<   2019年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「山田隆太郎展 令和の薪窯」開催のお知らせ

d0087761_2352568.jpg

5月25日(土)から6月2日(日)に開催する「山田隆太郎展 令和の薪窯」のご案内です。

平成の始まり1990年代から、いわゆるザ・焼き物(桃山系)とは異なる意識の「うつわ」が誕生しました。記憶では故・青木亮さん、村木雄児さん、小野哲平さんなどが時代をリードし、あらたな「うつわ」の価値観を世間に植え付けたように思います。その頃、「生活工芸」と呼ばれる作家性を排除して暮らしの中で景色化する無国籍な「うつわ」が勃興しました。狭義に見れば平成を代表する「生活工芸」はこのようなスタイルを軸にしていますが、一方の桃山系の枠にない「うつわ」もまた広義に「生活工芸」の中にあったと思います。

平成も30年が過ぎ、一時のシンプルな器は影を潜め、今や装飾ブーム、あるいは対極的な原土と薪窯による焼き物の若い作り手が増えています。俯瞰するなら山田隆太郎さんも、その枠内にあり、平成うつわ時代の第二世・第三世代に位置する作家でしょう。薪窯によるうつわ作家が群雄割拠する今、それは単に平成のオマージュだけでなく、令和の時代に個々の作家がどうメッセージしていくのか関心をもって見ています。

山田隆太郎さんの多摩美環境デザイン、多治見意匠研という経歴を見れば、本来もっと美術工芸寄り、あるいは前衛系工芸の活動をする方が相応しいように思いますが、何ゆえに土着的な焼き物に惹かれ、それを体現しているのか。当時の開拓者であった作り手と、今の作り手の意識の違いは何を意味するのか。無個性が尊ばれた平成のうつわ時代が終わり、情念的なうつわに何故若者が惹かれるのか。それはデジタル化され乾燥した対人社会の中で、確かな手触りある実感を求めているようにも思えるのです。山田さんの仕事を通じて、これから令和時代がどう映ってくるのか見つめて行きたいと思っています。店主

山田隆太郎プロフィール
1984年 埼玉県生まれ
2007年 多摩美術大学環境デザイン学科修了
2007年 造形家 樋口健彦氏に師事
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2010年 多治見市にて独立
2014年 神奈川県相模原市(旧・藤野町)に移転
2019年 現在 同地にて作陶


山田隆太郎展 令和の薪窯
2019年5月25日(土)-6月2日(日)会期中無休 
営業時間 11時-18時  
作家在廊日 5月25日、26日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

d0087761_23521790.jpg

by sora_hikari | 2019-05-19 10:00 | 山田隆太郎展2019

「豊増一雄 展 文人趣味」ありがとうございました

豊増一雄 展 文人趣味」は本日終了しました。会期中ご来店下さいました皆様、お茶会にご参加頂きました皆様に御礼申し上げます。

写真は佐賀県有田町の豊増一雄さんの工房の様子です。有田の古い窯跡(天神森窯・小物成窯)に挟まれた道を登った静かな地域で、途中には柿右衛門窯や井上萬二窯もあります。単室登窯を据えた工房には、型打ち用の土型が積まれ、一部作品の展示室も併設されています。工房の書架には中国陶磁の原書が並びます。中国美術学院の留学後、京都訓練校で基礎を身に付け、八世高橋道八のもとで修業した経験がバックボーンになっています。基礎力、技術、歴史知識、お茶の嗜みを踏まえた地道な積み重ねこそが、豊増さんの器を形成しているのです。どうぞこれからの活動にご注目下さい。

お持ち帰り頂きました豊増さんの器が、皆様の食卓やお茶席を豊かにしますことを心より願っております。この度はありがとうございました。

d0087761_22454796.jpg


d0087761_22455622.jpg


d0087761_2246462.jpg


d0087761_22461063.jpg


d0087761_224618100.jpg


d0087761_22462561.jpg


d0087761_22463287.jpg



これからの営業案内

うつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)
5/19(日)~5/24(金) 搬出・設営休
5/25(土)~6/02(日) 山田隆太郎展
6/03(月)~6/07(金) 搬出・設営休
6/08(土)~6/16(日) 林志保展

営業カレンダー

by sora_hikari | 2019-05-18 17:42 | 豊増一雄展2019

「豊増一雄 展 文人趣味」7日目-2

豊増一雄 展 文人趣味」の7日目-2。会期は明日5月18日(土曜日)の17時までとなります。

豊増一雄さんの染付。素にして上質。空にして疎でなく。風通しの良い筆致。詩趣ある巧さの絵付けです。絵柄は器胎の上の抽象であり、具象的な意味よりも記号的役割を心掛けていると聞きました。

