「太田修嗣展 黒澤映画のような」初源の漆器

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」(~5/21迄)の6日目。

木そのものが感じられる拭き漆の盆や茶托。焼き物作家が原土にこだわるのと同じように、木から手掛ける太田さんならではのお仕事です。木が先か、漆が先か。どちらも一体化した器づくりではあろうけれども、太田さんのお話をお聞きすると、木への強い敬愛を感じます。木そのものが好き。その思いから生れる器なのです。昔の民衆の木の器は、きっと簡易で粗野な姿をしていたのでしょう。その飾らぬ佇まいに心打たれるのです。木の力強さを宿した初源の漆器なのです。

d0087761_143585.jpg
 黒摺輪花盆(売約済)

d0087761_144582.jpg
 拭漆はつり盆

d0087761_1441319.jpg
 拭漆内はつり盆

d0087761_1442053.jpg
 拭漆内はつり尺盆

d0087761_1442664.jpg
 八方刀痕皿

d0087761_1443383.jpg
 黒摺八方刀痕茶托(4.5寸)

d0087761_1443986.jpg
 八方刀痕茶托(2.8寸)

d0087761_1444693.jpg
 角丸小盆


太田修嗣 展 ~黒澤映画のような~
2017年5月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0315743.jpgd0087761_0321047.jpg
 画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2017年 現在 同地にて制作


# by sora_hikari | 2017-05-18 18:06 | 太田修嗣2017

「太田修嗣展 黒澤映画のような」手ぐり

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」(~5/21迄)の5日目。

一木より刳り出した皿鉢(さはち)と平鉢。釿(ちょうな)ではつった痕が、力強い印象を与えます。いずれも一体の足がついており食卓から一段高く鎮座します。皿鉢とは文字通り皿と鉢がひとつになった器を指しますが、もともとは江戸期に作られた一尺を超える深さのある共同器が発祥です。太田さんは、高知県の郷土料理である皿鉢(さわち)料理を盛り付けることをイメージして作っています。堂々とした大きさに、手ぐりの朱色が一層料理を豪勢に見せることでしょう。

d0087761_218549.jpg
 手ぐり根来皿鉢

d0087761_219376.jpg
 手ぐり根来皿鉢

d0087761_2191081.jpg
 手ぐり根来平鉢

d0087761_2191749.jpg
 手ぐり根来小鉢


太田修嗣 展 ~黒澤映画のような~
2017年5月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0315743.jpgd0087761_0321047.jpg
 画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2017年 現在 同地にて制作


# by sora_hikari | 2017-05-17 21:21 | 太田修嗣2017

「太田修嗣展 黒澤映画のような」洗朱

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」(~5/21迄)の4日目。

写真は洗朱(あらいしゅ)と呼ばれる朱色の皿や高盤。ややオレンジ味を帯びています。

漆の朱色は、本朱、洗朱、古代朱など色合いによって呼び分けられます。漆の朱色の歴史は古く、実に縄文時代の装身具や壺に呪術的な意味を持って使われています。縄文時代の思考の特色は復活再生の色である赤色漆を幾重にも塗り込めることに価値を見出していたそうです。

朱色は京都の伏見稲荷の鳥居が代表するように、古代の宮殿や神社仏閣に多く用いられた神聖な色。朱色の持つおごそかなイメージは、歴史的に見ても日本人の遺伝子に組み込まれているのかもしれません。

d0087761_21581886.jpg
 洗朱根来角切八寸

d0087761_21582477.jpg
 洗朱根来角切小皿

d0087761_21583054.jpg
 洗朱根来菓子盆

d0087761_215836100.jpg
 洗朱根来高盤菓子盆


太田修嗣 展 ~黒澤映画のような~
2017年5月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0315743.jpgd0087761_0321047.jpg
 画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2017年 現在 同地にて制作


# by sora_hikari | 2017-05-16 22:43 | 太田修嗣2017

「太田修嗣展 黒澤映画のような」老成の椀

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」(~5/21迄)の3日目。

室町時代中期に定まった式正の膳組みは、四椀(飯、汁、平、壺)と一杯(高杯または腰高の皿)からなる。始めは全て漆器であった。斯様に塗り物が公式の食器として使われる歴史は古く、その種類も豊富であるが、基本は椀と膳に代表される。陶磁器の碗に高台がつくのは現代では当たり前だが、その祖形は塗り物の椀にあると言う。木工ろくろを固定する上での製作上の理由、そして手に持ち易い機能性、さらに一段高く持ち上げる象徴性に意味があるだろう。

太田さんの定番の椀2種。高台の高低に違いがある。古格ある形ながら、木の乾燥時の変形を敢えて取り入れた口縁の揺らぎは、太田さんの木に対する自然の受容であり、見る側としても心地良い。根来塗りによる濃淡もまた古色を感じ、艶やか過ぎず抑えめの老成した落とし所である。

d0087761_17373232.jpg
 根来掻合せ椀、銀泥黒椀

d0087761_17374137.jpg
 朱塗根来椀、濃朱根来椀

d0087761_17375388.jpg
 濃朱根来椀


太田修嗣 展 ~黒澤映画のような~
2017年5月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0315743.jpgd0087761_0321047.jpg
 画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2017年 現在 同地にて制作


# by sora_hikari | 2017-05-15 18:09 | 太田修嗣2017

「太田修嗣展 黒澤映画のような」象徴性

d0087761_15391833.jpg

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」(~5/21迄)の2日目。

写真は洗朱根来高盤。食の膳、飾り台として。日常の中の道具である一方で、象徴性に繋がる在り方があります。それは神仏の近くにある漆器の姿。漆の有する神々しさが、その媒体たらしめるのではないでしょうか。


太田修嗣 展 ~黒澤映画のような~
2017年5月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 5月13日(土)、14日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0315743.jpgd0087761_0321047.jpg
 画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2017年 現在 同地にて制作


# by sora_hikari | 2017-05-14 18:16 | 太田修嗣2017