カテゴリ:森岡成好・由利子さん( 9 )

森岡成好・由利子展 @ あるぴぃの銀花ギャラリー

d0087761_18281247.jpgd0087761_18283879.jpg
d0087761_18285267.jpgd0087761_1829817.jpg
d0087761_18291796.jpgd0087761_18293488.jpg
d0087761_18294699.jpgd0087761_1830393.jpg
d0087761_1830127.jpgd0087761_18302285.jpg
d0087761_18303361.jpgd0087761_18304033.jpg
d0087761_18305149.jpgd0087761_18321074.jpg

さいたま市のあるぴぃの銀花ギャラリーで開催されている「森岡成好・由利子展」に行ってきました。和歌山在住で南蛮焼締めの森岡成好(しげよし)さんと、李朝白磁の森岡由利子さんご夫妻の二人展です。このギャラリーとは数十年に渡るご縁が続く展示会だそうです。お二人とも和歌山暮らしで、薪窯による器づくりをされています。ご主人の成好さんは、南蛮焼締めをはじめ、灰釉のうつわや刷毛目のうつわを出品されています。奥さまの由利子さんは、薪窯でゆっくりと焼いた柔らかな白磁を出品されています。南蛮の豪快な野趣富む力強さと、白磁の楚々とした優しさが、お二人のコントラストと調和が見事な内容です。どちらの器にも通じるのは、土を焼き抜いた向こうに生きる自然性です。強調され過ぎず、かといって弱々しくなく。土から得た糧を存分に活かした食べることが楽しくなる器。焼き物の良さを、あらためて感じる展示会です。

森岡成好さんのブログ


森岡成好・由利子展
2012年10月11日(木)~22日(月) ※10/16(火)は休み
11:00~18:00
あるぴぃの銀花ギャラリー(埼玉・大宮) ホームページ

d0087761_1831448.jpg


by sora_hikari | 2012-10-14 18:53 | 森岡成好・由利子さん

森岡成好さんの南蛮焼締面取り壺

d0087761_205106.jpg
中落合 器スタジオTRY 2009年10月

森岡成好さんの面取り壺です。南蛮焼締め。高さ17センチ胴周り14センチ。中サイズながらどっしりと存在感のある壺です。薪窯焼成により肩から下に降り掛かった自然灰が印象的です。

by sora_hikari | 2009-12-03 20:53 | 森岡成好・由利子さん

森岡成好・由利子 展 @ 器スタジオTRY

d0087761_23203056.jpgd0087761_23204137.jpg
d0087761_2321454.jpgd0087761_2321552.jpg
d0087761_23242823.jpgd0087761_23244470.jpg
d0087761_232242.jpgd0087761_23221382.jpg
d0087761_2322218.jpgd0087761_23223661.jpg
d0087761_23224346.jpgd0087761_2323019.jpg
d0087761_23231037.jpgd0087761_2323166.jpg
d0087761_23233058.jpgd0087761_23233762.jpg

新宿区中落合にある器スタジオTRYで開催されている森岡成好さんと森岡由利子さんご夫妻の展示会へ行ってきました。お二人は、和歌山県で制作されています。ご主人の成好(しげよし)さんは、南蛮焼締め・粉引・灰釉の器を、奥様の由利子さんは、李朝白磁をお作りになっています。お二人とも薪窯による焼成を主にされており、奥行きが深い器をお作りになります。森岡成好さんは、特に男性的で力強く土の見せる深みと野太さが魅力的ですし、由利子さんは、器形がしっかりとした上に清楚な白で女性らしさを魅せてくれます。緑深い自然の中で暮らし、山登りも本格的になさるそうです。近頃は、石垣島での製作にも取り組まれているとの話をお聞きしました。野趣あふれる暮らしの中から生み出された器は、焼き物という物体に、さらに自然の持つ素の力が加わっているように感じました。


森岡成好・由利子 展
2009年10月30日(金)~11月6日(金) 会期中無休
11:00~18:00 (最終日は17:00迄)
器スタジオTRY (東京・中落合) ホームページ

d0087761_23524259.jpg



by sora_hikari | 2009-10-30 23:56 | 森岡成好・由利子さん

森岡由利子さんの白磁大壺

d0087761_20522050.jpg
益子町 STARNET 2008年10月

森岡由利子さんの白磁壺です。高さ33センチ、径30センチあります。李朝の白磁をベースにして、現代に蘇らせたもの。ぽーんと張った胴の膨らみ、柔かな白の肌合い、ところどころに見える釉の縮れなど、いろいろな要素が合わさってひとつの美しい壺になっています。釉を生掛けした器を、薪窯で低めの温度帯でじっくりと時間をかけ、カロリー圧を上げて土を芯から焼き抜くのだそうです。李朝の白磁に魅せられ、その追求をしておられるようです。外見的な側面だけでなく精神的な側面からも学ぶことが多いようです。自然と戯れ、暮らしと仕事が一体となった中から生み出された一品です。

by sora_hikari | 2008-11-11 21:16 | 森岡成好・由利子さん

森岡成好・森岡由利子 二人展@STARNET ZONE

d0087761_23421035.jpgd0087761_23421782.jpg
d0087761_23423027.jpgd0087761_23424423.jpg
d0087761_23425244.jpgd0087761_234312.jpg
d0087761_23431029.jpgd0087761_23432061.jpg
d0087761_23434979.jpgd0087761_23434369.jpg

