「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3

目片千恵 ガラス展 夏霞(なつがすみ)」を開催中です。

本日の花入紹介のラストです。(一部売約品を含んでおります)

掛花入。表面を研磨したラインが、雫のような形状で終結しています。その自然な流体に僅かな色が挿されており、壁面との曖昧な境界に甘い色香を漂わせます。楕円に変形させた口には、草か花をひとつ。すっと軽く留まり、縦方向に空気を解放してくれます。

目片千恵さんのガラスの器を初めて知った時、とても印象に残ったのがこの掛花入でした。ガラス作家と言えば、やはり主力はグラスやボウルであるのですが、目片さんの場合、このような生活の隙間にあって彩りをもたらすアイテムが何とも魅力的なのです。掛花入にしても、蓋物にしても、決して生活必需品ではないけれど、控えめに座すささやかな存在だからこそ、心に大切なゆとりを与えてくれるのです。「きゅん」とする瞬間と言えばいいでしょうか。人生は余剰なところにこそ意味が生まれます。

技巧を誇示する造形でもなく、しかし誰もが作らない形やアイテムに目を向ける作家としての態度、そしてしっかりとした技術に支えれた基盤。この抑制された中に隠れた艶やかさに、貴方は気づくでしょうか。色気とはこういうものかもしれません。

「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_203834100.jpg


「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_20384214.jpg


「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_20384953.jpg


「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_20385670.jpg


「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_2039342.jpg


「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_2039961.jpg


「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_20391684.jpg


「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_20392562.jpg


「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_20393275.jpg



目片千恵 ガラス展 夏霞(なつがすみ)
2019年7月20日(土)~28日(日)
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

目片千恵プロフィール
1972年 東京に生まれ
2001年 能登島ガラス工房 吹きガラス講座修了
2001年 牧山ガラス工房(石川県)にて製作を始める
2019年 現在、滋賀県大津市にて制作

「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_1913910.jpg「目片千恵 ガラス展 夏霞」4日目-3_d0087761_19132378.jpg

by sora_hikari | 2019-07-23 21:04 | 目片千恵2019

<< 「目片千恵 ガラス展 夏霞」5... 「目片千恵 ガラス展 夏霞」4... >>