「服部竜也展 神は細部に宿る」 4/1(土)より

4/1(土)から始まる「 服部竜也展 神は細部に宿る 」。

銀彩のお仕事もまた美しく。

d0087761_222494.jpg


d0087761_2225718.jpg


d0087761_223474.jpg




Hattori Tatsuya God is in the Details
服部竜也展 神は細部に宿る

2017年4月1日(土)~9日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 4月1日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

注意
転売目的の購入は出来ません。
大量な購入はお断りします。

Attention please.
Purchase for resale is not allowed.
A large number of purchases is prohibited.

友情提示
本店谢绝批量采购以及以转卖为目的的采购、谢谢合作。


d0087761_23372749.jpgd0087761_23373990.gif
 画像クリックで拡大

服部竜也 プロフィール
1978年 岐阜県多治見市生まれ
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2017年 現在、岐阜県土岐市にて製作


# by sora_hikari | 2017-03-29 22:04 | 服部竜也2017

「服部竜也展 神は細部に宿る」 開催のお知らせ

d0087761_23372749.jpg
 画像クリックで拡大

4/1(土)から4/9(日)に開催する「 服部竜也展 神は細部に宿る 」のご案内です。

岐阜県土岐市で制作する服部竜也さん。地元の多治見意匠研でこの職に出会いました。それまで陶芸は未経験。入所後、渇いたスポンジが水を吸うように技術が身についていったそうです。天性の才があったのでしょう。手先の器用さを活かした細やかな仕事を得意とし、作る器の隅々まで神経が行き届いています。

「God is in the Details(神は細部に宿る)」。建築家ミース・ファン・デル・ローエが好んで使ったと言われています。全体を整えてもディテールが疎かになっては美しさを失います。細部にこだわってこそ全体が作られる。服部さんのお仕事を見ていると頭に浮かんでくる言葉なのです。

服部さんの器の特徴は、金属質の釉薬をまとったシャープな形。皿・鉢・碗・カップなど食器全般を手掛けますが、最近は台湾や中国の需要に伴い、中国茶用の茶壺、茶杯などに取り組む機会が増えてきました。日本の茶器をさらに小さくしたそれらは、従来の手作業をさらに凝縮し、細部の切れに益々磨きがかかっています。今回はさらに、茶席を美しく設える鶴首の花入をはじめ小花器をいくつも作って頂きました。

モダンな器を作る服部さんが、お茶やお花を通してクラシックな道具と融合していく。それは外形面だけでなく、古典と通じることで精神面からも器に神が宿りはじめているように思えるのです。店主

服部竜也 プロフィール
1978年 岐阜県多治見市生まれ
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2017年 現在、岐阜県土岐市にて製作


Hattori Tatsuya God is in the Details
服部竜也展 神は細部に宿る

2017年4月1日(土)~9日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 4月1日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

注意
転売目的の購入は出来ません。
大量な購入はお断りします。

Attention please.
Purchase for resale is not allowed.
A large number of purchases is prohibited.

友情提示
本店谢绝批量采购以及以转卖为目的的采购、谢谢合作。


d0087761_23373990.gif
 画像クリックで拡大


# by sora_hikari | 2017-03-28 10:00 | 服部竜也2017

「山田隆太郎展 土から生れし」 ありがとうございました

d0087761_22213138.jpg

山田隆太郎 展 土から生れし 」は本日終了しました。会期中はたくさんの方にご来店頂き厚く御礼申し上げます。

山田さんの今回の仕事は従来に比べ、薪窯による一歩踏み込んだ内容でした。歩留まりを犠牲にしながらも、心を打つ一品が得られた展示会だったと思います。しかしその評価は作家だけの一方向では成り立ちません。実際に足を運んで、手に取り選んで下さる方がいるからこそ、次の仕事に繋がるのです。今回、大変多くの自信を頂けたと感謝しております。

どうぞ今後も山田さんの次のステップにもご注目頂ければ幸いです。ありがとうございました。


これからの営業案内
3/27(月)~31(金) 搬出・設営休み
4/1(土)~9(日) 服部竜也展 会期中無休
4/10(月)~21(金) 搬出・設営休み
4/22(土)~30(日) 小野哲平展 会期中無休
5/1(月)~12(金) 搬出・設営休み

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


# by sora_hikari | 2017-03-26 18:28 | 山田隆太郎

「山田隆太郎展 土から生れし」 8日目

d0087761_21254370.jpg

山田隆太郎 展 土から生れし 」(3/26迄)の8日目。

会期は明日3/26(日)まで。時間を繰り上げて17時で終了させて頂きます。明日は終日、山田さんが在廊致します。どうぞこの機会にご来店下さい。

写真は鉄釉小服茶碗。


山田隆太郎展 土から生れし
2017年3月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 ※26日最終日は17時で終了します。
※3/26の最終日に山田さんが在廊します
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_15151353.jpgd0087761_15154124.jpg
 画像クリックで拡大

山田隆太郎プロフィール
1984年 埼玉県生まれ
2007年 多摩美術大学環境デザイン学科修了
  造形家 樋口健彦氏に師事
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
   多治見市にて独立
2014年 神奈川県相模原市(旧・藤野町)に移転
2017年 現在 同地にて作陶


# by sora_hikari | 2017-03-25 21:25 | 山田隆太郎

「山田隆太郎展 土から生れし」 7日目

d0087761_21142652.jpg

山田隆太郎 展 土から生れし 」(3/26迄)の7日目。会期は残すところ2日となりました。

山田さんが作る器は、決して特別なことをしている訳ではありません。赤土に白化粧を施して焼く。粉引の器のごく一般的なプロセスを踏んでいます。

例えれば肉じゃが料理。細かな違いはあっても、大きく使う素材が変わる訳ではありません。しかし家庭ごと、お料理屋さんごとに千差万別の味があることも事実。素材の組み合わせ、調味料の比率、火加減などなど。要素はシンプルでも、その掛け合わせによって、実に多くの個性が生れます。

日常使いを基本とする山田さんの器も似たようなもの。その定番料理にどれだけ自分なりの深みを求められるか。そこがこだわりなんです。

技を究めるフレンチや懐石もいいけれど、あまりに奇をてらい過ぎた創作料理は、素材自体が破たんしていることもありますね。

毎日でも食べたくなる味。これは意外と難しいことです。肝心なのは、素材の味を失わないこと。そして最後に入れる愛情ひと匙でしょうか。

土から生れし器。それは素材のこだわりと愛で出来ている。


山田隆太郎展 土から生れし
2017年3月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 ※26日最終日は17時で終了します。
※3/26の最終日に山田さんが在廊します
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_15151353.jpgd0087761_15154124.jpg
 画像クリックで拡大

山田隆太郎プロフィール
1984年 埼玉県生まれ
2007年 多摩美術大学環境デザイン学科修了
  造形家 樋口健彦氏に師事
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
   多治見市にて独立
2014年 神奈川県相模原市(旧・藤野町)に移転
2017年 現在 同地にて作陶


# by sora_hikari | 2017-03-24 21:56 | 山田隆太郎