カテゴリ:田淵太郎展2019( 14 )

「田淵太郎展 生死一如」7日目-2

田淵太郎展 生死一如」の7日目-2。会期は残り2日となりました。最終日の9/22は17時で終了させて頂きます。台風の影響が心配ですが、天気状況をご確認の上、どうぞお出掛け下さい。

田淵太郎さんの急須(茶壺)、茶杯、茶海、湯冷し、茶入。中国茶向きのものは近年中国からの需要もあり取り組んでいるアイテムです。胎土は磁土ですが、薄掛けの釉薬に含まれる僅かな鉄分が薪窯の還元炎に反応して青白磁になっています。茶に青磁の器が上級とされるのは、茶映りの良さからです。淡く窯変した不均一な青白色が薪窯の変化を感じさせます。茶を奏でるに上質な田淵さんの茶器。過ごしやすくなった秋の日にお愉しみ下さい。

d0087761_1644980.jpg


d0087761_1645618.jpg


d0087761_165340.jpg


d0087761_1651111.jpg


d0087761_1651982.jpg


d0087761_1652676.jpg



田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 *最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-20 18:02 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」7日目

田淵太郎展 生死一如」の7日目。

田淵さんの食器。鉢・皿・碗。いずれも穴窯による焼成です。花入、茶碗、オブジェの一点物のドラマチックな表情と異なり、食器は薄く掛かった透明釉が淡く青緑色に発色し静かな佇まいです。それはまるで上空から撮影した氷原のようで、振幅の狭い中に深淵な景色が見えてきます。言葉が少ないゆえに引き込まれる方も多いでしょう。鑑賞と実用が均衡した美しい食器です。

d0087761_2329483.jpg


d0087761_23295659.jpg


d0087761_2330258.jpg


d0087761_2330868.jpg


d0087761_23301632.jpg


d0087761_23302479.jpg


d0087761_23303180.jpg


d0087761_23303879.jpg



田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 *最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-20 11:48 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」6日目-3

田淵太郎展 生死一如」の6日目-3。

骰子形窯変白磁。炎の熱で耐えきれずに割れたと見るか、崩壊せずに留まったと見るか。火の神の圧力によって産まれし無垢の塊。

d0087761_17332728.jpg
 w20 d20 h20cm

d0087761_17333440.jpg
 h18.5 w12 d8.5cm

d0087761_17334277.jpg
 h11.5 w16 d8cm


田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 *最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-19 20:39 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」6日目-2

田淵太郎展 生死一如」の6日目-2。

面と線。

d0087761_15402023.jpg
 w35 h55 t8cm

d0087761_15402751.jpg
 h71 w4 d3cm


田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 *最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-19 15:47 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」6日目

田淵太郎展 生死一如」の6日目。

村雨の露もまだひぬ槇の葉に霧立ちのぼる秋の夕暮れ
窯変白磁筒花 h34cm

d0087761_12105124.jpg



田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-19 12:18 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」5日目-2

田淵太郎展 生死一如」の5日目-2。

柔らかな曲線の窯変白磁壺。これらの壺を見て分かる通り、田淵さんの選ぶ形は均整のとれた美しいラインでまとめられています。この形だからこそ、激しい窯の中の痕跡が、幽玄な階調として目に映るのです。くどい形に強い窯変の掛け合わせではこうは成りません。余韻や幻想を抱かせるには、表現の一部を抑えて受け手の心情に余地を残すことが大切です。外形から内面を感じさせる技量とはそういうものでしょう。

d0087761_16495358.jpg
 窯変白磁壺
 高40 胴径30cm

d0087761_1650021.jpg
 窯変白磁壺
 高28 胴径22cm

d0087761_1650742.jpg
 窯変白磁壺
 高29 胴径22cm

d0087761_16501374.jpg
 窯変白磁瓶
 高25 胴径16cm

d0087761_16502130.jpg
 窯変白磁瓶
 高19 胴径14cm

d0087761_16502810.jpg
 窯変白磁丸小壺
 高9 胴径10cm


田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-18 17:41 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」5日目

田淵太郎展 生死一如」の5日目。

塗蓋を誂えて水指にお勧めしたい桶形の窯変白磁花入。

d0087761_11405514.jpg
 252)窯変白磁桶形花入
 φ17.5 h15cm

d0087761_1141475.jpg
 252)窯変白磁桶形花入   
 φ17.5 h15cm


田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-18 11:54 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」4日目

田淵太郎展 生死一如」の4日目。

窯変白磁面取茶碗5選。写真は10枚ありますが、五つの碗の表と裏面を掲載しています。

ろくろ挽きした後、躊躇いなくすぱっと切り落とした面で構成された筒形の茶碗です。目につくのは、屏風面に焼き付いた水墨画のような景色です。雪舟のごとく強い線もあれば等伯の幽玄な濃淡も見てとれます。手の中で回してどこを正面に据えるかは個人個人で異なるでしょう。

本来、白磁は窯の中で汚さず綺麗に焼く事が定石ですが、田淵さんは敢えて炎や薪の灰が直接影響する穴窯で焼く事でこの窯変(ようへん)を得ています。焼き物であるが故の自然現象を白磁というキャンパスに写し取る白と黒の世界。偶発的に生まれる景色を人為的に狙う訳ですが、その歩留まりは悪く、ひと頃は窯ごと全滅という経験もあったとか。一筋縄で行かないからこそ、唯一無二の景色を得た時の喜びはひとしおでしょう。

奥深い山河に彷徨い忘我するか、氷山の静けさに身を委ねるか、茶と共に浸って頂ければと思います。

d0087761_16391928.jpg
 212)窯変白磁面取茶碗
 口径10.7 高10cm

d0087761_16392686.jpg
 212)窯変白磁面取茶碗 
 口径10.7 高10cm

d0087761_16393381.jpg
 205)窯変白磁面取茶碗 
 口径10.5 高10.5cm

d0087761_16394153.jpg
 205)窯変白磁面取茶碗 
 口径10.5 高10.5cm

d0087761_16395184.jpg
 211)窯変白磁面取茶碗 
 口径11 高10.7cm

d0087761_1640083.jpg
 211)窯変白磁面取茶碗 
 口径11 高10.7cm

d0087761_1640799.jpg
 209)窯変白磁面取茶碗 
 口径11 高10cm

d0087761_16401444.jpg
 209)窯変白磁面取茶碗 
 口径11 高10cm

d0087761_16402152.jpg
 207)窯変白磁面取茶碗 
 口径11.5 高10.5cm

d0087761_16402720.jpg
 207)窯変白磁面取茶碗 
 口径11.5 高10.5cm


田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-17 18:07 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」3日目

田淵太郎展 生死一如」の3日目。

能面に例えるなら、増女のような清澄の顔と般若のごとく鬼気迫る顔の両面を併せ持つ末広の花入。さらに両極が入れ替わる逢魔が時の景色も見所です。高30 幅20cmの窯変白瓷花入。

d0087761_18434790.jpg


d0087761_18435523.jpg


d0087761_18442100.jpg


d0087761_1844948.jpg



田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-16 18:58 | 田淵太郎展2019

「田淵太郎展 生死一如」2日目

d0087761_18435180.jpg

田淵太郎展 生死一如」の2日目。本日もご来店頂きありがとうございました。明日より平日、ゆっくりご覧頂けます。


田淵太郎展 生死一如
2019年9月14日(土)~22日(日)会期中無休 
営業時間 11時―18時 
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2019年  現在、同地にて制作

d0087761_16345789.jpgd0087761_16311725.jpg


by sora_hikari | 2019-09-15 18:44 | 田淵太郎展2019