「教草 古布展」 5/27(土)スタート

d0087761_18111792.jpg

明日5/27(土)から始まる「教草 古布展」の準備が整いました。古布・古裂など378点、骨董53点の見応えのある内容です。初日は印幡さん、馬越さんが在廊致します。どうぞこの機会にお越し下さい。


教草 古布展
2017年5月27日(土)~6月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
在廊日 5月27日(土)・28日(日)
展示協力 骨董うまこし
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市)地図

d0087761_18402064.jpgd0087761_18403416.jpg
 画像クリックで拡大

教草 印幡真由美プロフィール
1982年 東京生まれ
2005年 武蔵野美術大学造形学部(芸術文化学科)修了
所属した研究室に勤務
2007年 販売職や博物館勤務の傍ら、染織に関して情報収集する
2014年 骨董市に初出店
2017年 現在、骨董市や古道具企画展にて活動中


# by sora_hikari | 2017-05-26 17:54 | 教草

「教草 古布展」 開催のお知らせ

d0087761_18402064.jpg
 画像クリックで拡大

5/27(土)から6/4(日)に開催する「教草 古布展」 のお知らせです。

「教草(おしえぐさ)」を屋号に古布(こふ)を専門に扱う古物商・印幡真由美さんによる展示会です。骨董の世界で古裂(こぎれ)というと茶道具の仕覆に仕立てたり、屛風や手鑑に貼ったりして珍重される江戸時代以前の高価な布地ですが、印幡さんの場合、古さや希少性ばかりに囚われず、現代の生活に工夫して使え、裂や布としての魅力が備わっているかを基準に、日々美しい古布を集めています。

美大時代に博物館学を専攻し、布の素材や染織史を調べるうちに、多種多様な江戸の裂を直接手に取る機会に恵まれたことが今の職に繋がりました。現在は、骨董市や古物店等での企画販売会などを中心に忙しく活動されています。

ご本人に古布の魅力を尋ねたところ、「現代では再現できない技術を見られること、無作為の美しさがあること、史実や技法が複雑で終わりがないこと」などを挙げてくれました。「古い裂や布は、陶磁器に比べて朽ちやすい古物です。その為、数が減り、手に入りにくくなっています。その希少な布を今という時代に大切に繋いでいきたい。」古布に対する溢れる愛情をお聞きすることが出来ました。

今回は、江戸から昭和まで幅のある古布を集めてくれます。麻布、木綿布、絹裂、自然布、和更紗、大判布など落ち着いた色合いから、彩り美しいものまで、たくさんの布をご覧頂くことができます。

さらに古布に合わせて愉しめる気品ある骨董品を、「骨董うまこし」の馬越美枝子さんに選んで頂き、同時販売を致します。どうぞこの機会に「教草」の魅力ある古布の世界をご覧になってください。店主

教草 印幡真由美プロフィール
1982年 東京生まれ
2005年 武蔵野美術大学造形学部(芸術文化学科)修了
所属した研究室に勤務
2007年 販売職や博物館勤務の傍ら、染織に関して情報収集する
2014年 骨董市に初出店
2017年 現在、骨董市や古道具企画展にて活動中


教草 古布展
2017年5月27日(土)~6月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
在廊日 5月27日(土)・28日(日)
展示協力 骨董うまこし
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市)地図
d0087761_18403416.jpg
 画像クリックで拡大


# by sora_hikari | 2017-05-22 18:42 | 教草

「太田修嗣展 黒澤映画のような」ありがとうございました

d0087761_18113675.jpg

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」は本日終了しました。会期中はたくさんの方々にお越し頂き厚く御礼申し上げます。お持ち帰り頂きました太田さんの漆器が皆様のお暮らしの中で末長くお使い頂けますことを心より願っております。


これからの営業案内
5/22(月)~26(金) 搬出・設営休み
5/27(土)~6/4(日) 教草 古布展 会期中無休
6/5(月)~9(金) 搬出・設営休み
6/10(土)~18(日) 五十嵐裕貴展 会期中無休
6/19(月)~23(金)  搬出・設営休み

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


# by sora_hikari | 2017-05-21 20:12 | 太田修嗣2017

「太田修嗣展 黒澤映画のような」老成モダン

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」の8日目。会期は明日5/21(日)に終了致します。

へぎの弁当箱、縁高重、そして茶入。

「へぎ」とは、木の繊維を残したまま薄く剥いだものを言いますが、太田さんの「へぎ」は厚い木を割った時に出来る自然な表情をそのまま活かして弁当箱や重箱の蓋に用いています。

こういう仕事は、ややもすると仰々しくなり過ぎることもありますが、太田さんの場合、全体的な形のバランスとディテールの処理がすっきりとまとめられており、控えめな印象を保っています。

このような仕事に限らず、太田さんはご年齢の割に、時代がかった重苦しさから解放され、しかしながら年齢を重ねた熟達の技の均衡が程良くとれているのです。「作品」としての漆器が珍重された時代を経験していながら、節度をわきまえた「道具」としての静謐な構えがこれを成すのでしょう。

表現的な江戸の漆器よりも、朴訥とした室町以前の寺院の漆器の方が好みだと言います。漆器の修行をしていた若かりし頃に住んだ北鎌倉の周辺には、円覚寺、建長寺、長谷寺、東慶寺など落ち着いたお寺に良く通ったそうです。古格ある漆器には仏の謙虚な美しさが備わっているものです。きっとその頃の原体験が、太田さんの謙譲の心を支えているのだと思います。

d0087761_1730355.jpg
 乾漆へぎ蓋弁当箱

d0087761_17301116.jpg
 へぎ縁高重箱

d0087761_17301892.jpg
 洗朱根来茶器

d0087761_17302499.jpg
 根来茶器


太田修嗣 展 ~黒澤映画のような~
2017年5月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0315743.jpgd0087761_0321047.jpg
 画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2017年 現在 同地にて制作


# by sora_hikari | 2017-05-20 18:10 | 太田修嗣2017

「太田修嗣展 黒澤映画のような」盥・高盤

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」(~5/21迄)の7日目。会期は残り2日となりました。

足付の盆や盥(たらい)、そして大きな高盤三件。盤面を支える足の細工が雅な印象を与えます。

平安末期の「餓鬼草紙」に漆塗りの高杯を使う酒宴の様子が描かれています。当時は、現代のようにテーブルを囲んだ食事ではなく、床に座ったまま個々に配膳する食のスタイルが長く続きましたから、食器を床から高く持ち上げる道具として高坏や膳が必要とされました。

また仏事の器として使われたことが漆器の普及を広め、鎌倉時代に禅宗による精進料理が生まれることで、漆器の膳組みが定型化しました。

このような長い歴史背景の中にある漆器は、日々の糧に感謝し、食を崇める意味も伴ったことでしょう。太田さんの足付の盥や高盤の風雅な姿を見ると、緩慢な日常に句読点を打つようにハレの漆器の姿を思い浮かべるのです。

d0087761_16365383.jpg
 根来足付菓子盆

d0087761_1637276.jpg
 木地溜足付盥

d0087761_16371193.jpg
 洗朱足付盥

d0087761_1637201.jpg
 根来高盤

d0087761_16372633.jpg
 洗朱高盤

d0087761_16373350.jpg
 片身替高盤


太田修嗣 展 ~黒澤映画のような~
2017年5月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0315743.jpgd0087761_0321047.jpg
 画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2017年 現在 同地にて制作


# by sora_hikari | 2017-05-19 21:39 | 太田修嗣2017