「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-3(八方刀痕台鉢)

太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」は本日5月23日~31日までオンライン上(ブログ、Facebook、インスタグラム)で販売会を開催中です。

本日最後にご紹介するのは八方刀痕台鉢です。刀痕の名の通り、ノミの刃で木を刳り、八方へ広がるノミ痕が印象的な鉢です。硬い栗材ゆえにノミ痕の稜線もきりっとしています。高台の厚さに対して、開いた口は軽やかな薄造りでモダンさを持ち合わせています。

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-3(八方刀痕台鉢)_d0087761_17412734.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-3(八方刀痕台鉢)_d0087761_17413411.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-3(八方刀痕台鉢)_d0087761_17414049.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-3(八方刀痕台鉢)_d0087761_17414789.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-3(八方刀痕台鉢)_d0087761_1741542.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-3(八方刀痕台鉢)_d0087761_1742048.jpg


今展の全作品カタログはこちらからご覧いただけます。
http://utsuwa-note.com/otashuji_worklist

ご購入について
ご希望の作品がございましたらメールにてご注文ください。
utsuwanote@gmail.com宛に「太田漆器」を表題にしてご連絡ください。
・ご希望の作品名・品番
・お名前、ご住所、お電話番号、PCメールを受信できるメールアドレス
・詳細なオーダー手順は作品リストに掲載しています。


太田修嗣展 漆の聲 木の息吹
2020年5月23日(土)~31日(日)
ギャラリーうつわノート
オンライン販売会

プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2020年 現在 同地にて制作

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-3(八方刀痕台鉢)_d0087761_14328.jpg「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-3(八方刀痕台鉢)_d0087761_1431368.jpg


# by sora_hikari | 2020-05-27 18:00 | 太田修嗣展2020

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)

太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」は本日5月23日~31日までオンライン上(ブログ、Facebook、インスタグラム)で販売会を開催中です。

木地溜塗浅鉢です。外周の縁(リム)からさらに見込みが一段深く彫られています。その鏡の部分が額縁に囲まれたキャンパスとなり、料理を飾るように盛り付けられます。

木地溜塗は、木地を下地処理して透き漆を塗ることで木目が透けて見えます。濃く色づいた木目は漆を通して、琥珀のような品格を見せます。この材は朴(ほうのき)ですが、マホガニー家具のような奥行のある趣きという言えば伝わるでしょうか。

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)_d0087761_1731539.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)_d0087761_1732038.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)_d0087761_1732617.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)_d0087761_17321363.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)_d0087761_17322132.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)_d0087761_17322612.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)_d0087761_17323333.jpg


今展の全作品カタログはこちらからご覧いただけます。
http://utsuwa-note.com/otashuji_worklist

ご購入について
ご希望の作品がございましたらメールにてご注文ください。
utsuwanote@gmail.com宛に「太田漆器」を表題にしてご連絡ください。
・ご希望の作品名・品番
・お名前、ご住所、お電話番号、PCメールを受信できるメールアドレス
・詳細なオーダー手順は作品リストに掲載しています。


太田修嗣展 漆の聲 木の息吹
2020年5月23日(土)~31日(日)
ギャラリーうつわノート
オンライン販売会

プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2020年 現在 同地にて制作

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)_d0087761_14328.jpg「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-2(木地溜塗鉢)_d0087761_1431368.jpg


# by sora_hikari | 2020-05-27 14:30 | 太田修嗣展2020

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)

太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」は本日5月23日~31日までオンライン上(ブログ、Facebook、インスタグラム)で販売会を開催中です。

洗朱根来鉢と根来鉢3種をご紹介します。古い捏鉢(こねばち=うどん粉等を捏ねる鉢)の形状に倣ったものですが、大きさは7寸程(径20cm)で実用的な盛り鉢サイズで作られています。

一般的な漆器は整然としたものが多く、上塗りも塵ひとつなく極めていく方向にあるように思います。あるいは個性を生むために飾り(蒔絵、沈金、螺鈿等)を施す雅なアプローチもあるでしょう。これは漆が類まれな上質なテクスチャーを持ち得ているゆえに、作り手が挑むべく課題として素材を捉えているように思えます。

太田さんの場合、これらの漆器の在り方と、ベクトルが異なるように思うのです。木地はコンパスで引いたような正円を求めず、手描きのような木の乾燥による歪みを良しとする。また塗りも根来のように塗り斑(むら)や刷毛目の跡を厭わない。むしろそこに素材の自然性を許容して取り入れる。

これは整った磁器に対して、不定形なろくろの陶器との対比に例えられるかもしれません。考えてみれば、衣服だって化繊よりもリネンやコットンの自然な肌合いを好んだり、いまだ活版印刷の風合いに魅せれる方がいるように、漆器にもさまざまな求め方があると思うのです。これはお互いの否定的比較ではなく、あくまで多様性を認識したいということです。