若い頃に中国でも指折りの美術大学である中国美術学院で工筆花鳥画を学んだ経歴があります。南宋の都があった杭州の西湖のほとりにある大学での経験は、技法と共にその背景となる文化教養も下地になったのではないでしょうか。この経歴に見る限り、美術工芸の世界に向かっていても不思議ではないのですが、あにはからんや日常に根差した器を主軸に据えるのが我々にとって有難くもあります。

地元・有田から見える景色は中国南宋の風流と共に、古き朝鮮の寂寥の中にある慈しみの心だったでしょうか。三つの文化が織り交ざることで醸成された豊増さんの染付。その背景にも気づいて頂ければと思います。

d0087761_15361454.jpg


d0087761_15362384.jpg


d0087761_15363036.jpg


d0087761_15364053.jpg


d0087761_15364750.jpg


d0087761_1536548.jpg


d0087761_1537171.jpg


d0087761_15371058.jpg


d0087761_15371783.jpg


d0087761_15372545.jpg


d0087761_15373234.jpg


d0087761_15373936.jpg


d0087761_15374723.jpg


d0087761_15375650.jpg



豊増一雄 展 文人趣味
2019年5月11日(土)~18日(土)会期中無休
営業時間 11時~18時  ※最終日は17時終了
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2019年 現在、佐賀県有田町にて作陶

d0087761_17318.jpgd0087761_1731866.jpg


by sora_hikari | 2019-05-17 17:30 | 豊増一雄展2019

「豊増一雄 展 文人趣味」7日目

d0087761_11371183.jpg

豊増一雄 展 文人趣味」の7日目。

豊増一雄さんの筆架、墨床、水滴の書道具3点。茶は文人墨客の嗜みであり、その道具は精神の顕れである。というのは形骸化した文化に思えますが、現代に於いてもクリエイティブ系職種に茶や器の愛好家が多いのも事実です。


豊増一雄 展 文人趣味
2019年5月11日(土)~18日(土)会期中無休
営業時間 11時~18時  ※最終日は17時終了
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2019年 現在、佐賀県有田町にて作陶

d0087761_17318.jpgd0087761_1731866.jpg


by sora_hikari | 2019-05-17 11:52 | 豊増一雄展2019

「豊増一雄 展 文人趣味」6日目

豊増一雄 展 文人趣味」の6日目。会期は残すところあと2日。今展は通常と異なり土曜日(5月18日)までとなります。

本日ご紹介するのは、鉢やお皿です。これらも薪窯で焼かれた白磁と染付。その柔らかな焼き味を感じて頂けると思います。形は中国宋代・金代の定窯、あるいは古染付、伊万里の糸切細工の変形皿など古典の源流を見て取れます。その古格を踏まえながら、現代の食卓に使い易くチューニングした点が豊増さんの食器の巧さでしょう。優艶な大人の魅力を味わってください。

d0087761_1872786.jpg


d0087761_1873538.jpg


d0087761_18743100.jpg


d0087761_187517.jpg


d0087761_187595.jpg


d0087761_188777.jpg


d0087761_1881511.jpg


d0087761_1882395.jpg


d0087761_1883140.jpg


d0087761_1883915.jpg



豊増一雄 展 文人趣味
2019年5月11日(土)~18日(土)会期中無休
営業時間 11時~18時  ※最終日は17時終了
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2019年 現在、佐賀県有田町にて作陶

d0087761_17318.jpgd0087761_1731866.jpg


by sora_hikari | 2019-05-16 18:20 | 豊増一雄展2019

「豊増一雄 展 文人趣味」5日目

豊増一雄 展 文人趣味」の5日目。

今展は煎茶、中国茶向けの茶道具が充実しています。急須(茶壺)、茶杯・茶托をはじめ、茶入、涼炉、湯鑵(ボーフラ)、茶則、蓋置など周辺のアイテムも揃っています。豊増さんご自身も賣茶流で煎茶道を学びつつ、日々お茶を嗜み、茶葉・淹れ方・作法・室礼にも熱心です。煎茶+有田+中国+宜興+老荘思想+書画などが複合し、その文化的下地から醸成されたところに豊増さんの茶道具は在るのです。

d0087761_1756146.jpg


d0087761_17561050.jpg


d0087761_17561740.jpg


d0087761_17562512.jpg


d0087761_17563338.jpg


d0087761_17564022.jpg


d0087761_17564995.jpg



豊増一雄 展 文人趣味
2019年5月11日(土)~18日(土)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2019年 現在、佐賀県有田町にて作陶

