カテゴリ:秋谷茂郎さん( 2 )

秋谷茂郎さんの青彩鉢

d0087761_2254518.jpg
d0087761_22284681.jpg
d0087761_2255681.jpg
d0087761_226193.jpg
神楽坂 ラ・ロンダジル 2008年9月

埼玉県三郷市で制作されている秋谷茂郎さんの青い色の中鉢です。下地の黒い土の上に掛った青い釉薬の流れが綺麗です。この青色を見ていると、東山魁夷さんの青い絵が思い浮かんで来ます。青い山々や森、湖畔に佇む馬の風景。そういう景色が器の中に描かれているようです。半艶のマットな質感で手触りも優しいです。秋谷さんの器の形はきちんと整っていて丁寧なお仕事ぶりが伺え、釉薬や化粧の色合いの出し方も微妙な変化をうまく表現された器が多いように思います。器の中に釉薬で描かれた‘景色’のうまさを感じます。

by sora_hikari | 2008-10-03 22:26 | 秋谷茂郎さん

秋谷茂郎さんの個展

d0087761_21283834.jpgd0087761_2128461.jpg
d0087761_21285717.jpgd0087761_21295100.jpg
d0087761_21293098.jpgd0087761_21293784.jpg
d0087761_21294718.jpgd0087761_21295390.jpg
d0087761_2130673.jpgd0087761_21301695.jpg
d0087761_21302220.jpgd0087761_2130306.jpg

神楽坂のラ・ロンダジルさんで開催されている秋谷茂郎(しげお)さんの個展へ行ってきました。秋谷さんは埼玉県の三郷市で制作されています。益子の陶器市に出品されているのを拝見したことはあるのですが、個展にお伺いするのは今回が始めてになります。この個展では、炭化された粉引の器を中心にして、マット調の青彩の器、耐熱の鉄釉の器、灰釉の白磁の器、そしてお得意の指描きの化粧の器が並んでいました。釉薬や土は、いくつかの種類を選んでおられますが、全体的に整った綺麗な印象のトーンで統一されています。粉引や青い器は結晶系のマットのようで、手触りがよくさらりとした滑らかな肌をしています。今回初めて拝見した鉄釉の耐熱器は、持ち手がかわいらしく食卓を楽しくしてくれそうです。白磁の壺は、他の器と少し趣を変えて、灰を被って渋みを感じる良い形をしています。個展の最終日間近で少し点数は少なめでしたが、日常使いのし易そうな秋谷さんの器を楽しめました。


秋谷茂郎 陶展
2008年9月13日(土)-18日(木)
12:00-19:00(最終日は18時まで)
ラ・ロンダジル(神楽坂) ※HP

d0087761_21345331.jpg


※神楽坂にオープンして5年目を迎えるロンダジルさんが、現在のお店と並行して同じ神楽坂に「galerie La Ronde d’Argile」を9月下旬にオープンされます。詳しくはHPをご覧ください。


by sora_hikari | 2008-09-17 21:52 | 秋谷茂郎さん