「 光藤佐展 李朝の余韻 」 枯れ黒

「 光藤佐展 李朝の余韻 」 枯れ黒_d0087761_1559220.jpg

光藤佐 展 李朝の余韻 」(12/9迄)の6日目。会期は折り返しとなりました。

光藤さんの黒釉を使った平片口。

光藤さんの黒釉は、落ち着きのある乾いた黒褐色。朝鮮ものなら黒高麗。中国ものなら天目釉。東南アジアなら黒褐釉。地域や時代によって言い方はいろいろですが、鉄分が多いこの釉調は、古来より使われてきたものです。

光藤さんの黒釉は、この冬枯れの季節に良く似合います。片口の他、八角鉢、兜鉢、玉縁鉢などサイズも豊富に揃った定評のあるシリーズです。


光藤佐展  ~李朝の余韻~
2014 年11 月29 日(土)~ 12 月9 日(火) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

「 光藤佐展 李朝の余韻 」 枯れ黒_d0087761_25496.jpg「 光藤佐展 李朝の余韻 」 枯れ黒_d0087761_2542329.jpg
  画像クリックで拡大

光藤佐(みつふじ・たすく)プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2014年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


by sora_hikari | 2014-12-04 18:20 | 光藤佐 展

<< 「 光藤佐展 李朝の余韻 」 ... 「 光藤佐展 李朝の余韻 」 ... >>