額賀章夫さんの飯椀と重し

額賀章夫さんの飯椀と重し_d0087761_23102378.jpg
額賀章夫さんの飯椀と重し_d0087761_23103397.jpg
額賀章夫さんの飯椀と重し_d0087761_23104198.jpg
額賀章夫さんの飯椀と重し_d0087761_23104918.jpg
額賀章夫さんの飯椀と重し_d0087761_23105781.jpg
南青山 うつわ楓 2007年4月

先日、うつわ楓さんで行われた額賀章夫さんの個展の際のものです。飯椀の方は鉄釉の上にさっとひと筆の刷毛目があり、変化に富んだ焼き色になっています。額賀さんの飯椀は持ち易くバランスがとても良いです。もうひとつの重しの方は、プリーツワークと言ってこのところ額賀さんが取り組んでおられる鎬による化粧のものです。重しと書きましたが用途は使う人次第で、飾っておくだけで雰囲気のある渋カワイイ存在です。額賀さんはこれを「ネギ坊主」と名付けていらっしゃるそうです。名前も気に入りました。

※額賀さんの展示が益子のSTARNETで開催されます
額賀章夫|陶展
2007年4月14日(土) ~5月6日(日)
STARNET(場所はZONEの方ではなくARK内のyuseiの方です)

by sora_hikari | 2007-04-09 23:38 | 額賀章夫さん

<< アトリエ線路脇展へ 具本昌さんの白磁写真集 >>