「梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」7日目-3

梶原靖元・谷穹二人展 古典再考」は残すところあと2日となりました。貴重な二人展です。どうぞこの週末にお出掛けください。

谷穹さんの経筒や塔盃。祈りに通じる作品です。中世の焼き物は平安後期の末法思想とも繋がり、当時の浄土への敬虔な思いと焼き物の関係性に気づかされます。さらに古信楽に取り組む先には、緑釉は奈良に繋がり、中国遼の鶏冠壺へ、シルクロードから中東へ向かいます。壮大な歴史ドラマを追う様に、谷さんの意識を知ると見え方も変わってくるでしょう。

d0087761_17281745.jpg


d0087761_17282593.jpg


d0087761_17283433.jpg


d0087761_17284325.jpg


d0087761_17285332.jpg


d0087761_1729298.jpg



梶原靖元・谷穹二人展 古典再考
2019年6月22日(土)-30日(日) 会期中無休 
営業時間 11時-18時  
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986年 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989年 大丸北峰氏に師事して煎茶道具を習う
1997年 佐賀県唐津市相知町に穴窯築窯
2019年 現在、唐津市相知町佐里にて作陶

谷穹プロフィール
1977年 滋賀県信楽町生まれ
2000年 成安造形大学立体造形クラス卒業
2003年 清右衛門陶房にて修行
2007年 双胴式穴窯を築窯
2012年 単室式穴窯を築窯
2019年 現在、信楽町にて作陶

d0087761_17192693.jpgd0087761_17193743.jpg



by sora_hikari | 2019-06-28 17:47 | 梶原靖元・谷穹 展

<< 「梶原靖元・谷穹二人展 古典再... 「梶原靖元・谷穹二人展 古典再... >>