カテゴリ:川口武亮展( 17 )

「川口武亮展 さらばインスタ」ありがとうございました

d0087761_20504258.jpg

川口武亮展 さらばインスタ」は本日終了しました。会期中ご来店頂きました皆様へ厚く御礼申し上げます。

展示内容とは関係のない副題をつけた今展に、川口さんご自身戸惑った事と思います。しかし川口さんの選択は、今の時代の作家の在り方として示唆的でもあったと思います。

ネットの影響は抗えないことであり、利点もあればリスクも伴います。要はその使い方次第です。ただ言えるのは、発する情報も、作っている作品も、結局はどういう人に出会えるかというフィルターになっているということです。幅を求めるのか、深さを求めるのか、その割合は個々人に委ねられます。

川口さんの選択は、彼自身の意識の変化であり、覚悟でもあるのだと思います。確かに方向性の変化を感じました。良き理解者も多く得られたと思います。そんな瞬間に立ち会える喜びの多い展覧会でした。どうぞ引き続き川口武亮さんのこれからにご注目ください。この度はありがとうございました。

d0087761_20505391.jpg



これからの営業案内

うつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)
2/4(月)~2/22(金) 冬期休業
2/23(土)~3/3(日) 竹花正弘展
3/4(月)~3/8(金) 搬出・設営休
3/9(土)~3/17(日) 古谷 宣幸展


by sora_hikari | 2019-02-03 20:50 | 川口武亮展

「川口武亮展 さらばインスタ」最終日

川口武亮展 さらばインスタ」の9日目。会期は本日2月3日(日曜)まで。時間を繰り上げて17時で終了させて頂きます。

すでに売約済みとなった品々ですが、記録のために掲載しておきます。

d0087761_1191260.jpg


d0087761_1192045.jpg


d0087761_1192856.jpg


d0087761_1193520.jpg


d0087761_1194322.jpg


d0087761_1195025.jpg


d0087761_1195792.jpg


d0087761_1110424.jpg


d0087761_1110113.jpg


d0087761_11101893.jpg



川口武亮展 さらばインスタ
2019年1月26日(土)~2月3日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図
d0087761_22491984.jpgd0087761_2249315.jpg



川口武亮プロフィール
1974年 佐賀県有田生まれ
2000年有田窯業大学校卒業
2001年番浦史郎氏に師事
2002年花岡隆氏に師事
2005年有田にて独立

by sora_hikari | 2019-02-03 11:10 | 川口武亮展

「川口武亮展 さらばインスタ」8日目

川口武亮展 さらばインスタ」の8日目。会期は2月3日(日曜)まで。最終日は時間を繰り上げて17時で終了させて頂きます。

写真は、佐賀県有田町の川口武亮さんの工房の様子です。川口さんお一人で使うには贅沢な広さ。窯の数も多く、個人作家の製作環境としては恵まれています。有田の景気のいい頃は、こういう窯場がどこでもフル稼働していたのでしょう。

ご祖父もお父様も有田の焼き物に携わるお仕事でしたから、稼業をそのまま引き継いで有田焼作家になっていれば、それなりの立ち位置にいたのではないでしょうか。しかし高校卒業後に有田窯業大学に入るものの、半年で辞め、福岡県でサラリーマンを経験。なんとその頃に通った陶芸教室で作った作品が伝統工芸展で入選していたそうです。

それを契機に、あらためて有田窯業大学に入り直し、絵付けとろくろの勉強をしました。卒業後に有田陶器市に出店していましたが、鳴かず飛ばずの状況の中、地元の山本英樹さんの元に外弟子として通う中で粉引の器に惹かれていったそうです。ここが土ものとの出会いだったそうです。

その後、花岡隆さんの粉引を知り、伊豆を訪ねて弟子入りを志願しますが、無念にも断られた結果、伊賀の番浦史郎さんのもとで1年間修行。しかし師匠を病で亡くし、再び花岡隆さんと再会。ここでようやく花岡さんのもとで働くことが叶いました。

