<   2019年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 ありがとうございました

阿曽藍人展  EARTH WARE」は本日終了しました。会期中ご来店下さいました皆様に御礼申し上げます。

太古より人類は火をおこし、文明を発展させてきました。人類の歩んできた長年の尺度から見れば、人が都市生活をはじめ、火を燃やす行為から離れたのは、ごく最近の出来事と言えるでしょう。その何十万年にも及ぶ悠久の年月にインプットされた火の記憶は未だ人の奥底に残っているはずです。今では条例によって焚火すら禁止される地域もあります。火を忘れた人々は、どこかに欠落した野生を求める必然的思いがあるのかもしれません。

阿曽さんに限らず、多くの陶芸家が火に魅せられるのは、近世の造形表現という行為に留まらず、もっと根源的な希求があるからだと思います。土器のように野焼きによって燃え上がる炎は、一層作り手の心を鼓舞することでしょう。炎の痕跡と深層に刻印された記憶。それは用具を越えた「焼き物」のもつ力のように思います。野性と現代を繋ぐシャーマンとして、阿曽さんの土器が皆様の手元に渡ったのは、貴方自身が求めた結果ではないでしょうか。お持ち帰り頂きました「土器」でその声をどうぞお確かめください。

まだ評価の確立していない段階で阿曽さんの作品をお選び頂けたことに心から感謝申し上げます。この実感が次への自信に繋がります。この度はありがとうございました。

d0087761_1394332.jpg


d0087761_1395377.jpg


d0087761_1310187.jpg


d0087761_1310832.jpg



これからの営業案内

うつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)
4/01(月)~4/05(金) 搬出・設営休
4/06(土)~4/14(日) 森岡希世子・澤谷由子二人展
4/15(月)~4/19(金) 搬出・設営休
4/20(土)~4/28(日) 小野哲平展 


by sora_hikari | 2019-03-31 18:15 | 阿曽藍人展

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 8日目

阿曽藍人展  EARTH WARE」の8日目。会期は明日3月31日17時で終了します。最終日は再度、阿曽さんが在廊されますので、この機会にどうぞご来店下さい。近くの喜多院の桜もちょうど満開です。

写真は岐阜県多治見市の阿曽藍人さんの工房の様子です。ひとりで使うには十分な広さ。大型作品にも取り組む阿曽さんにとって製作し易い環境です。以前は白石陽一さんと打田翠さんが使っていた場所でもあります。

阿曽さんは奈良県で育ち、大学は金沢美工大へ。そこで陶芸を学びました。学生の頃から考古の授業にもぐりこみ、土器に魅せれられていったそうです。野焼き作品に取り組むのは大学時代から。陶芸家としてずっと土器に拘っています。当時は普段使いのうつわと土器は結びつかず、土を焼いて生まれる造形物そのものにリアリティを感じていたそうです。

大学を卒業してから愛知県常滑市へ。ここなら粘土が採れ、野焼き土器に取り組めると考えたからです。常滑で7年過ごした後、多治見へ移住、現在に至ります。

独立当初はアート系フィールドでの発表の機会が多かったようですが、近年はクラフトフェアへの出展や工芸系ギャラリーでの発表など、生活側に近づく仕事をされています。境界をはずすことで新たに見えてくるリアリティもあるでしょう。それはサイズ、対象者、価格、売買のシビアな現実。そして同じ生活者から得られる評価。

今回は関東で初めての個展。まだ名前を知らない方も多いと思いますが、土器ひと筋に培ってきた実績は作品の完成度に顕れています。残り1日。どうぞお見逃しなく。

d0087761_23404792.jpg


d0087761_23405534.jpg


d0087761_2341273.jpg


d0087761_2341869.jpg


d0087761_23411593.jpg


d0087761_2341228.jpg


d0087761_23412943.jpg


d0087761_23413668.jpg



阿曽藍人展  EARTH WARE
2019年3月23日(土)~31日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)
次回在廊日 3月31日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

