カテゴリ:渡辺林平・渡邊心平展( 29 )

「渡辺林平・渡邊心平展」ありがとうございました。

「渡辺林平・渡邊心平展」ありがとうございました。_d0087761_16314284.jpg

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」は本日終了しました。長雨の続く中、またコロナ禍が心配される中、ご来店下さいました皆様に厚く御礼申し上げます。

現代の作家が古典に取り組むことに意味があるのか。高度な再現に達したとしても、本歌を超えることはできない、という考え方然り。古典を知ることは、型を知ることである。型を破るなら、まず古典を知れ、という考え方も然り。古典など知らなくとも独自の表現が出来る現在ですが、しかし時代の手のひらの上にいることもまた事実です。

今は、産地にいて定説となった古典様式をあらためて原理から捉え直す動きもあれば、産地に捉われず古典をデザインとして引用することもあります。多様な表現がある時代ですから、焼き物の歴史と分断されていても、何ら支障はないのが現実ですが、しかしその源流を認識することには一定の意味があると思っています。

今回のお二人は、備前や伊万里といった歴史を意識し易い産地の作家です。参照できる歴史や技法があることは恵まれていると言えるでしょう。それを踏まえた上で、その価値観をそのまま踏襲するのか、あるいは脱却するのか、二者択一だけでなく、その中間に多様な解釈が出来ます。それを個々の作家がどう選択しているかを垣間見るのは興味深いことです。

古典とされるバッハの「ゴルトベルク変奏曲」を、グレングールドの再解釈で新たな表現が生まれるように、その人の奏で方によってどう古典が更新されるのか。それを目の当たりに出来るのは、今を生きる我々の贅沢だと思うのです。

この度お持ち帰り頂きましたお二人の器が、古典と現在の食卓を繋ぐタイムマシーンになりますように願っております。この度はありがとうございます。これからもお二人の活動にご注目ください。

「渡辺林平・渡邊心平展」ありがとうございました。_d0087761_1631501.jpg

写真は、初日在廊の渡辺林平さん

by sora_hikari | 2020-07-26 17:58 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」8日目

「渡辺林平・渡邊心平展」8日目_d0087761_12205066.jpg

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の8日目。

渡辺林平さんの焼締め大壺です。今展の中で一番の大物。今回は二人展ですから、場に相応しくないのではないかと、ご本人は送るか送らないか迷っておられました。

しかし歌舞伎に例えた「立役」の側ですから、大いに見得をきって欲しいと思います。ぐっと目を見開いてにらみを効かす。そのクライマックスがあるからこそ観客側の「大向こう」が思わず声で出る訳です。「渡辺屋~!」「焼き物屋~!」「備前屋~!」。あと一日ですが、ぜひ皆様も店内で一声お願いします。


渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」8日目_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」8日目_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-25 12:39 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-6

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-6_d0087761_181538.jpg

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の7日目-6。

渡邊心平さんの白瓷壷。初期伊万里にもこの壺の様な形があり、当時のものは水差しか花器に使われたようです。この小壺は李朝の雰囲気が色濃く出ており、初期伊万里では染付されている物が多く見られます。心平さんの酒器や壺は泉山を単味で使っています。泉山土は耐火度が低く、低温でもよく焼け玉化しやすく、その割に焼成による形の変形は少ないそうです。高さ15センチ程と小ぶりですが、薄い青の釉の流れが美しい一品です。


渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-6_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-6_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-24 19:00 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の7日目-5。

渡辺林平さんの化粧土を掛けた壷6種です。焼き締めとは異なり、白化粧や釉薬を纏っていますが、侘びた風合いを狙っている点では同じです。平面的な皿や鉢とはまた違った手捻りとろくろのシルエットの違いや色合いの変化に着目してください。

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5_d0087761_23132960.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5_d0087761_23133633.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5_d0087761_23134424.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5_d0087761_23135095.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5_d0087761_23135898.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5_d0087761_2314524.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5_d0087761_23141256.jpg



渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-5_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-24 17:00 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-4

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の7日目-4。

渡邊心平さんの艶やかな牡丹文花入れ。絵のない面を見ると薪窯で焼かれたことが分かります。もう一方は白磁と微かに輪線の入った徳利です。小さな色絵梅文杯も可愛らしいです。

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-4_d0087761_117332.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-4_d0087761_1174180.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-4_d0087761_1174819.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-4_d0087761_1175582.jpg



渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-4_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-4_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-24 15:00 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-3

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の7日目-3。

信楽土を使って焼いた壺5種です。長石粒の出方や赤茶系の色合いが信楽焼のようですが、形は信楽から離れて、弥生土器やパナリ焼きを意識した形状になっています。土器のもつ朴訥とした感覚が特徴です。

