「吉田佳道 竹の花籠展」 5日目

吉田佳道 竹の花籠展 齊藤謙大の花と共に」(~10/14迄)の5日目。

細長いシルエットが印象的な花入です。網代編みによる緻密な竹の網目に目を引かれます。かごのバランスをとるために底部には真鍮の錘が仕込まれています。吉田さんの代表的なお仕事です。

使われる竹は、福岡の真竹と高知県の黒竹。竹を鉈や小刀で割り、幅2ミリ、厚さ0.25ミリのひごにしていきます。編む技術も必要だけれど、何よりひごづくりが肝心だと聞きました。自然素材ですから、ひとつひとつクセがあります。その性質に合わせて巾決めと厚さの削り出しを手で加減します。この勘どころが経験値になるのでしょう。

吉田さんの花かごの美しさは、ひごづくりに在り。どんな手の込んだ料理でも、出汁がきちんとしていなければ美味しくならないのと同じでしょう。地道な仕事を積み重ねることで、この花籠の美しいラインは生まれるのです。

d0087761_12263447.jpg
 あじろ細筒、黒細筒(手付) 高さ28 幅3 奥行3cm

d0087761_12264482.jpg


d0087761_12265380.jpg


d0087761_1227228.jpg
 あじろ広口 高さ23 幅9 奥行9cm

d0087761_1227106.jpg


d0087761_12271930.jpg


d0087761_12272714.jpg


d0087761_12273618.jpg
 くし目細筒(手付き) 高さ49 幅16 奥行4cm

d0087761_12274597.jpg


d0087761_122753100.jpg


d0087761_1228286.jpg
 あじろ福々 高さ23 幅9 奥行9cm

d0087761_12281070.jpg


d0087761_12281855.jpg



吉田佳道 竹の花籠展 齊藤謙大の花と共に
2018年10月6日(土)~14日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
いけばなワークショップ 10月7日(日)・10日(水)・14日(日)
※ワークショップは全て満席となりました。
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6  地図

d0087761_20224868.jpgd0087761_2023324.jpg


吉田佳道(よしだ よしみち)プロフィール
1962年 大阪府生まれ
1988年 大分県別府にて竹工芸を学ぶ
1993年 長野県安曇野市にて独立
2018年 現在、同地にて制作

齊藤謙大(さいとう けんた)プロフィール
1975年 茨城県生まれ
2003年 野草生産業者に従事
2008年 茨城県古河市にて独立
2018年 野草生産を通していけばなを行う


by sora_hikari | 2018-10-10 12:47 | 吉田佳道展

<< 「吉田佳道 竹の花籠展」 5日目-2 「吉田佳道 竹の花籠展」 4日目 >>