カテゴリ:長谷川奈津 展( 2 )

「長谷川奈津展 林檎の花」 明日4/21(土)より

d0087761_1745451.jpg

明日4月21日(土)から始まる「長谷川奈津展 林檎の花」の準備が整いました。ベーシックな食器から花入れなど、日常の中にあって美しさを増すうつわが400点近く揃いました。明日、あさっては長谷川さんが在廊されます。天気も良くなりそうです。どうぞこの機会にお出掛けください。


長谷川奈津展 林檎の花
2018年 4月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 4月21日・22日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)地図

d0087761_18131289.jpgd0087761_18132949.jpg

長谷川奈津プロフィール
1967年 東京生まれ
1994年 東京芸術大学 大学院陶芸専攻終了
1995年 青木亮氏のもと塊工房で学ぶ
1997年 神奈川県津久井郡(現 相模原市)に築窯
2018年 現在同地にて作陶


by sora_hikari | 2018-04-20 20:13 | 長谷川奈津 展

「長谷川奈津展 林檎の花」 開催のお知らせ

d0087761_18131289.jpg


4月21日(土)から29日(日)まで開催する「長谷川奈津展 林檎の花」のご案内です。

まもなく開花する薄紅色の林檎の花。寒さに耐えながら大きな実をつける樹木にしては、意外なほど控えめで清楚な花を咲かせます。林檎灰の釉薬を多く用いる長谷川奈津さんの慎ましくも芯のしっかりしたうつわの印象と重ね合せました。

まだうつわを見始めてまもない頃、無心で手にした器が長谷川さんのご飯茶碗でした。それは今迄見てきたものと違って、謙虚な美しさながら深く心に届く存在感がありました。同じ種類の器であっても、個々にじっくり見ていくと、その中に自分を待っていたような1点と出会える。道具としての用の美が尊ばれる頃でしたが、むしろそこに潜む造形の芯の強さに魅力を感じたのでした。

素材に逆らわず、自然性を引き出したうつわ。反復と新たな試み。毎年収穫する林檎も、その年ごとに採れる色づきや甘みが異なるように、それぞれに微妙な変化があって、果実に蓄えられた奥行こそが、実りの豊かさだと思うのです。長谷川さんのうつわも同様に、この基本的な向き合い方があり、それを確かなものにしています。劇的な変化よりも日々積み重ねた身近な中にこそ、本質的な美が宿ることに気づかせてくれるのです。

あれから十数年が経ち、うつわを取り巻く環境も大きく変化してきました。あらためて長谷川さんが、今何を考え、どこに向かっているのか。それを知りたく今展をお願いしました。弊店にとってうつわの魅力の原点に触れる長谷川さんをお迎えできることは大きな喜びです。これを皆様とも共有したく思っております。ご来店をお待ちしております。店主

長谷川奈津プロフィール
1967年 東京生まれ
1994年 東京芸術大学 大学院陶芸専攻終了
1995年 青木亮氏のもと塊工房で学ぶ
1997年 神奈川県津久井郡(現 相模原市)に築窯
2018年 現在同地にて作陶


長谷川奈津展 林檎の花
2018年 4月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 4月21日・22日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)地図

d0087761_18132949.jpg


by sora_hikari | 2018-04-16 18:19 | 長谷川奈津 展