「手しごとを結ぶ庭」と「美しいもの」

クラフトに関連する本を読みました。

手しごとを結ぶ庭
稲垣 早苗 (著)  アノニマスタジオ (2006/10)


こちらは先日、千葉県市川市で行われた「工房からの風」というクラフトマーケットを企画・運営された稲垣早苗さんの著書です。「工房からの風」の実現に至る経緯が書かれています。クラフトマーケットは楽しいお祭りという見学者としての視点しか持っていなかったのですが、これを読むとどれだけ深い思いで工芸に接して来られ、作家さんのことやモノへの慈しみを持ちながらイベントが実現に至ったのかが伝わってきて、味わいながら読みました。三谷龍二さんの寄せられたエッセイも良かったです。


美しいもの
赤木 明登 (著)  新潮社 (2006/10/19)


こちらは輪島で漆器の塗師をされている赤木明登さんのエッセイ集です。赤木さんと親交のある14人の作り手、音楽家、経済学者などの感じる美しい暮らしや考えを読み易い文章と綺麗な写真で綴っています。元々編集者であった赤木さんですが、魅力のある方々を優しい視点で見つめながら、それぞれの方の生活にある美しいものを描き出そうとされているようです。

# by sora_hikari | 2006-11-21 22:58 |

粉引き中鉢と飯碗(自作)

粉引き中鉢
d0087761_23485223.jpg
d0087761_2349512.jpg
d0087761_23491461.jpg
d0087761_23492772.jpg
粗赤土(T25)  白化粧(N123)  透明釉(長石/土灰) 還元焼成 2006年10月

粉引き飯椀
d0087761_23563591.jpg
d0087761_23564852.jpg
d0087761_2357088.jpg
粗赤土(T25) 白化粧(N123) 蛙目マット(長石/土灰/蛙目/骨灰) 還元焼成 2006年10月

久しぶりに陶芸教室で焼き上がってきた器です。毎回同じような感じの粉引きを作っていますが、なかなか思い通りには行きません。味わいのある器を作るというのは、難しいものです。

# by sora_hikari | 2006-11-20 00:04 | 自作のもの

小野寺あきさんのオブジェ

d0087761_1383435.jpg
d0087761_139428.jpg
東京恵比寿 知器さんにて 2006年10月

10月に恵比寿の知器さんで行われた小野寺あきさんの個展で手にしたオブジェです。小野寺さんの作品は、素焼きの段階でペーパーをかけて磨き、艶だしをした大理石のような表面をしたオブジェが中心です。植物のようだったり、魂のかけらのようだったり、有機的で幻想的な形状をしたオブジェが素敵です。また薄ピンク色や人肌色をした色合いもとても暖かく感じます。ここに掲載した写真はその代表例ではありませんが、この形も海から流れ着いた流木のようでもあり、珊瑚のようでもあり、モニュメントでもあるような、小さいながらも存在感のある作品です。

小野寺さんの作品

# by sora_hikari | 2006-11-19 01:53 | 小野寺あきさん

新村竜也さんのレースガラスコップ

d0087761_1215532.jpg
d0087761_1232797.jpg
d0087761_1223254.jpg
東京恵比寿 ギャラリー介さんにて 2006年10月

ギャラリー介さんで行われた新村竜也さんの個展の際のものです。新村さんは、ガラス棒の中に細い色の違うガラスの線の入ったものを伸ばして使うフィリグラーナという古くからイタリアにある技法で作られています。ガラスの線のピッチを広くせず、細かく密に仕上げるにはかなりの技法がいるそうです。レースガラスといって刺繍のレースを思わせるような細かい線の折り重なった仕上がりが、とても繊細な表面を彩って綺麗です。個展会場では、もっとカラフルなガラスの器がたくさんあったのですが、私は単色の落ち着いた色のものを手にしました。

ギャラリー介さんのHP

# by sora_hikari | 2006-11-18 01:31 | 新村竜也さん

アンティークの小壜と小皿

d0087761_1595950.jpg
d0087761_202090.jpg
d0087761_20338.jpg
東京西荻窪 無相創さんにて 2006年10月

西荻窪にあるアンティークショップ、無相創さんにあったものです。小さな壜(高さ5cmぐらい)と金属製の小皿です。どちらもチープな感じの素材なのですが、年月を経て味のある風合いを出しています。アンティークも好きなのでいずれは家具なども揃えてみたいものです。

無相創さん

# by sora_hikari | 2006-11-17 02:07 | 古いもの