アンティークの小壜と小皿

d0087761_1595950.jpg
d0087761_202090.jpg
d0087761_20338.jpg
東京西荻窪 無相創さんにて 2006年10月

西荻窪にあるアンティークショップ、無相創さんにあったものです。小さな壜(高さ5cmぐらい)と金属製の小皿です。どちらもチープな感じの素材なのですが、年月を経て味のある風合いを出しています。アンティークも好きなのでいずれは家具なども揃えてみたいものです。

無相創さん

# by sora_hikari | 2006-11-17 02:07 | 古いもの

長井均さんの個展へ

d0087761_21591018.jpgd0087761_21593787.jpg
d0087761_21594624.jpgd0087761_220874.jpg
d0087761_2204439.jpgd0087761_221052.jpg
d0087761_2222658.jpgd0087761_221966.jpg


輪島で漆器を作ってらっしゃる長井均さんの個展を見にうつわ楓さんへ。長井さんは元々、漆の下地塗り職人だったそうです。漆器は、木地づくり、下塗り、上塗り、加飾(蒔絵など)などに分業がされいる世界ですが、長井さんの器は、従来のピカピカで美術工芸品のような漆器みたいに全工程が施されたものとは違い、下地を活かした味わいのあるものを作られています。漆の下から見えるへら目や擦れなどがかえって素朴な味わいを感じさせ、温かみが伝わってきます。16歳からこの世界に入られたそうですが、見た目も職人さんらしい風体の方でした。展示品の中には、石ころに漆を施したものもあり、興味深く拝見しました。

長井均 漆展
うつわ楓
11/13~20まで

# by sora_hikari | 2006-11-15 22:21 | 長井均さん

船越保さんの片口

d0087761_20305060.jpg
d0087761_2031352.jpg
d0087761_2031181.jpg
東京西麻布 桃居さんにて 2006年10月

10月に桃居さんで行われた個展の際の船越保さんの片口です。薪窯による焼き締めで、はぜ石や自然灰、窯変が出た信楽焼きのような器です。日本酒や焼酎などの注器として似合いそうです。このような器以外に、岩から切り出してきたような形状をしたオブジェのような花器も作られており、きっと土が生み出す原始的な造形がお好きなんだろうなと思いました。船越さんは40歳から陶芸を始められた遅咲きの作家さんです。八王子で作陶されており薪窯教室も開かれているようです。

船越さんのHP

# by sora_hikari | 2006-11-14 20:46 | 船越保さん

横山拓也さんの個展へ

d0087761_2242348.jpgd0087761_22421844.jpg
d0087761_22423145.jpgd0087761_22424252.jpg
d0087761_22425226.jpgd0087761_224332.jpg

多治見のMAVOで作陶されている横山拓也さんの個展を見に桃居さんへ。定番の化粧土を練りつけて、土がヒビ状に見える手びねりで作られた白い器。抑え目のしっとりとした釉薬の光沢が綺麗です。また昨年末から手がけられ始めた磁器化粧土を用いたオブジェ風の花器も。さらに今回初登場の黒い器。白い器と同じ土を使いながら、上から黒い化粧土を使われているそうです。また新たな世界観を生み出されるのでしょうか。毎回見るたびに少しづつ新しい試みが感じられ興味深いです。

横山拓也 作陶展
11月13日~18日迄
桃居

横山さんの作品

# by sora_hikari | 2006-11-13 23:02 | 横山拓也さん

正島克哉さんの粉引きカップ

d0087761_2354883.jpg
d0087761_236241.jpg
d0087761_2361310.jpg
東京千駄ヶ谷 SHIZENさんにて 2006年10月

先月SHIZENさんで行われた正島克哉さんの粉引きカップです。しのぎと、面取りされたものです。正島さんの器は、比較的きちんとした形のもが多いのですが、このカップはどちらかというと手の味が残った感じのものです。これからの季節に暖かい飲み物が良く似合いそうです。正島さんは、今年からご実家に近い福岡県久留米に引っ越されたそうです。とても環境の良いお住いらしいです。

正島さんのHP

# by sora_hikari | 2006-11-12 23:13 | 正島克哉さん