その修行を3年経て、ようやく有田に戻り、独立したのが30歳。有田育ちながら、紆余曲折を経て遅咲きのスタートでした。その頃、盛んになり始めたクラフトフェアをきっかけに、暮らしに向いた粉引、三島手の器で好評を得て、仕事も忙しくなっていきました。さらに昨今のうつわ市場の盛り上がりやSNSによって益々広がっていきました。

独立後、順風であったはずの状況に気持ちの変化が顕れ始めたのが、ここ数年のこと。禅の本を読んだことをきっかけに、販売を広げる事へのこだわりが無くなったと言います。インスタを辞めたのもちょうどその頃。独立から15年目。自分の培ってきたうつわ、取引先、顧客。あらためて原点に立ち返って何を作りたいのか。誰のために作るのか。そしてこれからどこに向かうのか。自分に問い直す時期なのだろうと思います。

考えてみれば、川口さんをたらしめてきたのは、規定の路線に安易に乗らずに、自分の方法を見出すことだったのではないでしょうか。そう考えると、今、ここで変化しようとする姿は川口さんが選んで来た道そのものだと思うのです。今はまだ始まったばかり。これからどうなっていくのか楽しみです。ぜひ「ただいま、インスタ」も見てみたいものです。

d0087761_16303442.jpg


d0087761_16304221.jpg


d0087761_16304944.jpg


d0087761_16305615.jpg


d0087761_1631374.jpg


d0087761_16311044.jpg


d0087761_16311750.jpg


d0087761_16312484.jpg


d0087761_1631314.jpg


d0087761_16313995.jpg



川口武亮展 さらばインスタ
2019年1月26日(土)~2月3日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図
d0087761_22491984.jpgd0087761_2249315.jpg



川口武亮プロフィール
1974年 佐賀県有田生まれ
2000年有田窯業大学校卒業
2001年番浦史郎氏に師事
2002年花岡隆氏に師事
2005年有田にて独立

by sora_hikari | 2019-02-02 22:27 | 川口武亮展

「川口武亮展 さらばインスタ」7日目-2

川口武亮展 さらばインスタ」の7日目-2。会期は残すところ2日となりました。まだ十分ご覧頂けますので週末にお出掛け下さい。

写真は、大胆に面取りされた粉引花入と楕円大鉢。焼き上がりの印象は異なりますが、川口さんの師匠である花岡隆さんを彷彿させる形です。

かつて暮らし向きの粉引の器を作る作家がとても多かった事を覚えています。クラフトフェアに行くと、粉引ばかりが目についたものです。この流行に花岡隆さんがもたらした影響は大きかったでしょう。李朝と繋がる茶陶寄りの粉引とは隔絶され、現代的な暮らしに添って洗練された粉引は当時大きな衝撃でした。

流行とは、その影響を受けて意図的に「真似る」行為もあれば、知らぬ間に「うつる」ことも含まれます。雑誌やお店(今はネット)で目にする器が、いつの間にか自分の作風に影響していることは、ままあることでしょう。しかし流行はいずれ移り行くものです。その時に大切なのは、影響を受けたその自覚と、そこを超えようとする自分探しではないでしょうか。

川口さんがインスタグラムから離れたのは、そこから入ってくる他の情報を一度断ち切りたかったからだと聞きました。知らずに目にしてしまう残像から一旦離れて自分の仕事を見つめ直すことなのだと思います。

今や粉引の影は薄くなり、装飾的な器、あるいは原土×薪窯による器が多く見られるようになりました。加飾、あるいは焼き物回帰。シンプルな器を経て、時代は行ったり来たりするものです。これからどういう変化が見られるでしょうか。変わること、変わらないこと。時代認識を踏まえながら、その人の作る意味を見つめていきたいと思います。

d0087761_15492656.jpg


d0087761_15493555.jpg



川口武亮展 さらばインスタ
2019年1月26日(土)~2月3日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図
d0087761_22491984.jpgd0087761_2249315.jpg



