「 森岡成好 茶碗展 」 出品物3

9月23日(土)から始まる「 森岡成好 茶碗展 」。茶碗以外の出品物の一部です。

d0087761_147540.jpg


d0087761_1471324.jpg


d0087761_1472080.jpg


d0087761_1472726.jpg



森岡成好 茶碗展
2017年9月23日(土)~10月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 9月23日(土)・24日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※初日・二日目は森岡成好さんがご自身でお茶を点てて下さいます。

d0087761_1853411.jpgd0087761_186095.jpg
 画像クリックで拡大

森岡成好 略歴
1948年 奈良県生まれ
1970年 米国で映画製作技術を学ぶ
1973年 和歌山県天野に築窯
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
2017年 現在、和歌山県かつらぎ町にて制作


# by sora_hikari | 2017-09-21 14:07 | 森岡成好2017

「 森岡成好 茶碗展 」 出品物2

9月23日(土)から始まる「 森岡成好 茶碗展 」。昨日に引き続きDMに掲載した茶碗をご紹介します。

d0087761_17553919.jpg
 刷毛目茶碗 口径145mm 高さ 87mm

d0087761_17574156.jpg
 灰釉茶碗 口径 132mm 高さ 60mm

d0087761_17575177.jpg
 鉄砂茶碗 口径140mm 高さ 95mm 

d0087761_17580100.jpg
 灰釉茶碗 口径 145mm 高さ 81mm

d0087761_17581048.jpg
 灰釉筒茶碗 口径 110mm 高さ 106mm

d0087761_17582130.jpg
 粉引茶碗 口径 146mm 高さ 95mm

d0087761_17583035.jpg
 灰釉茶碗 口径 143mm 高さ 76mm

d0087761_1758364.jpg
 南蛮焼〆茶碗 口径138mm 高さ70mm

d0087761_17584620.jpg
 灰釉茶碗 口径 140mm 高さ 82mm


森岡成好 茶碗展
2017年9月23日(土)~10月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 9月23日(土)・24日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※初日・二日目は森岡成好さんがご自身でお茶を点てて下さいます。

d0087761_1853411.jpgd0087761_186095.jpg
 画像クリックで拡大

森岡成好 略歴
1948年 奈良県生まれ
1970年 米国で映画製作技術を学ぶ
1973年 和歌山県天野に築窯
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
2017年 現在、和歌山県かつらぎ町にて制作


# by sora_hikari | 2017-09-20 17:59 | 森岡成好2017

「 森岡成好 茶碗展 」 出品物1

9月23日(土)から始まる「 森岡成好 茶碗展 」。初日・二日目は森岡成好さんが在廊し、ご自身のお茶碗でお茶を点てて下さいます。ご希望の方はお申し出下さい。

写真の出品物の一部です。

d0087761_0221195.jpg
 南蛮焼〆茶碗 口径145mm 高さ 82mm

d0087761_0221968.jpg
 灰釉茶碗 口径135mm 高さ 65mm

d0087761_0222681.jpg
 粉引茶碗 口径132mm 高さ 92mm

d0087761_0223230.jpg
 引出し黒茶碗 口径125mm 高さ 87mm

d0087761_022417.jpg
 八重山土焼〆茶碗 口径 117mm 高さ 83mm

d0087761_0224743.jpg
 鉄釉茶碗 口径 146mm 高さ 63mm

d0087761_0225228.jpg
 灰釉茶碗 口径 140mm 高さ 72mm

d0087761_023077.jpg
 焼〆丸茶碗 口径 122mm 高さ 85mm


森岡成好 茶碗展
2017年9月23日(土)~10月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 9月23日(土)・24日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1853411.jpgd0087761_186095.jpg
 画像クリックで拡大

森岡成好 略歴
1948年 奈良県生まれ
1970年 米国で映画製作技術を学ぶ
1973年 和歌山県天野に築窯
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
2017年 現在、和歌山県かつらぎ町にて制作


# by sora_hikari | 2017-09-19 18:00 | 森岡成好2017

「 森岡成好 茶碗展 」 開催のお知らせ

d0087761_1853411.jpg
 画像クリックで拡大

9月23日(土)から10月1日(日)に開催する「 森岡成好 茶碗展 」のお知らせです。

「うつわ」の美しさを語るうえで、かつて茶人が創造した美意識は偉大であり、陶芸家にとって今も「茶碗」が特別な存在であることは間違いないのですが、それを正統に受け継ぎ茶の湯の世界と繋がることを願う作り手もいれば、そこに取り巻く権威を忌避し、敢えて距離を保つ作り手も存在します。

