「熊谷幸治展 土器と土師器」7日目-6

熊谷幸治展 土器と土師器」を開催中です。

さて本日ラストのご紹介です。扁平形土器。径は40cm。表面の削りと共に、内側を削って仕上げた点が独特です。サイズの割に抱えて持つとその軽さに驚きます。実際にこのように作られた土器があるそうですが、土の削りのタイミングの見計らい方が、熊谷さんにとって発見であったそうです。当時の人たちの知恵をここでも体感しているのです。この壺は今展のベストかと。これがまだあるなんて、、、と、毎回思っています。

会期は残すところあと2日。8月11日(日曜)17時で終了します。最終日の午後から搬出を兼ねて熊谷さんが在廊する予定です。ネットでいろいろご紹介して参りましたが、この数倍、いや十倍は紹介できておりませんから、まだ十分にご覧頂ける内容です。果敢に酷暑を乗り越え、熊谷式土器を実感したい方のご来店をお待ちしております。

d0087761_17254571.jpg



熊谷幸治展 土器と土師器
2019年8月3日(土)~11日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 ※最終日は17時迄
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)地図

プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工デ陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2019年  現在、山梨県上野原市にて制作

d0087761_14472130.jpgd0087761_14473633.jpg

by sora_hikari | 2019-08-09 18:55 | 熊谷幸治展2019

<< 「熊谷幸治展 土器と土師器」8日目 「熊谷幸治展 土器と土師器」7... >>