川口武亮プロフィール
1974年 佐賀県有田生まれ
2000年有田窯業大学校卒業
2001年番浦史郎氏に師事
2002年花岡隆氏に師事
2005年有田にて独立

by sora_hikari | 2019-02-01 18:41 | 川口武亮展

「川口武亮展 さらばインスタ」7日目

川口武亮展 さらばインスタ」の7日目。

これらも本日時点で在庫があるものからピックアップしました。会期は2月3日(日曜)までとなります。

d0087761_12163331.jpg


d0087761_12164140.jpg


d0087761_12164860.jpg


d0087761_12165538.jpg


d0087761_1217257.jpg


d0087761_1217918.jpg





川口武亮展 さらばインスタ
2019年1月26日(土)~2月3日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図
d0087761_22491984.jpgd0087761_2249315.jpg



川口武亮プロフィール
1974年 佐賀県有田生まれ
2000年有田窯業大学校卒業
2001年番浦史郎氏に師事
2002年花岡隆氏に師事
2005年有田にて独立

by sora_hikari | 2019-02-01 12:18 | 川口武亮展

「川口武亮展 さらばインスタ」6日目

川口武亮展 さらばインスタ」の6日目。曇天の静かな日。夜は雪になるらしい。

本日時点で店頭に残っている鉢と皿の中から10点を選んでご紹介します。

需要は過去作品を追ってくるものですが、過去を繰り返すことに逡巡する作り手もいるはずです。期待に応えるべく定番を作り続けるのが食器作家としての良心であるという考え方と、新たに取り組むことが作家としての成長であるという考え方と、二面性は常にあるものです。

川口さんの場合、従来の方法から極端に転向する訳ではなく、今は幅を広げ、新規開拓の思いが強いのだろうと思います。今後、発表する場や顧客のタイプに合わせて、柔軟に応じることは現実的な選択なのではないでしょうか。

d0087761_172307.jpg
 青灰三島6寸半鉢 径19.5 高さ7cm

d0087761_1723733.jpg
 灰釉粉引鎬鉢 径19.5 高さ7cm

d0087761_1724417.jpg
 灰釉打刷毛目鉢 径19 高さ6cm

d0087761_1725150.jpg
 黄灰三島6寸鉢 径19 高さ6.5cm 

d0087761_1725834.jpg
 黄緑たわみリム深鉢 径19 高さ6.5cm 

d0087761_173561.jpg
 灰釉三島九寸皿鉢 径28 高さ6.5cm  

d0087761_1731288.jpg
 灰釉粉引付台 幅28 奥行15 高さ4.5cm  

d0087761_173193.jpg
 灰釉三島隅切三ッ足皿  幅17 奥行17 高さ3cm  

d0087761_1732535.jpg
 緑灰花象嵌四角向付 幅13 奥行13 高さ5cm 

d0087761_1733388.jpg
 黄緑楕円皿(灰被り)幅25 奥行15 高さ3.5cm 


川口武亮展 さらばインスタ
2019年1月26日(土)~2月3日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図
d0087761_22491984.jpgd0087761_2249315.jpg



川口武亮プロフィール
1974年 佐賀県有田生まれ
2000年有田窯業大学校卒業
2001年番浦史郎氏に師事
2002年花岡隆氏に師事
2005年有田にて独立

by sora_hikari | 2019-01-31 17:45 | 川口武亮展

「川口武亮展 さらばインスタ」5日目

川口武亮展 さらばインスタ」の5日目。

山採りした季節の花。自然体な投げ入れは、川口さんの花器と調和します。花は圷奈保美さん。花の姿と香りもどうぞお楽しみ下さい。

d0087761_18244490.jpg


d0087761_18245333.jpg



川口武亮展 さらばインスタ
2019年1月26日(土)~2月3日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図
d0087761_22491984.jpgd0087761_2249315.jpg



川口武亮プロフィール
1974年 佐賀県有田生まれ
2000年有田窯業大学校卒業
2001年番浦史郎氏に師事
2002年花岡隆氏に師事
2005年有田にて独立

by sora_hikari | 2019-01-30 18:33 | 川口武亮展

「川口武亮展 さらばインスタ」4日目

d0087761_1830551.jpg

川口武亮展 さらばインスタ」の4日目。

灰釉三島7.5寸鉢。

定評のある川口さんの三島手の鉢。くぐもった灰釉に霞む白花文と緑灰の焼き色に深みを感じます。安定して焼ける土を選ばずに、唐津の原土を使うことで変数の増した土味が生まれました。

