カテゴリ:角掛政志さん( 7 )

角掛政志 展 @ 千鳥

d0087761_23183241.jpgd0087761_23185256.jpg
d0087761_2319384.jpgd0087761_23191453.jpg
d0087761_23193128.jpgd0087761_2319433.jpg
d0087761_23195011.jpgd0087761_2320198.jpg
d0087761_23202553.jpgd0087761_23203622.jpg
d0087761_2320523.jpgd0087761_23591981.jpg

水道橋の千鳥で開催されている角掛政志(つのかけ・まさし)さんの個展に行ってきました。角掛さんは愛知県常滑市で制作されています。角掛さんは、従来より鉄釉を使ったチョコレート色をした濃茶の器で定評があります。本展でもその鉄釉の器をはじめ、ここ数年取り組まれている根来風の赤茶の器や、白粉引の器、艶黒の器など幅を広げた作風の器を見ることができます。どの器も端整に作られたベーシックな形で、滑らかな肌合いをしています。重ね易く、使い易く、洗い易い。そんな使用感とともに、釉調の微妙な変化が美しい、実用と視覚のバランスのとれた器です。そんな角掛さんの繊細なお仕事を象徴するアイテムが、急須やポット。各パーツを組み合わせて製作するために、ディテールに注がれた神経の細やかさが、視覚的にも手に持っても感じられます。全般的なシックな色調と丁寧な手仕事の器は、どんな食卓でも料理を引きたててくれそうです。


角掛政志 展
2012年10月13日(土)~21日(日)
12:00~19:00 (最終日は17:00迄)
千鳥 (東京・水道橋) ホームページ

d0087761_2317572.jpg


by sora_hikari | 2012-10-18 23:43 | 角掛政志さん

角掛政志さんの鉄釉皿

d0087761_1143087.jpg
お茶の水 トライギャラリー 2009年9月

愛知県の常滑で制作されている角掛政志さんの鉄釉の丸皿です。5寸ほどの小さなお皿ですが角掛さんらしい器の特徴が表れています。チョコレートのような色合いに白い石粒が夜の星座のように広がります。見込みはフラットで、周囲に細いリムが立ち上がったシンプルな形をしています。モダンクラフトの要素に、石はぜの偶発的に生まれる景色を盛り込んだところが角掛さんの器センスでしょうか。取り皿、菓子皿、いろいろ活躍しそうな便利なプレートです。

by sora_hikari | 2009-10-07 01:23 | 角掛政志さん

角掛政志さんの個展 @ トライギャラリー

d0087761_552871.jpgd0087761_5521569.jpg
d0087761_552304.jpgd0087761_552364.jpg
d0087761_5524461.jpgd0087761_5525825.jpg
d0087761_5534260.jpgd0087761_5534811.jpg
d0087761_5535770.jpgd0087761_554365.jpg
d0087761_554955.jpgd0087761_5541888.jpg
d0087761_5542869.jpgd0087761_5543476.jpg
d0087761_5545026.jpgd0087761_5545846.jpg

お茶の水のトライギャラリーで開催されている角掛政志さんの個展へ行ってきました。角掛さんは愛知県常滑で制作されています。今回の展示では、チョコレートのような色をした茶色のベースに白い石粒がぽつりぽつりと入った鉄釉の器、少しマットな白に黒い鉄粉が入った粉引の器、そして炭化させたような焼締めの器を見ることが出来ました。どの器も丹精なろくろやディテールの処理が綺麗に施され、丁寧な器づくりをされているのが伝わってきます。主張が強過ぎないシンプルな形状に、角掛さんらしい質感が表れていて、和食器の持つ暖かみと現代的なモダンクラフト的な要素が絶妙に合わされています。白と茶色の器は落ち着いた釉調で、ギャラリーの中で静かな調和を見せています。きっと食卓でもどんな器とも混じり合い、料理を盛り上げてくれそうに感じました。


角掛政志 作陶展
2009年9月10日(木)~17日(木)  会期中無休
12:00~19:00
トライギャラリー (東京・お茶の水) ホームページ
d0087761_5551668.jpg



by sora_hikari | 2009-09-12 06:18 | 角掛政志さん

角掛政志さんの灰釉鉢

d0087761_137292.jpg
d0087761_1373552.jpg
フィールドオブクラフト倉敷 2009年5月

常滑で制作されている角掛政志さんの灰釉鉢です。見込みを広くとり、上に直線的に繋がる胴のライン、広がる口縁、シャープな印象のある形です。化粧土の上から掛った灰釉が流れを作ってアクセントになっています。黄色の肌に緑色の灰の流れ。窓伝いに雨が流れ落ちる様子にも見えます。角掛さんの器といえば、濃い茶色の鉄釉に白の石粒がぽつりぽつりと見える器が印象的ですが、この黄色灰釉流れの器の表現も独自の世界観を作り出しているように思います。

by sora_hikari | 2009-06-25 00:10 | 角掛政志さん

角掛政志さんのドラ鉢

d0087761_13135571.jpg
d0087761_1314495.jpg
d0087761_13141197.jpg
d0087761_13141722.jpg
吾妻橋 土庵 2007年9月

先日、土庵さんで開催された角掛政志さんの個展の際のものです。角掛さんのお得意とする黒の鉄釉にはぜ石の出た器です。角掛さんの黒は、光の当たり具合で変化して見えて違った表情が楽しめます。和風の渋さを持ちながら、モダンさもある。形の綺麗なラインで丁寧なお仕事だなと感じます。手作りさとプロダクトデザイン的な要素が同居しているようで、この形に黒釉が似合っているなと思います。

by sora_hikari | 2007-09-24 13:22 | 角掛政志さん

角掛政志さんの個展

d0087761_22404260.jpgd0087761_22405137.jpg
d0087761_22405844.jpgd0087761_2241897.jpg
d0087761_22424327.jpgd0087761_22413443.jpg
d0087761_22414525.jpgd0087761_22415863.jpg

浅草・吾妻橋の土庵さんで開かれている角掛政志さんの個展へ行ってきました。常滑で制作されています。鉄釉による黒の器。粉引の白の器。シンプルだけれど、独特のラインと素材感が綺麗です。黒だけれど黒じゃない。チョコレートが溶けて混ざり合うような色に、はぜ石がぽつりぽつりと浮き出て星空のようです。粉引もとろりとしてなめらかな白。今回は尺皿など大きな器も多く展示されていて、大きな面の中で見えてくる素材の色合いの変化にあらためて魅せられました。今回お伺いして知ったのですが、土庵さんで手作りクッキーとお茶が楽しめるようです。ソファに座って素敵な器に囲まれた時間も味わいたいものです。

角掛政志展
2007年9月8日(土)-15日(土)
12:00-19:00 ※土日は11:00-17:00
土庵(吾妻橋)  地図

by sora_hikari | 2007-09-11 23:00 | 角掛政志さん

角掛政志さんの中鉢

d0087761_174357.jpg
d0087761_17432744.jpg
d0087761_17435079.jpg
クラフトフェア松本 2006年5月

by sora_hikari | 2006-05-28 17:42 | 角掛政志さん