和歌山県の高野山の麓で暮らす森岡成好さん。1948年生れの69歳。大御所といっても過言ではないご年齢ですが、尊大な態度は一切なく、日々実直に器づくりに向き合い、多くの人に慕われる大人物です。

森岡さんが焼き物を始めた1970年代頃の陶芸家が目指すべきは、崇高な茶碗が主題でした。当時、食器は「雑器」と呼ばれ、陶芸家にとって「その他」扱いだった時代です。そのような時から一般庶民が使う暮らしの器を作ってきました。代表する器は南蛮焼〆ですが、それは元々南方の名もなき工人が暮らしの器として作り続けてきたもの。これを選ぶことは即ち、陶芸界のヒエラルキーに属さず、人々の暮らしに通じる器を貫ぬく姿勢の表れなのです。

しかし茶の世界と距離を取りながらも、茶碗を作って来なかった訳ではありません。森岡さん自身、昔の茶人が見出した茶碗には大いに感化され、その美しさに近づくために長年取り組んでいます。ただ自作の発表時には敢えて茶碗とは名乗らず、単に「碗」または「わん」と称し、茶碗にも使える暮らしの器であるとしてきました。日常の中にある謙虚な美しさ。それは権威ある茶碗として取り上げられる以前の本来の姿に近いもの。特殊な流通におもねない健やかな「わん」。それが森岡さんの茶碗なのです。

斯様に森岡さんは、特段区別することなく作っている訳ですが、今回敢えて「茶碗」というタイトルで森岡さんの仕事を括る展示会を企画したく思いました。それは歴代に残る「茶碗」に通じる美的価値を有しており、また実用としても申し分のないもの。それを定型化した言葉のもとで、その意味を明らかにしてみたいと思うのです。

焼〆はもちろんのこと、灰釉、粉引、刷毛目、鉄砂の碗が、150点ほど並びます。お値段は一万円から一万八千円の範囲。森岡さんのご実績からすれば、健やかな価格帯であり、大らかな造形の魅力と共に人物そのものを表していると思います。茶碗の他には、厳選した壺、花入、皿、鉢などの器が並びます。

従来より森岡さんの器を支持されている方はもちろんですが、今回は茶の世界に通じた方、茶道具に関心のある方にも触れて頂きたく思っております。どうぞこの貴重な機会にご来店頂ければ幸いです。店主

森岡成好 略歴
1948年 奈良県生まれ
1970年 米国で映画製作技術を学ぶ
1973年 和歌山県天野に築窯
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
2017年 現在、和歌山県かつらぎ町にて制作


森岡成好 茶碗展
2017年9月23日(土)~10月1日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 9月23日(土)・24日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_186095.jpg
 画像クリックで拡大


# by sora_hikari | 2017-09-18 18:09 | 森岡成好2017

「横内みえ 漆展 飾り」 ありがとうございました

d0087761_114235.jpg

横内みえ 漆展 飾り 」は本日終了しました。最終日の雨の中、たくさんの方にご来店頂き厚く御礼申し上げます。

今回は「飾り」をテーマに横内さんに取り組んで頂きました。従来の作品の方向性から考えれば、装飾を排し、自然に倣って漆の在り方を求める作り手であろうと思う訳ですが、敢えて横内さんを通して「飾ること」の意味を掘り下げてみたいと考えました。

縄文期の装身具や土器まで辿れば、飾ることは表層を装うことだけではなく、もっと人間の意識下に潜む根源的な希求であると思っています。工芸の歴史も先に加飾の意図があり、やがて合理化されてシンプルになっていきます。そこで失われた物の神性をあらためて捉えてみたい。横内さんは、その意図を汲んで今展で形にしてくれました。それは多くのお客様の心にも届いたようです。

お持ち帰り頂きました作品が皆様の心の御守りになりますことを心より願っております。どうぞこれからも横内さんの活動にもご注目下さい。


これからの営業案内
9/18(月)~22(金) 搬出・設営休み
9/23(土)~10/1(日) 森岡成好展 会期中無休
10/2(月)~6(金) 搬出・設営休み
10/7(土)~15(日) 梶原靖元・豊増一雄二人展 会期中無休

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


# by sora_hikari | 2017-09-17 19:16 | 横内みえ展