「阿曽藍人展 Modern Primitive」3/20(土)より

3月20日(土)から始まる「阿曽藍人展 Modern Primitive」の展示品が届き、本日陳列中です。

土器(どき)とは、密閉された窯で高温焼成(1200~1300℃)する陶器や磁器に比べて、低温(600~900℃)で粘土を焼いたもので、一般的に窯を用いず野焼きで焼成されます。縄文時代や弥生時代の古い時代(約1万6千年前~)に多く作られましたが、古い時代の土器ばかりでなく、現代でも世界各地(アフリカ、インド、南米等)で民具(水甕、煮炊き鍋、皿鉢等)や土産物として作られています。土器の魅力は、完全に焼成されていない土のレアな質感や、野焼きによって焼き付いた炭化痕などが見所になります。また間接的ながら人類が百万年以上も使い続けてきた火の記憶と、糧を得てきた大地の記憶が奥に織り込まれた原始性も宿しているからでしょう。阿曽さんの土器はその基本的な要素を備えながら、現代的な造形の解釈が成されていることがポイントです。

「阿曽藍人展 Modern Primitive」3/20(土)より_d0087761_01053196.jpg


阿曽藍人展 Modern Primitive

2021320日(土)~28日(日) 会期中無休

営業時間 11:0018:00 

作家在廊日 320

うつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6


阿曽藍人(ASO RANDO)プロフィール

1983   奈良県生まれ

2009年 金沢美術工芸大学大学院 陶磁コース修了

2010年 常滑市立陶芸研究所 修了

2021年 現在岐阜県美濃加茂市在住


「阿曽藍人展 Modern Primitive」3/20(土)より_d0087761_17564022.jpg

「阿曽藍人展 Modern Primitive」3/20(土)より_d0087761_17564118.jpg

by sora_hikari | 2021-03-19 09:30 | 阿曽藍人2021

<< 「阿曽藍人展 Modern P... 「阿曽藍人展 Modern P... >>