カテゴリ:梶原靖元・谷穹 展( 19 )

「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」4日目

d0087761_1593844.jpg

梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」の4日目。

梶原靖元さんの梅花皮茶碗。かりっと焼け、指ではじくときーんと硬質な音がします。地味ながら唐津らしい内面的な奥行を感じます。梶原さんのお仕事の核は古唐津の再現にありました。味を付けた演出的な土もの唐津ではなく、材料の見直し、当時の焼成方法によって、400年前の石ものの唐津の姿を実証したことが梶原さんの功績です。それは古典回帰、懐古主義ではなく、形骸化した古唐津フォーマットをリロードする再生であったのです。さらに現在は古唐津の原点となる韓国や中国の古陶磁へ興味は広がっています。今展の茶碗を見ると多様でありながら、古唐津から派生してその根に繋がろうとする意識を感じます。この仕事を成すには経済的迎合から出発することは出来ません。古典をあらためて再現したとは言え、単なる写しで評価を得ようとはせず、その材料と当時の方法論をもって、どう今の時代に独自の器を表すか、ここが梶原さんの焼き物の真髄と言えましょう。


梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶

d0087761_17192693.jpgd0087761_17193743.jpg



by sora_hikari | 2019-06-25 23:58 | 梶原靖元・谷穹 展

「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」3日目-2

d0087761_18125074.jpg

梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」の3日目。雨の中、ご来店頂きました皆様にお礼申し上げます。

写真は、谷穹(たに・きゅう)さんの信楽広口大壺。高さ53センチの堂々とした姿です。谷さんの焼き物の要は、古信楽(こしがらき)にあります。信楽は日本六古窯に数えられる伝統的な焼き物産地。鎌倉時代から室町時代に作られた甕・種壺・すり鉢などの焼締めを「古信楽」と呼んでいます。

一般的にそれらは当時の民具であり、名も無き陶工によって作為なく作られたその自然体な姿が評価されがちですが、それだけでは無いのではないかというのが谷さんの推察です。何故なら、ご自身でその再現を試みる中で、意図せずして生まれ得ない焼き肌を知り、一概に大衆の道具ばかりとして作られたのではないという思いに至りました。事実、当時の社寺への奉納品と作られ公家に捧げる目的で作られた器があったと言います。

その疑問の根拠は、ご実家所蔵の古信楽コレクションに囲まれて育った環境にあります。現在の古信楽(写し)はビードロ状に窯変したどろどろしたものが多い中、実際の古い壺は、もっとかせた張りのある姿が多く、そのギャップを見直すことからスタートしているのです。この立脚点こそ、谷穹さんの焼き物の意味を探る鍵になるのです。


梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶

d0087761_17192693.jpgd0087761_17193743.jpg




by sora_hikari | 2019-06-24 21:17 | 梶原靖元・谷穹 展

「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」3日目

d0087761_10523167.jpg

梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」。

雨と地震と。3日目が始まりました。


梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶

d0087761_17192693.jpgd0087761_17193743.jpg




by sora_hikari | 2019-06-24 10:53 | 梶原靖元・谷穹 展

「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」2日目

d0087761_19133366.jpg

梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」の2日目。本日もご来店下さいました皆様に心より御礼申し上げます。

明日より平日。引き続き梶原靖元さんと谷穹さんの器をご紹介して参ります。


梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶

d0087761_17192693.jpgd0087761_17193743.jpg




by sora_hikari | 2019-06-23 19:14 | 梶原靖元・谷穹 展

「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」始まりました

d0087761_22391435.jpg

梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」はスタートしました。本日は天候が荒れる中、たくさんの方にご来店頂き誠にありがとうございます。明日6/23にも梶原さんと谷さんが在廊されますので、この機会にお越しください。


梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
作家在廊日 6月22日・23日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶

d0087761_17192693.jpgd0087761_17193743.jpg




by sora_hikari | 2019-06-22 22:39 | 梶原靖元・谷穹 展

「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」6/22より

d0087761_1653947.jpg

明日6月22日(土)より始まる「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」の準備が整いました。梶原靖元さん110点、谷穹さん132点、合わせて242点、力作揃いの内容です。新たに古典を問う唐津と信楽、この共演をお見逃しなく。初日・二日目はお二人が在廊されます。どうぞこの機会にご来店下さい。


梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
作家在廊日 6月22日・23日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶

d0087761_17192693.jpgd0087761_17193743.jpg




by sora_hikari | 2019-06-21 16:59 | 梶原靖元・谷穹 展

「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」6/22より

d0087761_19421118.jpg

6月22日(土)より始まる「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」の出品物が届き、只今設営中です。事前にどのようなものをご覧頂けるかリストでご紹介します。この二人の組み合わせに意義を感じて下さる方に思いが届くことを願っております。

◆梶原靖元
高麗白瓷茶碗
李朝茶碗
井戸茶碗
梅花皮茶碗
梅花皮茶碗
斑々茶碗
高麗白瓷茶碗
雲泥茶碗
黒高麗茶碗
耀黒茶碗
高麗青瓷茶碗
紅葉呉器茶碗
雨漏堅手茶碗
黄唐津半筒茶碗
唐津茶碗
奥高麗茶碗
雲泥茶碗
高麗青瓷壺

紫蘇手大徳久利
粉青大徳久利
青花白瓷壺
斑小壺
粉青小壺
白瓷小壺
飴釉一輪差し

李朝白瓷盃
雲泥盃
白飯洞半筒盃
白飯洞馬盥盃
絵唐津筒
豚草灰盃
斑々馬盥盃
白斑馬盥盃
鉄画盃
月白盃
天目盃
紫蘇手盃
高麗青瓷盃
高麗青瓷平盃
高麗白瓷盃
唐津志野盃
飛び染付猪口
鉄画筒

唐津志野片口
高麗扁壺徳利
黒高麗徳利

染付急須
筒急須

御所丸碗
昆布釉鉢5客組
飴釉小鉢5客組
沓形高麗白瓷碗
雲泥輪花皿5客組
鉄画波口皿5客組
飛び染付小皿5客組
雲泥葉形手塩皿5客組
染付小皿5客組
染付中皿
四方染付鉢

◆谷穹
信楽蹲
信楽広口壷
信楽壷
信楽ひさご
緑釉壷

信楽茶碗
信楽平茶碗
弥生茶碗
黒盌
黒馬盥
白唐人笛垸

信楽薬器
信楽瓜
信楽経筒
白ひさご
緑釉塔

信楽とくり
信楽盃
黒盃
信楽袋盃
白ゴブレット
信楽鞘
信楽すり鉢
伊賀巻盃
弥生杯
信楽耳杯
ビール
緑釉片口
緑釉鶏冠壷
信楽ひさごのゆ
信楽筒
緑釉ちょく

汽車土瓶

菊皿
伊賀向付
信楽向付
おやつ


梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
作家在廊日 6月22日・23日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶

d0087761_17192693.jpgd0087761_17193743.jpg




by sora_hikari | 2019-06-20 19:55 | 梶原靖元・谷穹 展

「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」6/22より

d0087761_1951349.jpg

梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」。静かに出番待ち。6月22日(土)より。乞うご期待。


梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
作家在廊日 6月22日・23日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶

d0087761_17192693.jpgd0087761_17193743.jpg




by sora_hikari | 2019-06-18 19:06 | 梶原靖元・谷穹 展

「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」のご案内

d0087761_17192693.jpg

6月22日(土)から30日(日)まで開催する「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」のご案内です。

唐津の梶原靖元さんと信楽の谷穹さんによる二人展です。お二人にお願いする意図は、それぞれの伝統的な焼き物産地で、定説となっている古典の在り方を疑い、あらためてその原点に立ち返ることを試みているからです。

梶原さんは土ものとされて来た古唐津を、石もの(磁器)に近い焼き物として原料、焼成方法から問い直しました。一方の谷さんは、中世の民具とされる古信楽を、単なる大衆品ではなく社寺への奉納品として作れらた意図を汲んでその再現に取り組んでいます。

時として古典の再考は、その枠に拘る勢力から反発を買う覚悟も必要になります。しかし学術的検証とは違い、当時の実物を入念に見たうえで、実践を持って臨む姿は何より説得力があるのです。今、唐津や信楽に留まらず同時代的に起こっている各地の古典再検証。今展ではお二人の活動を通して、産地を超えて響き合う契機になることを願っています。店主

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶


梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
作家在廊日 6月22日・23日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

d0087761_17193743.jpg


by sora_hikari | 2019-06-17 17:26 | 梶原靖元・谷穹 展