「吉田佳道 竹の花籠展」 4日目

吉田佳道 竹の花籠展 齊藤謙大の花と共に」(~10/14迄)の4日目。

「黒松葉」という名の花かご。黒竹を松葉編みし、松煙を混ぜた漆で仕上げています。その姿はオディール(黒鳥)。オデット(白鳥)の清澄な美しさに対して、妖艶で魔性の魅力。引き込まれると危険です。

もうひとつは「天空」。真竹の松葉編み。上から見ると六角形だと気付きます。タイトルの通り、両側から張り出した手が天空で結ばれています。それはしなやかに伸びたオデットのシルエット。

どちらにも付けられた手は、持ち手ではなく意匠。花を入れると、この一本の線で囲まれた空間が、額縁のような効果を生み出します。しなりが、空間へ与える緊張感。竹ならではの造形美でしょう。

d0087761_17101484.jpg


d0087761_17102326.jpg


d0087761_17103012.jpg


d0087761_17103796.jpg

黒松葉 幅18 奥行18 高さ36
(展示品は売約済みの為、注文製作となります)

d0087761_17104347.jpg


d0087761_17104954.jpg


d0087761_17105542.jpg


d0087761_1711699.jpg

天空 幅21 奥行15 高さ41


吉田佳道 竹の花籠展 齊藤謙大の花と共に
2018年10月6日(土)~14日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
いけばなワークショップ 10月7日(日)・10日(水)・14日(日)
※ワークショップは全て満席となりました。
ギャラリーうつわノート 埼玉県川越市小仙波町1-7-6  地図

d0087761_20224868.jpgd0087761_2023324.jpg


吉田佳道(よしだ よしみち)プロフィール
1962年 大阪府生まれ
1988年 大分県別府にて竹工芸を学ぶ
1993年 長野県安曇野市にて独立
2018年 現在、同地にて制作

齊藤謙大(さいとう けんた)プロフィール
1975年 茨城県生まれ
2003年 野草生産業者に従事
2008年 茨城県古河市にて独立
2018年 野草生産を通していけばなを行う


by sora_hikari | 2018-10-09 18:47 | 吉田佳道展

<< 「吉田佳道 竹の花籠展」 5日目 「吉田佳道 竹の花籠展」 3日目 >>