17時で終了させて頂きます。台風の影響が心配ですが、天気状況をご確認の上、どうぞお出掛け下さい。

田淵太郎さんの急須(茶壺)、茶杯、茶海、湯冷し、茶入。中国茶向きのものは近年中国からの需要もあり取り組んでいるアイテムです。胎土は磁土ですが、薄掛けの釉薬に含まれる僅かな鉄分が薪窯の還元炎に反応して青白磁になっています。茶に青磁の器が上級とされるのは、茶映りの良さからです。淡く窯変した不均一な青白色が薪窯の変化を感じさせます。茶を奏でるに上質な田淵さんの茶器。過ごしやすくなった秋の日にお愉しみ下さい。

d0087761_1644980.jpg


d0087761_1645618.jpg


d0087761_165340.jpg


d0087761_1651111.jpg


d0087761_1651982.jpg


d0087761_1652676.jpg



田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 *最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-20 18:02 | 田淵太郎展2019