「森岡成好・由利子展 ラブ&ピース」開催のお知らせ


「森岡成好・由利子展 ラブ&ピース」開催のお知らせ_d0087761_01460348.jpg

1月23日(土)から31日(日)まで開催する「森岡成好・由利子展 ラブ&ピース」のご案内です。今回も緊急事態宣言のため全日予約制にさせて頂きます。

森岡成好・由利子展 ラブ&ピース
2021年1月23日(土)~31日(日) 
全日予約制  11時~18時
ギャラリーうつわノート 
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
※今回は残念ながら緊急事態宣言に伴い森岡さんご夫妻の在廊はありません。

1948年生まれの森岡成好さんは戦後ベビーブームの団塊の世代であり、70年代を象徴する反権力、平和運動、ヒッピー文化などリベラルの洗礼を大いに受けたのではないでしょうか。実際には同世代の多くが階層社会に迎合する生き方を選択したと思うのですが、森岡さんは一貫して権力におもねず、自由主義を実践する人生を歩んでこられたように思います。焼き物という職業は、高慢な芸術家ではなく、土にまみれて生活道具を作る工人であるという姿勢に森岡さんの基本的な思想が垣間見えます。同様にその価値観を共有する奥様の由利子さんもまたその体現者であるでしょう。

過去に森岡さんご夫妻の作品を取り扱う中で、うつわの中に紛れてユニークな具象像を見ることがありました。成好さんの無邪気な動物や乗り物。平和を願う像。原発反対を唱える刻印。男と女の愛の像。そして由利子さんの陶仏や空想上の生き物。仏教美術をモチーフとする容れ物。それらは、くすっと笑えるものだったり、自分の思いを映すものだったり、その人ごとの心のお守りの役割をもった焼き物だと感じていました。いつかその「祈り」にも似たものを切り出した作品展をお願いしたいと思っていました。

ラブ&ピース。シンプルでいて、しかし決して簡単には実践できない生き方です。それを貫いてきた森岡さんご夫妻だからこそ生れる愛と平和の像。厄災の続く今、それらを通して私たちの祈りが届くことを願うばかりです。店主

森岡成好 略歴
1948年 奈良県生まれ
1970年 米国で映画製作技術を学ぶ 
1973年 和歌山県天野に築窯 
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
2021年 和歌山県かつらぎ町にて制作

森岡由利子 略歴
1955年 岩手県生まれ 
1982年 焼締を経て白磁を始める 
1999年 タイバンコクで展覧会
2009年 韓国で展覧会
2021年 和歌山県かつらぎ町にて制作

【入店方法について】
1)件名を「森岡展入店」としたうえで、ご希望の来店日時、お名前、携帯番号を記載のうえ、「utsuwanote@gmail.com」までご連絡ください。
2)メールを受け取りましたら、折り返し受領の返信をします。
3)予約は可能な限り前日までにお願い致します。直前になる場合は、インスタのDM(https://www.instagram.com/utsuwanote)か電話(049-298-8715)でご連絡ください。

「森岡成好・由利子展 ラブ&ピース」開催のお知らせ_d0087761_01460380.jpg


# by sora_hikari | 2021-01-18 09:00 | 森岡成好・由利子love&peace

「林志保 展 Private Monuments」ありがとうございました

林志保 展  Private Monuments」は本日終了しました。緊急事態宣言に伴う全日予約制にも関わらずご来店下さいました皆様、通販カタログでお選び下さいました皆様に心より御礼申し上げます。

今展も前回(2019)と同様に、アパレルや装身具に関係する方からの支持を多く頂きました。うつわや焼き物といった陶芸の文脈よりも、より感覚的でファッションやインテリアに近い意識で作品が受け入れられるのは林さんの洗練された作品ならではでしょう。

お持ち帰り頂きました林さんの作品が、皆様のお住まいあるいはお店の空間で、美しい景色の要素となり、心豊かになりますことを願っております。コロナ禍の中、初日の在廊が叶わずオンラインでご対応頂きました林さんにも感謝申し上げます。

「林志保 展  Private Monuments」ありがとうございました_d0087761_16352738.jpg

「林志保 展  Private Monuments」ありがとうございました_d0087761_16352722.jpg





# by sora_hikari | 2021-01-17 16:39 | 林志保展2021

「林志保 展 Private Monuments」8日目

林志保 展  Private Monuments」の8日目。会期は明日1/17(日)までとなります。最終日は時間を繰り上げて17時で終了します。また通販も同様に締め切らせて頂きます。観覧予約は本日(1/16)まで受付けております。ご来店時間が重ならないように配慮しておりますので、貸し切り状態で作品をご覧頂けます。ご希望のある方はご連絡下さい。

写真の作品は「珠」。今展のモニュメンタルな作品群とは一線を画し、自然石を模した美しい形状です。このような作品に特段の解説を加えることに意味がないと思いますが、しかし何ゆえにこれが作られるのかには意図がある訳です。例えば、海岸で拾ったガラスの欠片、河原で自然に磨かれた石、林に落ちている木の実、時間を経て朽ちた土壁、ブリキの板。沈む夕日、紺碧の海、澄んだ朝の光。いずれも動物として生命を維持するには意味のないことです。しかしそういう「無駄」なことに人は心打たれるものです。逆説的に言えば、実用性の無いものに感化されるからこそ「人間」であると思う訳です。自然物の代用で良いはずのものを敢えて人が作る。純粋な存在に対する共感、あるいはオマージュ。それもまた抗えない事実です。こういうものは、いわば作る側も選ぶ側も自己確認を行っているように思います。「心」が失われていないか。モノを通してフィードバックされる問い掛けのように。殺伐とした今だからこそ届く心の声に耳を澄ませたいものです。