d0087761_17318.jpgd0087761_1731866.jpg


by sora_hikari | 2019-05-15 18:37 | 豊増一雄展2019

「豊増一雄 展 文人趣味」4日目

豊増一雄 展 文人趣味」の4日目。

豊増一雄さんの青瓷茶碗、青瓷盃。印花文による微妙な濃淡。この青瓷もまた冬枯れの山影を見るように寡黙な内面性を感じます。初期伊万里に近づく染付磁器を中心に据える豊増さんですが、青瓷は染付の源流である中国陶磁を辿る中で行き着いた作風です。元来、玉(ぎょく)に近づくための青磁は白磁や鉄釉よりも上位にある器。茶の世界でも青磁は茶映りの美しさゆえに珍重されました。わずかな鉄分によって発色する青緑の奥行。焼成温度の幅の狭さにより一律には得ずらい器でもあります。豊増さんのそれは、宜興の紫砂茶壷を研究する過程で、唐津の頁岩や泥岩に紫砂に近い焼きを見出し、そこに青瓷釉を施すことで得ています。有田から韓国(李朝)、さらには中国へと向かう姿は、豊増さんの必然でもあるでしょう。

d0087761_18175758.jpg


d0087761_1818525.jpg


d0087761_18181490.jpg


d0087761_18182288.jpg


d0087761_18183028.jpg



豊増一雄 展 文人趣味
2019年5月11日(土)~18日(土)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2019年 現在、佐賀県有田町にて作陶

d0087761_17318.jpgd0087761_1731866.jpg


by sora_hikari | 2019-05-14 18:42 | 豊増一雄展2019

「豊増一雄 展 文人趣味」3日目

d0087761_17184100.jpg

豊増一雄 展 文人趣味」の3日目。

とろりと柔らかな肌合い。釉下の掠れた青花の草文。侘び枯れの染付面取り徳利です。豊増一雄さんの磁器は、この悲しさを湛えた「焼き肌」が魅力です。単室登窯による薪焼成。白磁を焼くにはリスキーですが、有田の泉山陶石を用い、時間を退行させた方法に倣うことで、この焼き味を得ます。

不鮮明にして心の内面に触れる焼き物の美意識は日本独特に思えますが、例えば音楽の世界に置き換えて考えるなら、美声ばかりでなく、不明瞭、くぐもった声、あるいは病的な言葉など、負の方向に感情移入することはままあることです。

これを表現するに肝心なのは、それを感じる眼と心があるか否か。あるいはコンプレックスなのか。正攻法の人生だけでは学べない心の痛みを経験しているか。その空白を埋めようとするピースであり、お互いが響きあう共感が、哀しさの造形を支えているように思います。


豊増一雄 展 文人趣味
2019年5月11日(土)~18日(土)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2019年 現在、佐賀県有田町にて作陶

d0087761_17318.jpgd0087761_1731866.jpg


by sora_hikari | 2019-05-13 17:53 | 豊増一雄展2019

「豊増一雄 展 文人趣味」2日目

豊増一雄 展 文人趣味」の2日目。

本日は、豊増さんの茶器を使って、織田流煎茶道・朝田南香先生によるお茶会を開催しました。新緑に囲まれた庭と共に、心豊かなお茶と道具をご堪能頂きました。良いお客様に恵まれ、お陰様で素晴らしいお茶会になりました。ご参加下さいました皆様に厚く御礼申し上げます。

d0087761_17173048.jpg


d0087761_17174251.jpg


d0087761_17175260.jpg


d0087761_1718147.jpg


d0087761_1718963.jpg


d0087761_17181728.jpg


d0087761_17182832.jpg


d0087761_17183828.jpg


d0087761_17184697.jpg



豊増一雄 展 文人趣味
2019年5月11日(土)~18日(土)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2019年 現在、佐賀県有田町にて作陶

d0087761_17318.jpgd0087761_1731866.jpg


by sora_hikari | 2019-05-12 18:37 | 豊増一雄展2019

「豊増一雄 展 文人趣味」始まりました

d0087761_1758237.jpg

豊増一雄 展 文人趣味」は本日よりスタートしました。会期は5月18日(土曜日)まで休まず営業致します。

天気に恵まれた初日は、煎茶や中国茶を嗜まれる方、初期伊万里・古伊万里などの染付食器がお好きな方、豊増ファンの方など、豊増さんの丁寧な説明を聞きながら、じっくりとお選びになるお客様が多くいらっしゃいました。ご来店頂きました皆様に御礼申し上げます。

明日も豊増さんが在廊されます。和室では朝田南香先生によるお茶会が開催されます。(お茶会中は和室のみ入室を制限させて頂きます。)どうぞ皆様のご来店をお待ちしております。


豊増一雄 展 文人趣味
2019年5月11日(土)~18日(土)会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 5月11日・12日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)
※5月12日の朝田南香さんのお茶会は満席となりました。

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2019年 現在、佐賀県有田町にて作陶

d0087761_17318.jpgd0087761_1731866.jpg


by sora_hikari | 2019-05-11 17:54 | 豊増一雄展2019