「吉田佳道 竹の花籠展」 6日目

吉田佳道 竹の花籠展 齊藤謙大の花と共に」(~10/14迄)の6日目。

ござ目編みの花かご。小さな籠は、民具を見立てた花入れのようです。

竹は東南アジアが生育の中心ですが、日本各地にも分布する身近な材料です。丈夫で弾力性に富み、細く裂いて編むことができることから古くから生活道具として利用されてきました。ざる、かごなどの民具をはじめ、食器、茶道具、仏具、武具、建材など日本の暮らしに深く関わってきた素材です。

素朴な風合いのござ編みの花かごに感じる郷愁は、どこか心の奥にある生活の風景を呼び起こすからかもしれません。ささやかに草花ひとつを挿して楽しめる座辺の花かごです。

d0087761_11515163.jpg
 小の籠(手付) 高さ10~16 径5~6cm

d0087761_1152199.jpg
 小の籠 高さ6~8 径5~6cm

d0087761_1152852.jpg
 ござ目黒細筒 高さ22 径6.5cm

d0087761_11521597.jpg
 ござ目黒細筒 高さ22 径6.5cm


吉田佳道 竹の花籠展 齊藤謙大の花と共に
2018年10月6日(土)~14日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6  地図

d0087761_20224868.jpgd0087761_2023324.jpg


吉田佳道(よしだ よしみち)プロフィール
1962年 大阪府生まれ
1988年 大分県別府にて竹工芸を学ぶ
1993年 長野県安曇野市にて独立
2018年 現在、同地にて制作

齊藤謙大(さいとう けんた)プロフィール
1975年 茨城県生まれ
2003年 野草生産業者に従事
2008年 茨城県古河市にて独立
2018年 野草生産を通していけばなを行う


by sora_hikari | 2018-10-11 12:21 | 吉田佳道展

<< 「吉田佳道 竹の花籠展」 6日目-2 「吉田佳道 竹の花籠展」 5日目-2 >>