しかし何故、川口さんが土ものなのか?というのも、ご祖父様もお父様も有田の焼ものを稼業にしてきたご家系です。川口さんご本人も地元の有田窯業大学校で学ばれており、通常なら有田を代表する染付磁器に取り組むのが順当な道であったはずです。

当時、有田のような焼きもの産地の流れとは異なる生活の器を作る作家の活躍が顕著になり始めていました。その流れを代表する伊豆の花岡隆さんは、生活向きの粉引を世に広めた第一人者でした。それは李朝をベースにする粉引でありながら、古典回帰とは違う、現代的な食器の魅力を提示していました。

川口さんは、そんな花岡さんの器の在り方に感動し、自ら弟子入りを志願、一旦は断れるものの、無事3年間の修行を積みました。その経験をもとに、2005年に有田に戻り独立、当時のクラフトフェアの広がりの中でご自身の器を確立していきました。

川口さんは人生を選択する転換点で、敢えて逆の道を選んできたのが、今の自分を形成していると言えます。安定を求めることよりも、まだ見えぬ方向にご自身の勘を信じて進んできた。そして今また、次の方向を探り始めている。それは川口さんらしい必然なのだとに思います。



川口武亮展 さらばインスタ
2019年1月26日(土)~2月3日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図
d0087761_22491984.jpgd0087761_2249315.jpg



川口武亮プロフィール
1974年 佐賀県有田生まれ
2000年有田窯業大学校卒業
2001年番浦史郎氏に師事
2002年花岡隆氏に師事
2005年有田にて独立

by sora_hikari | 2019-01-29 19:16 | 川口武亮展

「川口武亮展 さらばインスタ」3日目

d0087761_17214825.jpg

川口武亮展 さらばインスタ」の3日目。

今展は一品性を求めた器が見所でしょう。従来の川口さんを支える需要は、味わいのある器と共に均質化された安定性にあります。幅のある食卓の期待に応えるべく、脇役として個を消していく作業。使い易く、買い易く、そして滋味深い。このバランスです。もちろん近年の食器としてあるべき姿を体現している訳で、そこに多くの評価が集まる現状を否定するものではありません。

しかし敢えて言うなら、幅を求めるあまり最大公約数の無難な仕事にもなり兼ねない。広い感動はあるが、否応無しの強さが薄れてしまう反面もあります。強さを求めた一品もの。それは多くを排するが、たった一人の心に刺さる強さも在ります。そのきっかけを掴みたい。そんな意志を感じる内容なのです。

作品化する器には独善的な危険も伴います。一方向だけに舵を切るのではなく、従来の器の在り方に、どう感動尺度を掘り下げていけるのか。その狭間に揺らぐ川口さんの仕事を汲み取ってください。


川口武亮展 さらばインスタ
2019年1月26日(土)~2月3日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図
d0087761_22491984.jpgd0087761_2249315.jpg



川口武亮プロフィール
1974年 佐賀県有田生まれ
2000年有田窯業大学校卒業
2001年番浦史郎氏に師事
2002年花岡隆氏に師事
2005年有田にて独立

by sora_hikari | 2019-01-28 17:27 | 川口武亮展

「川口武亮展 さらばインスタ」2日目

d0087761_1901169.jpg

川口武亮展 さらばインスタ」の2日目。本日も寒い中、ご来店頂きありがとうございます。じっくりお選び頂く方が多く、嬉しく思います。会期は2月3日(日曜)まで休まず営業致します。


川口武亮展 さらばインスタ
2019年1月26日(土)~2月3日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6) 地図
d0087761_22491984.jpgd0087761_2249315.jpg



川口武亮プロフィール
1974年 佐賀県有田生まれ
2000年有田窯業大学校卒業
2001年番浦史郎氏に師事
2002年花岡隆氏に師事
2005年有田にて独立

by sora_hikari | 2019-01-27 19:05 | 川口武亮展