冬季休業 1/24-2/18

冬季休業 1/24-2/18_d0087761_18432381.jpg

例年通り冬季休業を1月24日~2月18日とさせて頂きます。

営業カレンダー
http://utsuwa-note.com/info.html#calender

# by sora_hikari | 2022-01-24 19:09 | おしらせ

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」ありがとうございました

福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」は本日終了しました。会期中にご来店下さいました方、オンラインストアを通じてお選び下さいました方、皆様に厚く御礼申し上げます。(オンラインストアは本日1/23 23時までご利用頂けます)

関東の商業圏に最も近い陶芸産地である益子は、春秋年2回開催される陶器市の集客に恵まれ、またマスコミも取材し易いゆえにメディアへの露出も多く、関東の方のファーストステップとして益子焼を選ぶ機会も多いと思います。80年代のバブル期までは作れば売れる時代を経験し、その後のバブル崩壊やリーマンショック以降に日本経済が冷える中、地元に頼らず市場の需要に合わせたカジュアルな器が広がっていったように記憶しています。今は形を変えSNSを通じた新たなうつわブームがあり、それに準ずる流れが益子(に限らず)にも興っています。

このような中、益子に於いて福島さんや四海さんのような土を掘り薪窯焼成による手間のかかる焼き物づくりは不器用な選択に思えます。益子であればもっと市場に合わせた効率のよい方法はあるはずです。また備前、信楽、伊賀、美濃、唐津など桃山陶に準ずる茶陶の流れを汲む産地であれば、古陶に近づくために土や焼きに拘る方も多く、またそれを支える特殊なマーケットも存在します。しかし益子を始めとする新たな「焼き物」の解釈は、旧来的な焼き物好きの支持者は少なく、その価値を受け入れる顧客の絶対数の不足があり、ゆえに苦労の多い製作方法にも関わらず価格転嫁することも難しく、結果的にここは苦労と結果が経済的に結びつきづらい状況であったと思います。

しかしここ数年でしょうか。現在のうつわブームとはまた違った「焼き物」を志す若い作り手が増えてきたように思います。従来の茶陶とも違い、あらためて土を焼くことで起こる現象に目を向けた作り手たちです。土や釉薬、焼成方法のセオリーも従来の方法論に頼らずに、型を崩して「焼き物」を再解釈しようとする流れです。この新たな動向(もしくは揺り戻し)が同時多発的に全国にあり、この益子にも興っている事象を捉えてみようと思ったことが、今回の展示会の動機でもありました。

もちろん従来から取り組んでいた福島さんと、まだ新人の四海さんとの起点も意識も異なると思います。この二人に限らず、益子には他にも同様の作り手がいますが、皆一様に括られたくないという思いもあるかもしれません。しかし福島さんと四海さんがここで交錯した。益子の市場の力学から離れて、土を焼いて得られる普遍的な現象に目を向けた作り手が重なり合った。例え独善的解釈であっても、これを益子の新たな息吹として捉えてみたいのです。

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」ありがとうございました_d0087761_17391526.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」ありがとうございました_d0087761_17391915.jpg

左側:四海大さん、右側:福島誠さん


# by sora_hikari | 2022-01-23 19:05 | 福島誠・四海大二人展

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2

福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」9日目。

写真は福島誠さんが仕事場としても使っている「益子陶芸倶楽部」の様子です。埼玉県との県境にあたる茨城県境町の出身で高校時代はサッカーに打ち込み、社会に出てから職人仕事している頃に結城市の陶芸教室で陶芸に出会いました。その後より本格的に取り組むために2011年に益子に移住し、10年の時が経ちました。当初より自ら粘土を探すことを基本にしており、原土に拘った焼き物を続けています。2015年以来、益子の陶器市に出店したりグループ展に参加してきましたが、まだ個展の経験はありませんので、今回の展示会で福島さんの作品を初めて目にした方も多いのではないかと思います。

通常の益子焼の流れとは違った活動ゆえに、なかなか世間との接点が作れなかったというのが実情かもしれません。しかし、ここ数年の益子に現われた「焼き物」の流れと共に、芳賀隆一さんとの出会いが福島さんの陶芸家としての意識を大きく変えました。いや、むしろ自らがずっと続けてきた取り組み方が、確信に繋がったという正しいでしょうか。福島さんのような原土に拘った強い焼き物は、流行を追う益子という産地ではでもなかなか受け入れられづらく、陶芸家として曖昧な10年間だったのではないかと思います。しかしようやく時代が福島さんの仕事に追いついたのだと思います。これからもぶれずに地に足のついた焼き物に期待したいと思います。

本日1/23(日)最終日は時間を繰り上げて17時で終了させて頂きます。あとわずかな時間となりましたが、関心のある方はどうぞご来店ください。


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16320369.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16320683.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16321300.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16321789.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16322061.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16322342.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16322662.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16322844.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16323113.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_16323380.jpg


