「山田洋次展 山田式スリップウェア」ありがとうございました

d0087761_165527.jpg

山田洋次展 山田式スリップウェア」は本日終了しました。会期中ご来店下さいました皆様に厚く御礼申し上げます。

今回は山田さん独自の焼〆スリップウェアの奥行をさらに深めた内容でした。従来はカジュアルな柄から古典柄までを作り、さらにガレナ釉に迫る古典再生を行い、そして2年前に焼〆スリップに至る。今展はスリップの文様も定型的な枠に収まらず、泥漿による自在な表現による一歩進んだ焼〆スリップウェアの数々を見ることが出来ました。

本歌写しから昇華した独自性は昭和の民藝作家や多くの巨匠が辿った道でもあります。そこには新たな評価もあれば、従来の顧客との乖離も起こり得ます。時として作り手はこの分岐に差し掛かります。しかし自分自身の過去作品を再生するばかりでは、新たな市場も生み出せないでしょう。過渡期を経た先には、きっと大きな海が広がっていると思います。

今回、お選び下さいました皆様のご厚意が山田さんの次の自信に繋がることでしょう。この度はありがとうございました。


これからの営業案内

うつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)
11/04(月)~11/08(金) 搬出・設営休み
11/09(土)~11/17(日) 西川聡展
11/18(月)~11/22(金) 搬出・設営休み
11/23(土)~12/01(日) タナカシゲオ展

営業カレンダー

by sora_hikari | 2019-11-03 17:33 | 山田洋次展2019

<< 「西川聡展 もうひとつの工芸」... 「山田洋次展 山田式スリップウ... >>