「芳賀龍一展 焼き物サードウェーブ」開催のお知らせ

d0087761_16421851.jpg

7月6日(土)から14日(日)まで開催する「芳賀龍一展 焼き物サードウェーブ」のご案内です。

栃木県益子町の芳賀龍一さんにとって焼き物は、まず土や石探しから。地元・北関東周辺の野山や河原を巡り原料を見つけることから始まります。それは決して素直に使える陶芸向きの材料ではありません。しかし与し難い原料と格闘し、そのくせも含めて許容し、形造り、焼くとどうなるのか。そこに芳賀さんの興味は収斂します。

美意識の原点には唐九郎、李朝、古唐津があるようですが、決して桃山的様式を踏襲し、その倣作を目指している訳ではありません。美大では彫刻を専攻、在学中に陶芸サークルで焼き物にはまり、今に至ります。陶芸に関しては順序だった教育を受けておらず、いわば独学に近い手探りの中で焼き物を捉えてきたのです。整理され方式化された陶芸の土俵からスタートすればスムーズな道のりもあったでしょう。しかし規定の枠を超えるには、あらためて原点から問い直すことで見えてくる道筋もあると思います。

今、芳賀さんのように焼き物を捉え直して臨む同世代の作り手が増えています。いわば焼き物サードウェーブ。昭和初期に始まる桃山再興が第一の波、昭和中~後期の表現陶が第二の波、そして今興る第三の波、新原理主義。それは表現や技巧が先に向かうのではなく、「土」と「火」によって変化する焼き物の根底に立ち返るという点が特徴です。

さて、芳賀さんの個展。さながら焼き物図鑑のように様々なうつわ、さらにそこからはみ出した作品が並びます。粗削りな焼き物ではあるが、まだまとめる段階ではなく放射していく時期でしょう。かしこまった評価よりも、この発展的に進行する焼き物の根の強さに目を向けて欲しいと思います。皆様のご来店をお待ちしております。店主

芳賀龍一プロフィール
1984年 福島県会津若松市生まれ
2010年 武蔵野美術大学大学院彫刻コース卒業
2013年 栃木県芳賀郡益子町に築窯
2019年 現在、益子町にて製作


芳賀龍一展 焼き物サードウェーブ
Ryuichi Haga Third Wave of Yakimono
2019年7月6日(土)~14日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 7月6日・7日
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6

d0087761_16422913.jpg


by sora_hikari | 2019-07-01 16:46 | 芳賀龍一展

<< 「芳賀龍一展 焼き物サードウェ... 「梶原靖元・谷穹二人展 古典再... >>