信楽の土は、備前の山土に比べて少し砂っぽく焼いた時の色の違いが出ます。地肌の色が備前は赤、信楽はオレンジ色に。地肌の色が違うのでそこに乗る胡麻の色にも差が出ます。備前は緑がかって、信楽は黄みがかります。今回出品している焼き締めも採土する地域の色を楽しんで頂ければと思います。

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-3_d0087761_2383841.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-3_d0087761_2384543.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-3_d0087761_2385281.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-3_d0087761_239098.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-3_d0087761_23962.jpg



渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-3_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-3_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-24 13:00 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-2

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の7日目-2。

渡邊心平さんの牡丹唐草文蓋物と白瓷蓋物。茶碗蒸しに使いたくなる染付の方は初期伊万里の牡丹の模様を活かしています。また白瓷の方は古九谷にある形ですが、焼き上がりが良かった為、敢えて絵付けはしていません。祭器のようにも見えます。

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-2_d0087761_123046.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-2_d0087761_123650.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-2_d0087761_1231310.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-2_d0087761_1231999.jpg



渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-2_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」7日目-2_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-24 11:00 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の7日目。

渡辺林平さんの備前壺7種。

備前にて全地下式の穴窯で焼いている林平さんは独立以来、備前焼きが現在のように定型的に語られる(田土、火襷、牡丹餅、胡麻、棧切等)以前の姿である古備前に取り組んきました。

ここで紹介する備前壺は、備前の山土を使って焼いたものです。焼き上がりは古備前に迫っていますが、細かなところで写しから離れています。例えば、古備前の口作りは玉縁が多いですが、これらは敢えて二重口にしており、単なる写しにならないようにとの配慮です。

備前はねっとりした肌というのが骨董ではよく言われていることですが、ねっとりした田土は肌理が細かいので焼くと表面が硬い感じになります。瓦の感じ、むしろぼそぼそした山土を高温で焼きしめることでねっとりした肌になるというのが、林平さんの備前の考え方です。

形や様式を映すのではなく、須恵器の時代から続く古備前の風合いに倣うとでも言えばいいでしょうか。外形から離れながら、その内面性に近づく。これが林平さんの古備前の捉え方のように思います。

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目_d0087761_22562554.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目_d0087761_22563315.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目_d0087761_22564170.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目_d0087761_22565097.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目_d0087761_22565723.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目_d0087761_2257559.jpg


「渡辺林平・渡邊心平展」7日目_d0087761_22571433.jpg



渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」7日目_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」7日目_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-24 09:00 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」6日目-6

「渡辺林平・渡邊心平展」6日目-6_d0087761_18575988.jpg

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の6日目-6。

店主:5寸皿ばかりじゃなくて、もっとアイテムを増やした方が展示構成としていいんじゃないの?

林平:いえ、ここをやりたいんです。同じ大きさでも1枚1枚違うんです。集めて並べるのではなく、自然素材で染めた布のように微妙な色の違いを見て欲しいんです(目頭熱く)。

雑駁な商人と熱い作り手の会話。焼き物純情派、渡辺林平。


渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」6日目-6_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」6日目-6_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-23 19:12 | 渡辺林平・渡邊心平展

「渡辺林平・渡邊心平展」6日目-5

「渡辺林平・渡邊心平展」6日目-5_d0087761_18193561.jpg

渡辺林平・渡邊心平展 立役と女形」の6日目-5。

渡邊心平さんの陽刻つがい鷺文皿。

寄り添った二羽の白鷺(しろさぎ)をモチーフにした糸切り成形の皿。目にはひと筆の呉須を、口縁に鉄を巻いています。古典の写しとのことですが、簡潔にして素晴らしいデザインです。お祝いの品として良いですね。白鷺の文様は、絵付けの中でも良く見られます。白い羽の優雅な美しさと、蓮と同様に池の泥の中にいても羽が汚れない高潔な姿が好まれたようです。


渡辺林平(粉引・焼締)・渡邊心平(色絵・染付)展 
立役と女形(たちやくとおやま)
2020年7月18日(土)~26日(日)
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

渡辺林平プロフィール
1974年 岡山市に生まれる
2001年 備前陶芸センター修了
2002年 備前に全地下式穴窯を築窯
2020年 現在、岡山県備前市にて製作

渡邊心平プロフィール
1982年 愛媛県生まれ
2009年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2013年 陶磁器製造会社勤務
2020年 現在、佐賀県伊万里市にて製作

「渡辺林平・渡邊心平展」6日目-5_d0087761_016490.jpg「渡辺林平・渡邊心平展」6日目-5_d0087761_0161537.jpg

by sora_hikari | 2020-07-23 18:33 | 渡辺林平・渡邊心平展