「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2

太田修嗣展 バイプレイヤー」の8日目-2。

会期は残すところあと1日になりました。最終日の5月15日は17時で終了させて頂きます。

太田さんのお住まい兼、工房は、愛媛県の砥部町にあります。砥部焼で有名な地域ですが、旧・広田村という焼き物産地からは離れた森林に囲まれた静かな場所です。

1987年に東京・厚木市で独立、7年を経て、この地に移住したのが1994年。この周辺は林業は盛んなものの、特に漆器の産地ではありません。関東で経験した仕事をもとに、ひとりで今のスタイルを築いていきました。


引っ越した頃は、日本のバブル経済もはじけ、工芸も消費が一気に落ち込む時期だったそうです。奥様と四人のお子様。そのような転換期に、拠り所のない土地で仕事をするには、かなりの信念がなければ続けられなかったと思います。


太田さんとお話をすると、端々に木への強い敬愛を感じます。木そのものが好き。その思いから生れる器なのです。焼き物作家が原土にこだわるのと同じように、木から手掛ける太田さんならではのお仕事です。


表現的な江戸の漆器よりも、朴訥とした室町以前の寺院の漆器の方が好みだと言います。漆器の修行をしていた若かりし頃に住んだ北鎌倉のお寺に良く通ったそうです。古格ある漆器には仏の謙虚な美しさが備わっているものです。きっとその頃の原体験が、太田さんの謙譲の心を支えているのだと思います。


今年73歳。体躯もお気持も矍鑠(かくしゃく)とされており、まだまだやりたい事がたくさんあるとおっしゃいます。ご年齢の割にと言っては失礼ですが、偉ぶることは一切なく、とても謙虚です。太田さんの漆器の抑制的な形と奥底にある芯の強さは、歩んで来られた人生そのままだと思うのです。


「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_16295745.jpg


「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_16300247.jpg


「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_16301012.jpg


「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_16300791.jpg


「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_16301297.jpg


「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_16301579.jpg

「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_16302019.jpg


「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_16295930.jpg


「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_16302750.jpg


太田修嗣展 バイプレイヤー
2022年5月7日(土)~15日(日) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

プロフィール
1949年 愛媛県松山市生まれ
1981年 鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年 村井養作氏に師事 蒔絵や変り塗りを学ぶ
1987年 神奈川県厚木市にて独立(ろくろ・指物・刳物一貫制作の工房を開く)
1994年 愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2022年 現在 同地にて制作


「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_17190497.jpg
「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目-2_d0087761_17190786.jpg

by sora_hikari | 2022-05-14 18:00 | 太田修嗣展2022

<< 「太田修嗣展 バイプレイヤー」9日目 「太田修嗣展 バイプレイヤー」8日目 >>