栃木県益子町のSTARNET ZONEで開催されている森岡成好さん、森岡由利子さんの展示会へ行ってきました。お二人は和歌山県かつらぎ町で制作されています。ご主人の成好さんは南蛮焼き締めの器を中心に、奥様の由利子さんは白磁を展示されています。焼き締めの見せる土の粗々しさと、白磁の華麗さ。そして共通する力強さ。お二人の作る器のコントラストが空間で溶け合っています。精製しない生の土の焼き締めや灰釉の器。山から掘ってきた土を使い、火でストレートにこれらの器を作っているのだそうです。今回は地元の土だけではなく、沖縄の八重山の土も使っておられるそうです。いずれ石垣島の方にも窯を開かれると聞きました。暮らすこと、旅すること、山へ登ること、作ること。思い向くまま真っ直ぐに生きている姿が、やはり器にも表れるのでしょうか。器を通して伝わってくる、お二人のぶれない軸が強く印象に残る展示会だったように思います。


森岡成好・由利子 陶展
2008年10月4日(土)~19日(日) ※金曜定休
12:00~18:00
STARNET ZONE(栃木県益子町) ※ホームページ

d0087761_23435718.jpg



by sora_hikari | 2008-10-11 23:56 | 森岡成好・由利子さん

森岡成好さんの酒器

d0087761_2223717.jpg
d0087761_2219136.jpg
中落合 器スタジオTRY 2008年6月

森岡成好さんの酒器です。薪窯で焼成され、いい色です。灰釉と土の絶妙なコンビネーション。高台辺りに出た梅花皮も綺麗です。すこし斜めに傾いた形も自然に見えます。分かり易い焼きものの美しさでしょうか。まっすぐな作りが伝わってきます。

by sora_hikari | 2008-07-01 22:34 | 森岡成好・由利子さん

森岡成好・森岡由利子 展

d0087761_22545669.jpgd0087761_2255412.jpg
d0087761_2256164.jpgd0087761_2256799.jpg
d0087761_22565640.jpgd0087761_2257334.jpg
d0087761_22573383.jpgd0087761_22574672.jpg
d0087761_22582042.jpgd0087761_22582790.jpg
d0087761_2259582.jpgd0087761_22591258.jpg
d0087761_22595035.jpgd0087761_230919.jpg

中落合の器スタジオTRYさんで開催されている森岡成好さん・森岡由利子さんご夫妻の展示会へ行ってきました。成好さんが南蛮焼〆、灰釉の器を、由利子さんが白磁の器を展示されています。力強い焼〆に、楚々とした白。どちらにも共通した侘びた風情。お二人の器のバランスが美しいです。いずれの器も登り窯、窖窯、鉄砲窯などの薪窯で焼かれているそうです。古い時代の器をベースにしながらも、単なる外見的な形を写すのではなく、その精神的な根っこにあるものから器を生み出しているように感じます。若い陶芸家にも支持者が多いのも、暮らし方から器への深さに通じるお二人の姿勢なのではないかと思います。


森岡成好・森岡由利子  [南蛮・白磁・花]
2008年6月14日(土)-20日(金)
11:00-18:00 (最終日は17:00迄)
器スタジオTRY (新宿区中落合) ※HP

d0087761_2322296.jpg


※今年の秋には益子のSTARNETでも二人展が開催されるようです。
 2008年10月4 日-10月19日


by sora_hikari | 2008-06-14 23:31 | 森岡成好・由利子さん

森岡成好さんの灰釉中碗と南蛮焼締め碗

灰釉碗
d0087761_022979.jpg
d0087761_02434.jpg
d0087761_03637.jpg


南蛮焼き締め碗
d0087761_0059100.jpg
d0087761_012426.jpg
d0087761_014699.jpg
東京中落合 器スタジオTRYさんにて 2006年10月

10月に器スタジオTRYさんで行われた森岡成好(しげよし)さんの個展の際のものです。以前もご紹介しましたが、森岡さんは和歌山の山奥で鉄砲窯という薪窯で焼成されています。灰釉碗は、気持ちよくひかれた轆轤による形に、とろりと掛かった灰釉が暖かいグレー色になり、高台には梅華皮(かいらぎ)が出ていて井戸茶碗のような仕上がりです。また南蛮焼き締めの方の碗は、緋色とともに土にある雑味が出てとてもいい色をしています。どちらの碗も豪快ながらも美しい佇まいを見せてくれる器です。現在、奈良県にある古民家をギャラリーにした夢雲というところで、森岡さんをはじめとし、若い陶芸家たちとの企画展が開催されています。お近くにお住いの方はご覧になっては如何でしょうか。

森岡成好と若い陶芸家達
11/17~26まで
ギャラリー夢雲
奈良県宇陀郡室生村向渕415

by sora_hikari | 2006-11-24 23:00 | 森岡成好・由利子さん

森岡成好さんの個展へ

d0087761_2362149.jpgd0087761_2364378.jpg
d0087761_23753.jpgd0087761_2371923.jpg
d0087761_2374485.jpgd0087761_237582.jpg

和歌山で作陶されている森岡成好(しげよし)さんの個展を見に、中落合へ。南蛮焼締めの器を主に作ってらっしゃいます。鉄砲窯という長細い直線の薪窯で、10日間炊き続けるのだそうです。使う土は、その辺にある土とか。耐火度が低いため長い時間、低めの温度で焼き締めていくそうです。使う薪はなんと25トン。薪窯はゲームみたいでおもしろいとおっしゃっていました。元々、土器の知識が深く研究されていたようです。年齢は60歳とのことですが、昨年もヒマラヤに登られたそうで、きっと体力も精神も強い方なんだなと思います。作品もお人柄も力強い印象でした。

森岡成好 陶展
2006年11月1日~10日 11時~18時
器スタジオTRY
東京都新宿区中落合1-20-16

鉄砲窯の様子

by sora_hikari | 2006-11-01 23:23 | 森岡成好・由利子さん