阿曽藍人(aso rando)プロフィール
1983年 奈良県生まれ
2009年 金沢美術工芸大学大学院陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2019年 現在、多治見市在住

d0087761_1352860.jpgd0087761_13522283.jpg



by sora_hikari | 2019-03-30 17:24 | 阿曽藍人展

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 7日目

阿曽藍人展  EARTH WARE」の7日目。会期は残すところあと2日となりました。最終日の3/31は再度、阿曽さんが在廊します。

写真は阿曽さんの平面作品。壁面作品、タイル、額装されたタブローなど従来より手掛けている二次元的焼き物。これらを見ると、考古的な土器に留まらず、土を焼いて得られる痕跡に意識が向いていることに気付きます。越後妻有トリエンナーレ、寺、美術館などでインスタレーションも手掛けてきた経歴からも「うつわ」に限らない幅のある活動が垣間見えます。

d0087761_23173861.jpg


d0087761_23174632.jpg


d0087761_2317535.jpg


d0087761_2317592.jpg


d0087761_2318634.jpg




阿曽藍人展  EARTH WARE
2019年3月23日(土)~31日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)
次回在廊日 3月31日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

阿曽藍人(aso rando)プロフィール
1983年 奈良県生まれ
2009年 金沢美術工芸大学大学院陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2019年 現在、多治見市在住

d0087761_1352860.jpgd0087761_13522283.jpg



by sora_hikari | 2019-03-29 21:06 | 阿曽藍人展

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 6日目-2

阿曽藍人展  EARTH WARE」の6日目-2。

勾玉のように研磨された土器。こぶしひと回り上の大きさ。古代より石や木は物神崇拝の対象として呪術的役割を果たしてきた訳ですが、これもオブジェというよりも「お守り」のような存在として座辺に置いて欲しいものです。無機能ゆえに無意味かと言うとそうではなく、用途なき造形物であるがゆえに人の意識を投影し、思いを宿す媒体にも成り得るでしょう。いわば自己の観念が物体化してここに在ると逆説的に捉えてみてください。研磨された土質は滑らかで手の中で撫でることで、ひとしお自身の思いと同調するはずです。

d0087761_23105586.jpg


d0087761_231145.jpg


d0087761_23111297.jpg


d0087761_23112011.jpg


d0087761_23113225.jpg


d0087761_23114121.jpg


d0087761_23114975.jpg


d0087761_23115881.jpg


d0087761_2312522.jpg


d0087761_23121352.jpg



阿曽藍人展  EARTH WARE
2019年3月23日(土)~31日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)
次回在廊日 3月31日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

阿曽藍人(aso rando)プロフィール
1983年 奈良県生まれ
2009年 金沢美術工芸大学大学院陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2019年 現在、多治見市在住

d0087761_1352860.jpgd0087761_13522283.jpg



by sora_hikari | 2019-03-28 18:06 | 阿曽藍人展

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 6日目

阿曽藍人展  EARTH WARE」の6日目。

大きな作品4点。荒々しい表情の水盤。片身変りの黒い珠。炭化した大鉢。そして衛星のような球体。いずれも土器。阿曽さんの表現の幅の広さを感じて頂けるかと思います。

d0087761_238179.jpg


d0087761_2381091.jpg


d0087761_2381874.jpg


d0087761_2382550.jpg




阿曽藍人展  EARTH WARE
2019年3月23日(土)~31日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)
次回在廊日 3月31日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

阿曽藍人(aso rando)プロフィール
1983年 奈良県生まれ
2009年 金沢美術工芸大学大学院陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2019年 現在、多治見市在住

d0087761_1352860.jpgd0087761_13522283.jpg



by sora_hikari | 2019-03-28 12:08 | 阿曽藍人展

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 5日目-2

阿曽藍人展  EARTH WARE」の5日目-2。

土器の花入れ。これらも実用の土器です。

阿曽さんの造形物は彫刻的なアプローチが多いように思います。原土を薪窯で焼成し、形も焼きも自然性に委ねた器に比べると、阿曽さんは形状をイメージしコントロールされた土器と言えるでしょう。野焼きという原始的な焼成方法を取りながらも、それを現代の形に活かす表現手段として選んでいるのが特徴的だと思います。

例えるなら見立ての井戸茶碗よりも、光悦の楽茶碗に近い「意図された自然性」と見る事も出来ると思います。自然は自然のままが自然美なのか、露地(茶庭)ごとく、形式化された自然がより自然の美しさを表すのか。阿曽さんの土器における原始性は、後者側から見るとその意図を汲み易いように思います。

d0087761_14352968.jpg


d0087761_14353715.jpg


d0087761_14354398.jpg


d0087761_14355072.jpg


d0087761_14355832.jpg


d0087761_14361086.jpg


d0087761_14361833.jpg


d0087761_14362545.jpg


d0087761_14363225.jpg



阿曽藍人展  EARTH WARE
2019年3月23日(土)~31日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)
次回在廊日 3月31日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

