「瀬川辰馬展 Compile of Ceramics」6日目

「瀬川辰馬展 Compile of Ceramics」6日目_d0087761_02291409.jpg


瀬川辰馬展」の6日目が始まりました。

現在、瀬川辰馬展のオンラインストアをプレビュー中です。本日4月7日(木)20時~4月10日(日)23時まで購入手続きを承ります。気になる器がございましたら、どうぞご覧ください。

【瀬川辰馬展オンラインストア】
https://utsuwanoteshop.stores.jp/

【瀬川辰馬作品の解説】

◆金属彩の食器
陶器の表面に金属を焼き付けたマチエールが特徴です。銀、アルミニウム、ステンレスの3種類の金属を用いています。その内、銀彩は3つのパターンを展開しています。
1)銀彩シリーズ
 A:硫化銀彩シリーズ(品番S)銀を硫黄と化合させた硫化銀彩。染める時間などにより青系、ゴールド系、シルバー系があります。
 B:シン硫化銀彩シリーズ(品番N)しわ状の粘土の上に硫化銀彩を施しています。表面をワックス処理することで経年変化が抑えられます。
 C:ハードクラック硫化銀彩シリーズ(品番HC)ヒビ割れした粘土の上に硫化銀彩を施しています。表面はワックス処理してあります。
2)アルミニウム彩シリーズ(品番A)アルミニウムを焼き付けています。銀彩に比べると経年変化の差が少ないです。
3)ステンレス彩シリーズ(品番SUS)ステンレスを焼き付けています。金属彩の中では最も硬質でタフな性質です。
※金属彩の食器は、電子レンジ、食洗機はお使い頂けません。また金属のため経年変化がおこります。

◆非金属彩の食器
金属は使わない食器で、黒土に化粧土を象嵌したもの、白泥の原土に線刻を施した2つのシリーズです。
4)黒土象嵌シリーズ(品番B) しわ状の黒土に白泥を象嵌しています。
5)白泥線刻シリーズ(品番L)白い原土を使い、表面にらせん模様を線刻しています。
※非金属の食器は電子レンジでもお使い頂けます。

◆金属彩の花器や匣
銅を錆びさせた緑青彩、鉄を錆びさせた鉄彩の2つのシリーズです。
6)緑青彩シリーズ(品番P)陶器に銅を焼き付けて錆びさせています。
7)鉄彩シリーズ(品番i)陶器に鉄を焼き付けて錆びさせています。

瀬川辰馬展 "Compile" of Ceramics
2022年4月2日(土)~10日(日)
11時~18時 最終日は17時迄  
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

プロフィール
1988年 神奈川県生まれ、千葉県育ち
2011年 慶応義塾大学 環境情報学部 修了
2014年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了
2016年 東京都足立区にて独立
2017年 千葉県長柄町に築窯
2022年 東京都足立区にて制作



by sora_hikari | 2022-04-07 09:00 | 瀬川辰馬展

<< 「瀬川辰馬展 Compile ... 「瀬川辰馬展 Compile ... >>