「 光藤佐展 李朝の余韻 」 開催のお知らせ

d0087761_25496.jpg
  画像クリックで拡大

11/29から始まる「 光藤佐 李朝の余韻 」展のお知らせです。

光藤佐(みつふじ・たすく)さんは1962年生まれ。兵庫県北部の山に囲まれた静かな地域で制作しています。

光藤さんが作る器は、粉引・刷毛目・白磁・黒釉・鉄絵など李朝をベースとするものが多く、近年は薪窯の仕事で深みが増しています。しかし李朝の様式を踏まえながらも外形の忠実な再現が目的ではなく、そこに宿った風情をどう咀嚼して表すかが光藤さんには肝心なようです。

中学生の頃には茶を学び、大学卒業後は料亭の窯場で陶工として働きながら料理を知り、独立してからは書と短歌に長く親しんでいます。そのような文化的背景があるからでしょうか。光藤さんの器には、そこはかとない気品を感じるのです。

それはまるで短歌のように、李朝の様式を約束事にしながら、器の中に自然の叙景や心の抒情を詠み込み、そこから醸し出される余韻を求めているように思えます。

年代的に陶芸家として円熟みを増す頃でしょう。職人仕事で鍛えた確かな技と、そこに内在する余韻の美しさを感じて頂ければと思います。庭のもみじが紅葉する頃。皆様のお越しをお待ちしております。  店主

プロフィール
1962年 兵庫県宝塚市生まれ
1978年 中学を出て京都府立陶工職業訓練校で学ぶ
1980年 京都の窯元で職人として働く
1982年 京都精華大学美術学部に入り絵を描く
1986年 京都の料亭のお庭窯で職人として働く
1989年 兵庫県にて築窯し独立する
2014年 現在、兵庫県朝来市にて制作する


光藤佐展  ~李朝の余韻~
2014 年11 月29 日(土)~ 12 月9 日(火) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月29日、30日
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_2542329.jpg
画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2014-11-21 09:00 | 光藤佐 展

<< 「 光藤佐展 李朝の余韻 」 ... 営業案内 11/19-28 休み >>