太田さんの漆器は「人間臭さ」が宿っている。抽象的かつ時代掛かった言葉ですが、その人情味がなんともいいなと思っています。

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_17234048.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_1723463.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_17235349.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_1724090.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_172462.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_17241290.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_172419100.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_17242658.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_1724321.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_17243998.jpg


今展の全作品カタログはこちらからご覧いただけます。
http://utsuwa-note.com/otashuji_worklist

ご購入について
ご希望の作品がございましたらメールにてご注文ください。
utsuwanote@gmail.com宛に「太田漆器」を表題にしてご連絡ください。
・ご希望の作品名・品番
・お名前、ご住所、お電話番号、PCメールを受信できるメールアドレス
・詳細なオーダー手順は作品リストに掲載しています。


太田修嗣展 漆の聲 木の息吹
2020年5月23日(土)~31日(日)
ギャラリーうつわノート
オンライン販売会

プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2020年 現在 同地にて制作

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_14328.jpg「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」5日目-1(根来鉢)_d0087761_1431368.jpg


# by sora_hikari | 2020-05-27 10:00 | 太田修嗣展2020

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)

太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」は本日5月23日~31日までオンライン上(ブログ、Facebook、インスタグラム)で販売会を開催中です。

黒い台皿に柿の葉鮨を盛り付けた写真は、太田さんが自ら瀬戸内の鯵をさばいて作りました。ひと際美味しそうに見えます。

これは新作の錫黒うづくり台皿。うづくり(浮造り、卯造り)とは、木目の柔らかい部分を削いて凹凸を浮き立たせる技法の呼称ですが、太田さんの場合、竹串で丹念に木目を削いでいます。うづくりは、選ぶ木によって凹凸を強調し過ぎるとくどくなる場合がありますが、太田さんは柾目の板を使うことで直線を活かし、シャープに仕上げています。

また皿の縁は漆の下地を練り付けて立ち上げており、小さく波打った敷居が上品です。さらに高台を高めに作り、薄めの板が宙に浮いたような視覚的効果を狙っています。

盛り付けた料理を、この台皿を使って少し浮かせることで、品格とありがたみがあがるように思います。

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_1122075.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_1122763.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_1122149.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_1122204.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_11222826.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_11223562.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_1122438.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_11225069.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_11225717.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_1123359.jpg


今展の全作品カタログはこちらからご覧いただけます。
http://utsuwa-note.com/otashuji_worklist

ご購入について
ご希望の作品がございましたらメールにてご注文ください。
utsuwanote@gmail.com宛に「太田漆器」を表題にしてご連絡ください。
・ご希望の作品名・品番
・お名前、ご住所、お電話番号、PCメールを受信できるメールアドレス
・詳細なオーダー手順は作品リストに掲載しています。


太田修嗣展 漆の聲 木の息吹
2020年5月23日(土)~31日(日)
ギャラリーうつわノート
オンライン販売会

プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2020年 現在 同地にて制作

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_14328.jpg「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-3(錫黒うづくり台板)_d0087761_1431368.jpg


# by sora_hikari | 2020-05-26 18:00 | 太田修嗣展2020

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-2(洗朱根来小丸盆)

太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」は本日5月23日~31日までオンライン上(ブログ、Facebook、インスタグラム)で販売会を開催中です。

洗朱根来小丸盆。台座が付いた形状は供物を捧げる祭器のようです。この形は骨董で多く見られますが、威風堂々としたものが多く、現代の生活空間では場所を選んでしまいます。太田さんの場合、この小盆や盤などのサイズを現代的に縮小しているのも特徴でしょう。しかし、小さくしても品格を失わない。それも肝心です。

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-2(洗朱根来小丸盆)_d0087761_10362571.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-2(洗朱根来小丸盆)_d0087761_1036312.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-2(洗朱根来小丸盆)_d0087761_10363898.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-2(洗朱根来小丸盆)_d0087761_10364544.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-2(洗朱根来小丸盆)_d0087761_10365213.jpg


「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-2(洗朱根来小丸盆)_d0087761_10365816.jpg


今展の全作品カタログはこちらからご覧いただけます。
http://utsuwa-note.com/otashuji_worklist

ご購入について
ご希望の作品がございましたらメールにてご注文ください。
utsuwanote@gmail.com宛に「太田漆器」を表題にしてご連絡ください。
・ご希望の作品名・品番
・お名前、ご住所、お電話番号、PCメールを受信できるメールアドレス
・詳細なオーダー手順は作品リストに掲載しています。


太田修嗣展 漆の聲 木の息吹
2020年5月23日(土)~31日(日)
ギャラリーうつわノート
オンライン販売会

プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2020年 現在 同地にて制作

「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-2(洗朱根来小丸盆)_d0087761_14328.jpg「太田修嗣展 漆の聲 木の息吹」4日目-2(洗朱根来小丸盆)_d0087761_1431368.jpg


# by sora_hikari | 2020-05-26 14:34 | 太田修嗣展2020