「阿曽藍人展 土のタイムカプセル」4日目

阿曽藍人展 土のタイムカプセル」の4日目。

阿曽藍人さんの匣。こちらは野焼きによる焼成痕が土器の残像を浮かび上がらせます。重なっているゆえに、開けてみたくなる心理。蓋をした中に内包されるものは時間なのか。伽話・浦島太郎の原典では、行ったのは竜宮城ではなく、蓬萊(とこよのくに)とされ、神仙思想の影響が窺える理想郷であるとか。その末路を戒めと見るか、浪漫的と見るか。いずれにしても、この匣は見る人に神秘的な思いを抱かせます。

Aso Rando's earthenware box. The firing marks on the earthenware reveal the afterimage of the earthenware. The overlap of the pieces makes us want to open them. What is contained in the lid is time? In the original fairy tale Urashima Taro, it is said that he did not go to the Dragon's Palace, but to Yomogi (the Land of Tokoyono-kuni), an ideal world that seems to have been influenced by the beliefs of the gods and hermits. The end of the story may be seen as a cautionary tale or romantic. Either way, this box gives the viewer a mystical feeling.

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01504191.jpg

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01504318.jpg

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01504687.jpg

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01504949.jpg

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01505143.jpg

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01505448.jpg

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01505631.jpg

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01505975.jpg

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01510283.jpg

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_01510442.jpg


阿曽藍人展 土のタイムカプセル
2023年3月18日(土)~3月25日(土) 会期中無休
11:00~18:00 最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 

Rando Aso Exhibition "Soil Time Capsule"
Saturday, March 18 - Saturday, March 25
Artist in the gallery on March 18
11:00-18:00, last day until 17:00
gallery utsuwanote
1-7-6 Kosenba-machi, Kawagoe-shi, Saitama,JAPAN 

1983年 奈良県生まれ
2009年 金沢美術工芸大学大学院 陶磁コース修了
2010年 常滑市立陶芸研究所 修了
2023年 現在岐阜県美濃加茂市在住

「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_02004347.jpg「阿曽藍人展  土のタイムカプセル」4日目_d0087761_02004764.jpg

by sora_hikari | 2023-03-21 09:00 | 阿曽藍人展2023

<< 「阿曽藍人展 土のタイムカプ... 「阿曽藍人展 土のタイムカプ... >>