【福島誠・四海大展オンラインストア】1/23まで
https://utsuwanoteshop.stores.jp/

福島誠・四海大 二人展 益子の息吹

2022115日(土)~23日(日)

11時~18時 最終日は17時迄

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


福島誠/Makoto Fukushima

1978年 茨城県境町生まれ

2001年 職人を経て益子で陶芸を学ぶ

2011年 作家活動を始める

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


四海大/Dai Shikai

1992年 福岡県北九州市生まれ

2013年 自動車メーカー勤務

2017年 栃木県窯業技術支援センター入所

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目-2_d0087761_12453547.jpg


# by sora_hikari | 2022-01-23 11:17 | 福島誠・四海大二人展

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目

福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目。会期は残すところあと1日となりました。最終日の1月23日(日)は時間を繰り上げて17時で終了させて頂きます。店内にはまだ十分ご覧頂ける作品がございます。

写真は益子の四海大さんの仕事場の様子です。益子焼の陶器店が集まる城内坂からさほど離れていない田んぼに囲まれ奥まった場所で、集中して作陶が出来る恵まれた環境です。

四海さんは北九州市の門司ご出身。地元の学校を卒業した後は、栃木県の本田技研で自動車部品の設計をやっていたという経歴の持ち主です。その後、職場にも近かった益子で鈴木稔さんに師事、さらに窯業技術支援センターで陶芸を学び、この地で独立しました。若干29歳、2019年に作家として独立してまだ2年程ですが、作品を見る限り新人とは思えない実力を感じます。

ご案内の通り現在は益子周辺の原土を自ら掘り、薪窯で焼き物を作っています。社会的に安定した前職からすれば何ゆえに手間のかかる焼き物を選んだのかという疑問が湧きますが、先行き不透明な時代に自らの手と足を使って実感のある仕事だったからこそという意識が、むしろ時代を表しているとも言えるかもしれません。






「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15143096.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15143340.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15143792.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15143909.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15144257.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15144410.jpg
「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15144730.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15145086.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15145246.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_15145557.jpg


【福島誠・四海大展オンラインストア】1/23まで
https://utsuwanoteshop.stores.jp/

福島誠・四海大 二人展 益子の息吹

2022115日(土)~23日(日)

11時~18時 最終日は17時迄

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


福島誠/Makoto Fukushima

1978年 茨城県境町生まれ

2001年 職人を経て益子で陶芸を学ぶ

2011年 作家活動を始める

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


四海大/Dai Shikai

1992年 福岡県北九州市生まれ

2013年 自動車メーカー勤務

2017年 栃木県窯業技術支援センター入所

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」8日目_d0087761_12453547.jpg


# by sora_hikari | 2022-01-22 18:00 | 福島誠・四海大二人展

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」7日目-2

福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」7日目-2。

福島誠さんの白化粧を施した壺や鉢(一部売約済)です。益子周辺の原土を使い薪窯で焼成しています。

福島作品の魅力は焼き物としての雄弁な質感もありますが、それ以上に造形と焼きが混在した「肉筆の強さ」にあるでしょう。それはルオーの描く力強い線のようであり、アンフォルメルの激情的な抽象画と重なるように思えます。これは誰かに習って学べる「上手さ=巧さ」とは違って、天性の身体感覚から生まれる彼独特の世界観でしょう。万人に受け入れるられるよりも、たった一人の心の奥をぐっとえぐる様な、そんな強さがいいのです。

会期は残すところあと2日となりました。1月23日(日)は時間を繰り上げて17時で終了させて頂きます。店内にはまだ十分ご覧頂ける作品がございますので、どうぞこの週末にお出掛けください。

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」7日目-2_d0087761_20403604.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」7日目-2_d0087761_20403924.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」7日目-2_d0087761_20404367.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」7日目-2_d0087761_20404681.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」7日目-2_d0087761_20404891.jpg

「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」7日目-2_d0087761_20405164.jpg


【福島誠・四海大展オンラインストア】1/23まで
https://utsuwanoteshop.stores.jp/

福島誠・四海大 二人展 益子の息吹

2022115日(土)~23日(日)

11時~18時 最終日は17時迄

ギャラリーうつわノート 

埼玉県川越市小仙波町1-7-6


福島誠/Makoto Fukushima

1978年 茨城県境町生まれ

2001年 職人を経て益子で陶芸を学ぶ

2011年 作家活動を始める

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


四海大/Dai Shikai

1992年 福岡県北九州市生まれ

2013年 自動車メーカー勤務

2017年 栃木県窯業技術支援センター入所

2022年 現在、栃木県益子町にて制作


「福島誠・四海大 二人展 益子の息吹」7日目-2_d0087761_12453547.jpg


# by sora_hikari | 2022-01-21 20:58 | 福島誠・四海大二人展