「林志保 展  Private Monuments」8日目_d0087761_12044372.jpg

「林志保 展  Private Monuments」8日目_d0087761_12044265.jpg

林志保 展  Private Monuments
2021年1月9日(土)-17(日)※入店は事前予約制
11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
049-298-8715

1984年 兵庫県神戸市生まれ
2008年 京都市立芸術大学 工芸科漆工専攻 卒業
2014年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2020年 現在、岐阜県多治見市にて製作

「林志保 展  Private Monuments」8日目_d0087761_17132940.jpg
「林志保 展  Private Monuments」8日目_d0087761_17132998.jpg



# by sora_hikari | 2021-01-16 12:43 | 林志保展2021

「林志保 展 Private Monuments」7日目

まず黒陶のオブジェと言えば八木一夫を思い浮かべる訳です。八木一夫をはじめとする「走泥社」の功績は、陶芸をアートに昇華させようとした歴史的エポックとして認識しているものの、現代彫刻の流れで見るなら、むしろ後発的造形ではあったでしょうし、陶芸側から見たアートコンプレックスのように感じています。現代陶よりも、いわばイサムノグチのような海外側から見た東洋的解釈に近いと見た方が相応しいように思います。

さてこれらの林作品を前衛的陶芸の文脈に関連づけるか、洗練されたインテリアグッズのようにライトに解釈するかは人それぞれです。林さんと話す限りは、現代陶のコンセプチュアルな捉え方よりも、感覚的に生み出している。アクセサリー、ファッション、音楽のように。展示会場にいらっしゃる方を見ると、選ぶ方にも同じレイヤーで繋がっていることを実感します。

「林志保 展  Private Monuments」7日目_d0087761_17284669.jpg

「林志保 展  Private Monuments」7日目_d0087761_17284663.jpg

「林志保 展  Private Monuments」7日目_d0087761_17284668.jpg

林志保 展  Private Monuments」の通販用カタログを作成しました。ご検討される方は名前を記載のうえメールでご連絡ください。折り返しカタログのリンク先をお送りします。

宛先
utsuwanote@gmail.com

林志保 展  Private Monuments
2021年1月9日(土)-17(日)※入店は事前予約制
11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
049-298-8715

1984年 兵庫県神戸市生まれ
2008年 京都市立芸術大学 工芸科漆工専攻 卒業
2014年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2020年 現在、岐阜県多治見市にて製作

「林志保 展  Private Monuments」7日目_d0087761_17132940.jpg
「林志保 展  Private Monuments」7日目_d0087761_17132998.jpg



# by sora_hikari | 2021-01-15 17:48 | 林志保展2021

「林志保 展 Private Monuments」6日目-3

今展の副題である「プライベート・モニュメント」を象徴する作品です。複数の要素が複合的に構成されひとつの造形を成しています。かつて屋外に多く設置されたモニュメントを室内向けにダウンサイズした印象です。

最近の陶オブジェは自然物の延長にあるような種子や朽ちた残欠のようなものを多く見ます。それらは作者の意識を抑制し、作為を気づかせない無垢な存在を表現しています。一方の林さんのこれらの作品は、作者が意図した彫刻的アプローチです。造形のための造形。物体としての象徴を求める意識。この点がむしろ新鮮に思えます。

林さんのこの作品群は、ダダイズムの流れにあった彫刻家ジョン・アルプの作品を彷彿させ、いわば前衛的な抽象彫刻的。しかしかつてとても前衛的だった造形が、今はレトロフューチャーのように捉えられる。例えればミッドセンチュリーの家具ような、かつてのモダンが今やレトロモダンとして復刻されるような逆説的な美意識です。この感覚が林作品のポイントでもあるでしょう。

「自然を模倣したいとは思わない。再現するのではなく,生産したいのだ。」ジョン・アルプの言葉を林作品のひとつの解釈として記しておきましょう。

#61 Untitled /250x175x250

「林志保 展  Private Monuments」6日目-3_d0087761_18102957.jpg


#63 Untitled /135x105x175

「林志保 展  Private Monuments」6日目-3_d0087761_18102935.jpg


#65 Untitled /160x120x130

「林志保 展  Private Monuments」6日目-3_d0087761_18103093.jpg


林志保 展  Private Monuments」の通販用カタログを作成しました。ご検討される方は名前を記載のうえメールでご連絡ください。折り返しカタログのリンク先をお送りします。

宛先
utsuwanote@gmail.com

林志保 展  Private Monuments
2021年1月9日(土)-17(日)※入店は事前予約制
11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
049-298-8715

1984年 兵庫県神戸市生まれ
2008年 京都市立芸術大学 工芸科漆工専攻 卒業
2014年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2020年 現在、岐阜県多治見市にて製作

「林志保 展  Private Monuments」6日目-3_d0087761_17132940.jpg
「林志保 展  Private Monuments」6日目-3_d0087761_17132998.jpg



# by sora_hikari | 2021-01-14 18:12 | 林志保展2021