「小嶋亜創展 印判輪舞」 5日目

d0087761_1642988.jpg

小嶋亜創展 印判輪舞」(~12/10迄)の5日目。

4寸程の小鉢。中心に押された犬もしくは鹿、あるいは幻獣の印判。漫画のような絵柄は昭和のキッチュな雰囲気も漂います。

今展の出品物を送ってきた箱に添えられていた小嶋さんの手紙に「今回の企画は印判ということですが、内容的には文脈なしというものです」という件(くだり)がありました。

「文脈なし」。これは何を意味するのか?類推するに、従来の手描きや骨董的模写の器に対して、その意味性を捨てること、つまりは文様を戯画し、手による作業を無機質化することで、作家という自己を抑え込む。これが今回の「印判」の本題であると考えられるでしょうか。それが新たな「表現」であるというパラドックスは存在する訳ですが。

いやいや、そう言いながらも、このSNS時代にインスタ映えを狙った小嶋さんのしたたかな戦略、、というのは邪推が過ぎるかもしれません。

※写真は売約済みです。


小嶋亜創展 ~印判輪舞(いんばんろんど)~
12月2日(土)~ 10日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_22325011.jpgd0087761_22341835.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2017年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


# by sora_hikari | 2017-12-06 17:21 | 小嶋亜創2017

「小嶋亜創展 印判輪舞」 4日目

d0087761_0563022.jpg

小嶋亜創展 印判輪舞」(~12/10迄)の4日目。

上下左右の印判模様。東南アジアの紋章やペルシャの霊獣のように見えます。しかし時代や地域を特定しない無国籍な世界。鉄絵や線彫りなどの動的な模様の器に対して、印判は敢えて静止した様式的な絵柄を選んだところが小嶋さんの拘りでしょう。

※写真は売約済みです。


小嶋亜創展 ~印判輪舞(いんばんろんど)~
12月2日(土)~ 10日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_22325011.jpgd0087761_22341835.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2017年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


# by sora_hikari | 2017-12-05 18:00 | 小嶋亜創2017

「小嶋亜創展 印判輪舞」 3日目

d0087761_17193250.jpg

小嶋亜創展 印判輪舞」(~12/10迄)の3日目。

今回の印判は、型刷りや転写シートではなく、蒟蒻(こんにゃく)印判と呼ばれるゴム印によるものです。古くは初期伊万里などに見られる素朴な技法です。今回小嶋さんは100種類の型を作り、そのうち60種類を使い分けています。当初は古典柄から作り始めたそうですが、それでは如何にも古典の写しになってしまうので、方向性を変えてややコミカルな柄にしたそうです。古典風の焼き上がりに滑稽柄とでも言いましょうか、小嶋さんならではのアレンジなのです。

※写真は売約済みです。


小嶋亜創展 ~印判輪舞(いんばんろんど)~
12月2日(土)~ 10日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_22325011.jpgd0087761_22341835.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2017年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


# by sora_hikari | 2017-12-04 17:28 | 小嶋亜創2017

「小嶋亜創展 印判輪舞」 2日目

d0087761_17424498.jpg

小嶋亜創展 印判輪舞」(~12/10迄)の2日目。

既にご案内の通り小嶋亜創さんの器は残り少なく、本日時点で7寸の浅鉢が4点のみとなっております。会期を通して十分なご案内が出来ず申し訳ございません。どのような展示内容であったかをご覧頂けるように、売約品ではございますが70点ほど展示しております。その他、当店の常設品を展示販売しております。何卒ご了承ください。

※写真は呉須印判5寸鉢(売約済み)


小嶋亜創展 ~印判輪舞(いんばんろんど)~
12月2日(土)~ 10日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_22325011.jpgd0087761_22341835.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2017年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


# by sora_hikari | 2017-12-03 17:49 | 小嶋亜創2017

「小嶋亜創展 印判輪舞」 オープンしました、、が

d0087761_20445762.jpg

小嶋亜創展 印判輪舞」(~12/10迄)は本日オープンしました。店内が混雑しご来店の皆様にお詫び申し上げます。回を重ねるごとに評価の高まる小嶋さんですが、需要と供給のバランスがとれなくなり心苦しいばかりです。

展示総数420点のうち、現在残っているのは30点程です。追加の予定はございません。明日より残りの品と売約品の一部をご覧頂くと共に、弊店の常設品も並べるように致します。会期が始まったばかりですが、何卒ご了承ください。


小嶋亜創展 ~印判輪舞(いんばんろんど)~
12月2日(土)~ 10日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
作家在廊日 12月2日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_22325011.jpgd0087761_22341835.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2017年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


# by sora_hikari | 2017-12-02 20:50 | 小嶋亜創2017