カテゴリ:山野邊孝さん( 7 )

山野邉孝 展 @ FUURO

d0087761_22235755.jpgd0087761_22241489.jpg
d0087761_22243089.jpgd0087761_22244775.jpg
d0087761_22245828.jpgd0087761_2225799.jpg
d0087761_22251831.jpgd0087761_22252588.jpg
d0087761_22253860.jpgd0087761_2225566.jpg

目白のFUUROで開催されている山野邉孝(やまのべ・たかし)さんの個展に行ってきました。山野邉さんは福島県で制作しています。本展は灰釉をベースにした器の展示になっています。還元気味の青系灰釉、酸化気味の茶系灰釉と、粉引の器。どれもシンプルな形に、自然灰の色が淡く掛って綺麗です。灰釉の器の中でもベーシックな風合い。古来、日本でいち早く施釉陶器が作られた古瀬戸を彷彿させる作行です。特に誇張することなく、抑制的な美しさです。しかし、それぞれの器ごとに微妙に違った個性があります。料理を引き立たせる自然の優しい色合い。例えれば、天然素材で作られた着心地の良い白いシャツのような感じでしょうか。何にでも合わせられ、しっかりと馴染む服のように、派手さではなく、使うことの芯を見つめた器。古色味わい深い大人な器です。


山野邉孝 展
2012年10月12日(金)~19日(金)
12:00~19:00 (最終日は17:00迄)
FUURO (東京・目白) ホームページ

d0087761_2222733.jpg


by sora_hikari | 2012-10-18 22:51 | 山野邊孝さん

山野邊孝さんの灰釉鉢

d0087761_5124293.jpg
二子玉川 KOHORO 2010年4月

山野邊孝さんの浅鉢です。6.5寸。灰釉で焼かれた淡い色合い。自然な風合いが溶け合った優しい表情をした器です。

by sora_hikari | 2010-06-29 22:06 | 山野邊孝さん

山野邊孝 展 @ KOHORO

d0087761_23274238.jpgd0087761_2328726.jpg
d0087761_23282288.jpgd0087761_23283219.jpg
d0087761_23283970.jpgd0087761_23284668.jpg
d0087761_2329089.jpgd0087761_2329759.jpg

二子玉川のKOHOROで開催されている山野邊孝さんの個展に行ってきました。山野邊さんは福島県いわき市で制作されています。今回の個展では、灰釉の器と白無地の器を見ることができます。灰白色と白色の2種類の色合いに、皿・鉢・碗・湯呑などのいたってシンプルで分かり易い構成。主張をぐっと抑えた食器づくりで大人なラインナップです。それ故か、並んだ器を見ていると、そこに盛りつけられる料理の方が目に浮かんでくるように思います。ひとつひとつの器には、同じ形、同じ釉薬でも微妙な色合いや造りの変化があり、その違いも楽しめます。焼き上がった時点よりも、使っていくなかで一層の愛着が増していく器のように思います。


山野邊孝 展
2010年4月17日(土)~26日(月) 会期中無休
11:00~19:00
KOHORO (東京・二子玉川) ホームページ

d0087761_23294873.jpg


by sora_hikari | 2010-04-21 23:50 | 山野邊孝さん

山野邊孝さんの灰釉飯碗

d0087761_22561541.jpg
原宿 zakka  2009年5月

福島県いわき市で制作されている山野邊孝さんの灰釉飯碗です。釉の流れが綺麗です。薄めに引かれたろくろは、手取りも軽く持ち易いご飯茶碗になっています。織部、粉引、黄瀬戸などお作りなりますが、この灰釉のナチュラルな仕上がりも魅力的だなと思います。

by sora_hikari | 2009-07-15 23:00 | 山野邊孝さん

山野邉孝さんの個展@STARNET RECORD

d0087761_2315641.jpgd0087761_23151398.jpg
d0087761_2315273.jpgd0087761_23153819.jpg
d0087761_23155375.jpgd0087761_23155987.jpg

益子町のSTARNET RECORDで開催されている山野邉孝さんの個展へ行ってきました。今回の展示では、粉引の白い器が中心になっています。なかでも瓶子のような形をした白い壺が多く展示されていて綺麗です。ギャラリーの中央から壁までひとつひとつ照明があてられ浮かび上がって見えます。口が小さく胴から下がきゅっと絞られた形で、陰影がより一層引き立っていました。その他の器では、粉引の器、織部釉の器、黄瀬戸の器が並んでいます。ギャラリーに流れる静かな旋律の音楽と器の佇まいの調和が美しい個展でした。


山野邉孝 陶展
2008年10月4日(土)~26日(日) ※金曜定休
12:00~18:00
STARNET RECORD(栃木県益子町) ※ホームページ

d0087761_23163367.jpg



by sora_hikari | 2008-10-11 23:38 | 山野邊孝さん

山野邊孝さんの織部鉢

d0087761_17483538.jpg
d0087761_17424434.jpg
d0087761_174253100.jpg
d0087761_1743249.jpg
目白 ギャラリーFUURO 2008年6月

福島県いわき市で制作されている山野邊孝さんの織部釉の中鉢です。シンプルな形にかかった深い緑色。裏は鎬が施されています。見込みに流れて溜まった緑釉の色が綺麗です。

by sora_hikari | 2008-06-27 17:50 | 山野邊孝さん

山野辺孝さんの個展

d0087761_2582617.jpgd0087761_2583562.jpg
d0087761_2585326.jpgd0087761_259192.jpg
d0087761_2591089.jpgd0087761_2592965.jpg
d0087761_2594350.jpgd0087761_2595731.jpg
d0087761_301164.jpgd0087761_302039.jpg

目白のギャラリーFUUROさんで開催されている山野辺孝さんの個展へ行ってきました。山野辺さんは笠間で陶芸の勉強をされた後、現在は福島県いわき市で制作されています。山野辺さんの器は笠間や益子で拝見したことがあるのですが、東京の個展にお伺いするのははじめてです。以前は、織部釉の印象が強く残っていたのですが、今回の個展では織部に加えて、粉引の白い器や黄瀬戸の器も並んでいました。形もよりシンプルになり、静かな雰囲気が綺麗でした。ベーシックな色にベーシックな形。加飾を排し、一歩自分を抑えた器のように見えました。


山野邊孝 展
2008年5月31日(土)-6月7日(土)
11:00-19:00(最終日17:00迄)
ギャラリーFUURO(目白) ※HP

d0087761_3282.jpg



by sora_hikari | 2008-06-07 00:57 | 山野邊孝さん