「田淵太郎展 月の陽炎」4日目

田淵太郎展 月の陽炎」の4日目。

霊峰のごとく聳える窯変白磁花入。上部から流れるようにそぎ落とされた5つの面にドラマチックな焼成痕が映し取られています。茶碗にしても壷にしても焼き物の見どころには自然を凝縮したジオラマのような景色にあります。それは見る人の心象風景でもあり、そこにどう自分が没入できるかが問われます。凍てつく山か、立ち昇る煙霧か、田淵太郎さんのこの花器に何を見るのか、お聞きしてみたいと思います。

This white porcelain vase with kiln-altered decoration rises like a sacred mountain. Dramatic firing marks are reflected on the five surfaces that have been scraped off in a flowing manner from the top. Whether it is a tea bowl or a jar, the sights of pottery are like a diorama of condensed nature. It is the viewer's mental landscape, and the question is how one can immerse oneself in it. We would like to ask Taro Tabuchi what he sees in this vase, whether it is a frozen mountain or a rising smoke cloud.

129) 窯変白磁面取花入 高さ31・底面幅18.5cm
129) White porcelain chamfer vase, height 31, base width 18.5cm

現在、田淵太郎展のオンラインストアを準備中です。明日11月9日(水曜)の午前からプレビューをスタートし、購入手続きを20時(日本時間)から予定しております。
We are currently preparing the online store for the Taro Tabuchi exhibition. The preview will start tomorrow morning, Wednesday, November 9, and the purchase process is scheduled to begin at 20:00 (Japan time).

https://utsuwanoteshop.stores.jp/

「田淵太郎展 月の陽炎」4日目_d0087761_18473823.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」4日目_d0087761_18474237.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」4日目_d0087761_18474546.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」4日目_d0087761_18474819.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」4日目_d0087761_18475090.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」4日目_d0087761_18475240.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」4日目_d0087761_18475512.jpg

田淵太郎展 月の陽炎   
2022年11月5日(土)~11月13日(日) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

略歴
1977年 香川県生まれ
2000年 大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年 香川県高松市に穴窯を築窯
2022年 現在、同地にて制作

「田淵太郎展 月の陽炎」4日目_d0087761_15143387.jpg
「田淵太郎展 月の陽炎」4日目_d0087761_15143993.jpg

by sora_hikari | 2022-11-08 19:07 | 田淵太郎展2022

<< 「田淵太郎展 月の陽炎」5日目 「田淵太郎展 月の陽炎」3日目 >>