カテゴリ:吉村和美さん( 3 )

吉村和美さんの黒鉢

d0087761_375163.jpg
d0087761_375866.jpg
d0087761_38439.jpg
d0087761_381116.jpg
益子陶器市 2008年5月

つくばで制作されている吉村和美さんの黒い鉢です。口が上に広がり、高台は小さくすぼまっています。花のような形をしています。吉村さんは、学生時代に油絵を専攻し、その後陶器づくりをされています。絵画で表す“色”を器の世界でも表現しかったというお話を聞きました。色鮮やかな青い器、淡い紫色の器、パステルが混ざりあったような色の器など多彩な色が魅力です。そんな中、今回初めて拝見したこの黒色の器。つるりとした所とマットな所が同じ黒の中で変化しています。ペンキのようでもあり、黒メッキのような印象もあります。吉村さんの作りだす“黒”。無彩色ながらも、色を感じる“黒”です。

by sora_hikari | 2008-05-19 00:19 | 吉村和美さん

吉村和美さんの化粧ボウル

d0087761_1542829.jpg
d0087761_1543592.jpg
d0087761_1544136.jpg
d0087761_1544737.jpg
益子陶器市 2007年11月

秋の益子陶器市の際の吉村和美さんのものです。楽茶碗のような形に肌色と青紫が混ざり合った色の変化が綺麗です。吉村さんのお作りなる色は、焼きものとしてはユニークな色を出していて、このボウルのパステル調のような色合いの他に、ビビットなターコイズブルーの器、葡萄色の器などが印象的です。元々、油絵を描いていて、その色を焼きものでも出してみたいと思ったとの話をお聞きしたことがありますが、キャンパスやスケッチブックに重ねていく絵の具のような色が、器の上で綺麗に描き出されていると思います。

by sora_hikari | 2007-12-07 15:12 | 吉村和美さん

吉村和美さんの中鉢

d0087761_1523397.jpg
d0087761_15241328.jpg
d0087761_15243870.jpg
2006年5月4日 益子陶器市にて 2006年5月

by sora_hikari | 2006-05-04 15:22 | 吉村和美さん