阿曽藍人(aso rando)プロフィール
1983年 奈良県生まれ
2009年 金沢美術工芸大学大学院陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2019年 現在、多治見市在住

d0087761_1352860.jpgd0087761_13522283.jpg



by sora_hikari | 2019-03-27 18:13 | 阿曽藍人展

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 5日目

阿曽藍人展  EARTH WARE」の5日目。

小皿、小鉢、平皿、角皿。手にし易い小さめの土器。これらも実用の食器として。

d0087761_1224218.jpg


d0087761_1224970.jpg


d0087761_1225627.jpg


d0087761_123412.jpg


d0087761_1231069.jpg


d0087761_1232026.jpg


d0087761_1232817.jpg


d0087761_1233663.jpg



阿曽藍人展  EARTH WARE
2019年3月23日(土)~31日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)
次回在廊日 3月31日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

阿曽藍人(aso rando)プロフィール
1983年 奈良県生まれ
2009年 金沢美術工芸大学大学院陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2019年 現在、多治見市在住

d0087761_1352860.jpgd0087761_13522283.jpg



by sora_hikari | 2019-03-27 12:05 | 阿曽藍人展

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 4日目

阿曽藍人展  EARTH WARE」の4日目。

6寸(18cm)、7寸(21cm)、8寸(24cm)の鉢と皿。取り皿や盛り鉢として作られた土器です。焼成前に丹念に研磨された表面で、さらに焼成後に蜜蝋を施すことで食器としての実用を担保しています。一見すると乾いた木のような質感。炭化した黒い部分と赤肌の混ざり合いが土器の景色を彩ります。自然素材ゆえに、自然な食材を引き立ててくれます。

d0087761_1821586.jpg


d0087761_1822742.jpg


d0087761_18221722.jpg


d0087761_18222988.jpg


d0087761_18223780.jpg


d0087761_18224777.jpg


d0087761_18225613.jpg


d0087761_1823619.jpg


d0087761_18231766.jpg


d0087761_18232521.jpg



阿曽藍人展  EARTH WARE
2019年3月23日(土)~31日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時(最終日は17時迄)
次回在廊日 3月31日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

阿曽藍人(aso rando)プロフィール
1983年 奈良県生まれ
2009年 金沢美術工芸大学大学院陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2019年 現在、多治見市在住

d0087761_1352860.jpgd0087761_13522283.jpg



by sora_hikari | 2019-03-26 18:35 | 阿曽藍人展

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 3日目

阿曽藍人展  EARTH WARE」の3日目。

大型作品2点。黄泉の国へ渡る舟。枯れ果てた虚ろな殻。それらが暗示するのは生死の境界でしょうか。土器ではあるが、考古的な土器の姿をそのまま写すことが目的ではない。これは阿曽さんのポリシーです。

d0087761_2049341.jpg
 舟形土器 幅80 奥行17 高さ13cm

d0087761_20494267.jpg
 深鉢土器 径35 高さ24cm


阿曽藍人展  EARTH WARE
2019年3月23日(土)~31日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
次回在廊日 3月31日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

阿曽藍人(aso rando)プロフィール
1983年 奈良県生まれ
2009年  金沢美術工芸大学大学院陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2019年 現在、多治見市在住

d0087761_1352860.jpgd0087761_13522283.jpg



by sora_hikari | 2019-03-25 20:57 | 阿曽藍人展

「阿曽藍人展  EARTH WARE」 2日目

d0087761_15263194.jpg

阿曽藍人展  EARTH WARE」の2日目。本日もご来店頂きありがとうございました。

明日から具体的な展示品をご紹介します。


阿曽藍人展  EARTH WARE
2019年3月23日(土)~31日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
次回在廊日 3月31日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図

阿曽藍人(aso rando)プロフィール
1983年 奈良県生まれ
2009年  金沢美術工芸大学大学院陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2019年 現在、多治見市在住

d0087761_1352860.jpgd0087761_13522283.jpg



by sora_hikari | 2019-03-24 17:31 | 阿曽藍人展