「松村英治・左藤玲朗二人展 琉球の風」 開催案内

d0087761_3491782.jpg
  PDFはこちら

7/27(土)~8/6(火)に開催する「松村英治・左藤玲朗二人展 ~琉球の風~」のご案内です。夏の器をテーマにした「琉球の風」。松村英治さんは沖縄の民芸を彷彿させる三彩の器を、左藤玲朗さんはレトロな沖縄イメージのガラスを出品します。やちむんと呼ばれる沖縄の焼物は、南方交易を経て琉球王朝時代に諸国から伝わった陶器が独自の焼物に発展し、今の原型が生まれました。また琉球ガラスは、戦後の資源不足の折に、米軍基地で捨てられたガラス容器を再生したことから始まっています。それぞれの発生起源は異なりますが、沖縄で育まれた暮らしの道具には、その土地らしい温容な人情味が映し出されています。左藤さんのガラスは、ぽってりと厚みのある温かみが魅力的です。その原点は琉球ガラスの製造所での経験にあります。また松村さんは、南洋の流れを汲む焼締めに従来より取り組んできましたが、今回は琉球と繋がる三彩の器を中心に新作にチャレンジします。お二人とも沖縄在住の作家ではありませんが、むしろ自由で伸び伸びとした解釈の器をお届けできると思っています。暑い夏の到来に合わせて、どうぞ琉球の風を感じにご来店下さい。うつわノート店主

松村英治 プロフィール
1970年  熊本県生まれ
1993年 アジア遊行
1997年  金沢美術工芸大学大学院彫刻課程修了
1999年  常滑市立陶芸研究所修了
2013年  現在、愛知県阿久比町にて製作

左藤玲朗 プロフィール
1964年 大分県生まれ
1990年 立命館大学文学部卒
1991~ 沖縄、長崎で硝子製作の修業
2001年 兵庫県にて独立
2013年 現在、千葉県長生郡にて製作


松村英治・左藤玲朗 二人展 ~琉球の風~
2013年7月27日(土)~8月6日(火) 会期中無休
11:00~18:00  
作家在廊日 7月27日(土)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_3492821.jpg
  PDFはこちら



沖縄料理で楽しむ夏祭りナイト
川越の百万灯祭り(7/27,28)に合わせて、沖縄の定番料理を、
松村さん・左藤さんの器でご提供します。

7月27日(土) 17:00~20:00
沖縄料理3品+ワンドリンク
参加費 1500円
20名様まで (予約優先となります) 
お申込み 
メール: utsuwanote@gmail.com
電話: 049-298-8715 (11:00~18:00 水・木曜は定休)


by sora_hikari | 2013-07-25 09:30 | 松村英治・左藤玲朗2013

<< 「松村英治・左藤玲朗二人展 琉... 工芸とアートの間のような展示会 >>