「田淵太郎展 月の陽炎」3日目

田淵太郎展 月の陽炎」の3日目。

田淵太郎さんの面取りされた筒状の碗です。勢いよく削られた面に薄い透明釉が還元炎と反応し青白磁に焼けたものや、薪の灰が反応した炭化痕が焼き付いたものなどがあり、ひと碗づつ表情が異なります。抹茶碗よりひと周り小さく、会席料理で使う「覗き」と呼ぶ深い形の向付や焼酎カップにお使い頂けます。

窯変白磁筒 高さ8~8.5・径8~8.5cm

11月16日(水曜)20時からオンラインストアをご利用頂けるように準備を進めております。

This is a beveled cylindrical bowl by Taro Tabuchi. The expression of each bowl is different, as there are some that are burnt blue-white porcelain with a thin transparent glaze reacting with a reduction flame on the vigorously chipped surface, and others that have carbonization marks burnt on them from the reaction of firewood ashes. This bowl is a little smaller than a matcha bowl and can be used as a mukozuke (deep bowl) or shochu cup for kaiseki (Japanese-style banquet) dishes.

Kiln-changed white porcelain cylinder, height 8-8.5, diameter 8-8.5cm

We are preparing to open our online store on Wednesday, November 16th at 20:00.

「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_18482749.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_18483057.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_18483326.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_18483649.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_18483951.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_18484254.jpg

「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_18484596.jpg


「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_18484844.jpg


田淵太郎展 月の陽炎   
2022年11月5日(土)~11月13日(日) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

略歴
1977年 香川県生まれ
2000年 大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年 香川県高松市に穴窯を築窯
2022年 現在、同地にて制作

「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_15143387.jpg
「田淵太郎展 月の陽炎」3日目_d0087761_15143993.jpg

by sora_hikari | 2022-11-07 19:06 | 田淵太郎展2022

<< 「田淵太郎展 月の陽炎」4日目 「田淵太郎展 月の陽炎」2日目 >>