「 猿山道場 」 ありがとうございました。そして...

猿山道場 ~猿山修のデザインプロダクツ~」は、本日終了しました。会期中は、たくさんの方々にお越し頂き、厚く御礼申し上げます。

「猿山道場」の公募を行ったのが、昨年の11月。今年の1月に選考メンバーに集まってもらい、4月に中間講評会、そして7月の本番。約半年に渡る企画でした。従来より猿山修さんのお仕事を当店で紹介したいと考えていましたが、既にいろいろな場所で展覧会が行われていましたので、少し違った角度からお伝えしようと考えたのが「猿山道場」になります。

猿山さんのモノづくりは、通常プロデュースやデザインという形式で行われます。今まで信頼できる作家さんと組んで「 さる山 」発で器を紹介するともに、人材を育ててきました。一緒にモノづくりをするメーカーも、少人数でコミュニケーションがとれる範囲を大切にしています。その為、猿山さんと一緒に仕事に携われるのは、ごく一部の人に限られてきました。そのチャンスを、もっと他の作り手にも門戸を広げようと思った事が、この企画に繋がっています。

参加してくれた門下生は、すでにそれぞれの領域で活躍している方ですが、猿山さんと一緒に仕事をすることを望んで取り組んでくれました。図面に従って作ることに、少なからず苦労をしたようですが、結果的にそれぞれ特徴のある成果を得られたと思います。製作は、個々の工房で行われましたが、この企画によって参加者全員が、ひとつの目的に向かって繋がったように思います。またモノづくりに留まらず、猿山さんと一緒に仕事をすることに価値を見出してくれたようです。当初、猿山さんを紹介するための「手段」が、結果的に門下生の前向きなモノづくりという「目的」に変化していくことを嬉しく思いました。

このような企画によって、もしかしたら猿山さんが今まで築いてきたイメージを壊すのではないかと危惧しましたが、快く企画を受け入れてくれた事、そして門下生に恵まれたことで救われました。そして何より、この会場に足を運んで下さった方々に支えられた事で、意味のある企画展になったと思います。

多くの方に感謝を込めて。どうもありがとうございました。

これからも「さる山」の活動にぜひご注目ください。
・銀座和光にて「伝統美と新たなかほり―洗練された日常―」に猿山さんが参加中です。
・「Les Racines du Ciel(レ ラシーヌ デュ シエル)の展示会」が「さる山」で開催されます。


「 猿山道場 」 ありがとうございました。そして..._d0087761_23242395.jpg
 イラストは、堀道弘さん。漫画家・イラストレーター・金継ぎ作家としてご活躍されています。この絵でみんなの気持ちが一本に繋がったと思います。

「 猿山道場 」 ありがとうございました。そして..._d0087761_23243532.jpg
 イラストと同じ立ち位置で記念撮影。
左から、西垣 聡(石川県/ガラス)、花岡 央(岡山県/ガラス)、沼田 智也(茨城県/陶器)、新田 佳子(大阪府/ガラス)、高木 剛(京都府/陶器)、猿山修、今村 肇(佐賀県/磁器)、松本かおる(長野県/陶器)、服部 竜也(岐阜県/陶器)、二川 修(大阪府/陶器)
※写真は、雑誌「Crafter」さん提供。(10月に取材記事が掲載される予定です)

by sora_hikari | 2014-07-22 18:00 | 猿山道場

<< 「 門下生展 」 開催のお知らせ 「 猿山道場 」 美のアスリート >>